テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

テレビ局に就職したいという人はテレビ局に入って番組制作の仕事をしたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

テレビ局に入るからには面白い番組づくりをしたいと思っている人は多いでしょう。

 

テレビ局には実際には色々な部署があり、その中の一つが制作局です。

 

テレビ局によって制作局という名前は他の呼ばれ方をしている場合もありますが

その部署以外にも、営業の仕事があったり財務の仕事があったりと、一般的な会社と同じような仕事もあるんですね。

 

そんなことも踏まえつつテレビ局の制作という仕事がどのような仕事を担っていて、どのような働き方をしているのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

局内の自主制作番組の制作

 

テレビ局の政策局が作っているのはテレビ局内の自主制作番組です。

 

実は放送されている番組は、多くが番組制作会社に外注しているもので、

テレビ局が自主制作をしている番組というのはあまり多くないんですね。

 

テレビ局の扱っている番組はすべてテレビ局が作っているのだろうと思っている人が多いと思いますが、

実際のところは番組制作会社の力によるところが大きいのです。

 

数え切れないほどの番組を扱っていますからよくよく考えると納得できることなんですけどね。

 

ただ番組制作会社に外注していると言っても、そこにテレビ局員が携わることもありますし

番組制作を全て一つの番組制作会社に丸投げしているわけではありません。

 

複数の制作会社が関わって一つの番組を作っていることもあります。

 

ただテレビ局の制作局の局員が制作している番組はテレビ局が自主制作しているテレビ番組ということになります。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

制作にはどんな役職がある?

 

テレビ局の制作局では

  • アシスタントディレクター(AD)
  • ディレクター(D)
  • アシスタントプロデューサー(AP)
  • プロデューサー(P)
  • チーフプロデューサー(CP)

というような役職の人が働いています。

 

基本的にはほとんどの人が未経験から仕事を始めますから、最初はアシスタントディレクターとして仕事を始めることになると思います。

 

アシスタントディレクターになるとディレクターのもとについて現場で制作に関する色々な仕事を任されるようになります。

 

番組制作をする上で必要になってくる様々な仕事をこなしながらディレクターの働きを間近で見て、

制作をする上で必要なことを勉強していく期間です。

 

ディレクターになるのに明確な試験があるわけでもないですし資格も必要なわけではありません。

 

ほとんどの場合がディレクターやプロデューサーが「一人で仕事をこなせるようになってきたな」と判断してくれたら、ディレクターの仕事を任される日がやってきます。

 

とはいえ最初から急に一人でディレクターをやるのではなく、大体は先輩のディレクターやプロデューサーが一緒についてくれてディレクターデビューするような形ですね。

 

そこからプロデューサーになっていく人もいます。

関連記事:テレビディレクターには、いつなれるの?

 

作る番組によって変わる仕事内容

 

どういった番組に入ってもアシスタントディレクターやディレクターというような呼称は同じなのですが

作る番組や番組ジャンルによって仕事内容というのは大きく変わるものです。

 

例えば、ディレクターという仕事もドラマのディレクターとなれば演出の仕事をすることになります。

映画で言えば監督のポジションですね。

 

カメラを構えたりするのはあくまでカメラマンの仕事であり、演出指示をするのがディレクターになります。

 

しかしバラエティ番組情報番組などのロケなどでは、ロケの人数が少ないとディレクター自らがカメラを回したりすることもあります。

どのような番組を作るかによって仕事内容は大きく変わるんですね。

関連記事:テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?仕事内容もまるで違う?

 

テレビ局の制作に入るには?

 

テレビ局の制作に入るためには新卒又は第二新卒でテレビ局に入社する必要があります。

 

しかし前述の通りテレビ局には色々な部署があり、必ずしも自分の希望通りのう所に入ることができるわけではありません。

 

特にテレビ局の制作の仕事というのは人気の仕事なので、テレビ局自体が倍率が高いのに加えてさらにその中から制作の仕事に就くというのはとても難しいでしょう。

 

テレビ局では中途採用を行うこともありますが、中途採用で募集されるのはだいたい技術職や美術部の仕事が多いです。

関連記事:テレビ局の中途採用を受ける時に注意したいこと

 

番組制作会社で働く

 

どうしても番組制作の仕事がしたいという方は番組制作会社に入社した方が確実に番組制作に携わる仕事をすることができるでしょう。

 

弊社ライズプランニングテレビ局出向型の番組制作会社ですので、実際にテレビ局の中で番組制作をするお仕事をしていただいています。

 

番組制作の仕事がしたいという方は是非下記フォームよりエントリーしてください。

 

また、学生アルバイトも募集していますので、将来テレビ関係の仕事に就きたいと思っている学生の方は是非エントリーしてください。

関連記事:テレビ番組制作の流れってどんな感じ?

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。