テレビ局の仕事は番組制作だけではない!それ以外の仕事の内容は?

テレビ局の仕事は番組制作の仕事だと思っている人がとても多いです。

  • 「テレビで見ていた憧れの番組を作りたくてテレビ局に就職しようと思っている」
  • 「テレビ局で番組制作などクリエイティブな仕事がしてみたい」

というような形でテレビ局で仕事をすることを夢見ている人が多いのですが、

実際のテレビ局では番組制作以外の仕事もたくさんあります。

 

もちろんテレビ局にも放送部の仕事があって

  • 番組プロデューサー
  • ディレクター
  • カメラや中継の仕事などをする技術部の仕事

というような仕事もあるのですが、実際に番組制作に関わっているのはテレビ局員よりも番組制作会社の社員の方が多いです。

 

今回はテレビ局の番組制作以外の仕事についてみてみましょう。

 

テレビ局も一つの会社である

 

テレビ局といっても一般的な会社と変わらず一つの会社としてたくさんの仕事があります。

  • 営業
  • 経理
  • 人事
  • 事務

と言った仕事があります。

 

特にテレビ局の営業と言うと、「テレビ局に営業があるの?」と思うかもしれませんが

テレビ局の営業の仕事はとても大切な仕事で、スポンサーや広告代理店に対して「うちのテレビ局のこの枠でテレビCMを流しませんか?」というような営業をしています。

 

こういった営業はとても大切なことで、スポンサーがつかないとテレビ番組の制作をして行くことができません。

 

テレビ番組の制作予算というのはスポンサーからの出資によって成り立っているので

スポンサーがつかないとテレビ番組を制作して行くことができないのです。

 

だからこそテレビ局の営業の仕事というのはとても重要な仕事なんですね。

 

とはいえテレビ局に入社する人はほとんどの人が制作の仕事に憧れてテレビ局に入社しているので

営業の仕事よりも制作の仕事をしたいという人が多いです。

関連記事:高校生の進路、テレビの番組制作に就職するなら専門学校か大学か

 

人事が全てを握っている

 

テレビ局の社員と言うのは会社員なので、自分がどこの部署でどのように働くか、ということはすべて会社の人事に決められてしまいます。

 

テレビ局に入って番組制作の仕事をしたいと思っても、営業の仕事をしなさいと言われたら営業の仕事をしなくてはいけなくなります。

 

その仕事が慣れてきた頃に人事によって部署替えが起きるということももちろんあります。

 

地方にも支部がありますから地方支部に配属になって転勤しなくてはいけないということも出てくるでしょう。

 

自分で働く現場を自分で選ぶことができないというのは会社員のデメリットでもあると思います。

 

クリエイティブの仕事がしたくてテレビ局に入ってきた人は、このギャップに打ちのめされてしまう人が多いです。

関連記事:テレビ局と制作会社はどう違うの?

 

番組制作を担うのはほとんど制作会社

 

実はテレビ番組の番組制作を行っているのはほとんど下請けの制作会社などです。

 

番組制作にテレビ局員が関わることはもちろんありますが、人数の比で言ったら番組制作会社の社員の人の方がよっぽど多いんですね。

 

一つの番組を作るのに多くの番組制作会社が携わることも多々あることで、

番組を見ている側からすると一つの番組に見えますが、色々な会社が関わってテレビ番組というのはできているのです。

 

番組制作会社に就職すれば番組制作の現場で働くことはできますから、

もしクリエイティブの現場でかならず働きたいと思っているのであればテレビ局に就職するよりも番組制作会社に就職した方が確実だと思います。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

テレビ局員のメリット

 

しかしテレビ局員で働くということのメリットもいくつかあります。

 

やはり一番はお給料が安定しているということでしょう。

テレビ局員になれば大企業と同じくらいの年収を望むことができると思います。

 

これが番組制作会社に就職すると、どうしても年収が下がってしまうのがネックです。

 

また、テレビ局員の場合は会社員なので、番組制作会社の社員に比べるとスケジュールの見えやすい仕事だと言えるでしょう。

 

基本的には週休2日制であることが保証されていると思います。

 

どうしても制作の現場に入ってしまうと、締め切りが決まっていたり、急を要する仕事が入ってしまうことがあるので、

残業が多くなってしまったり思うように休みを取れないことが多々あります。

 

正直なところを申し上げると現場で働くというのをとても肉体的にも精神的にも辛いことだと思います。

 

最初の頃は覚えることもたくさんあるし、いろんな人にたくさんのことを自ら教えてもらう姿勢で食らいついて行かなくてはいけません。

 

休みの日も勉強しなくてはいけないことがあったり仕事のことばかり考えてしまう日が続くと思います。

 

結局好きでないとできない仕事なんだろうなと思うばかりです。

 

苦労してでも制作の現場で自分の好きな仕事をしたいと言うのであれば向いていると思うのですがなんとなくちょっとした憧れでテレビ業界へ入ってしまうと想像と現実のギャップに 打ちのめされるでしょう。

 

できれば学生の家から番組制作の現場を見て本当に自分の進みたい業界はこっちなのかということを考える機会があった方が良いと思います。

関連記事:テレビ番組制作の仕事もいろいろある

 

番組制作をしたいなら

 

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

テレビ局で実際に働いてくださる

  • アシスタントディレクター
  • 学生アルバイト

の方を募集しています。

 

下記フォームまたはチャットよりご応募ください。

お仕事に関する質問なども受け付けております。

関連記事:テレビ制作の仕事に関する面白い専門用語

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般