テレビ局の組織体系はどうなってる?

将来テレビ関係の仕事に就きたいと思っている人はテレビ局の中がどのような組織体系になっているのかということも気になるポイントなのではないでしょうか。

 

テレビ関係の仕事、というと番組制作が一番最初に思い浮かぶ人が多くさらにそれを行っているのはテレビ局だと思っている人がかなり多いです。

 

しかし実際には、東京キー局の場合番組制作はほとんど番組制作会社が行っておりテレビ局が制作している番組というのはかなり少ないんですね。

 

今回はテレビ局出向型の番組制作会社である弊社ライズプランニングが、テレビ局内の組織体系について少しお話ししてみたいと思います。

 

テレビ局の仕事は制作だけじゃない

 

テレビ局というのはひとつの会社ですから、番組制作を行っているだけではありません。

 

営業の仕事があったり経理の仕事があったり、

そういった直接テレビを作ることとは関係のない仕事もあります。

 

もちろん結局はテレビを運営するのがお仕事ですから間接的にはテレビを作っていることに変わりはないんですけどね。

 

就活生の皆さんから質問されることもあるのですが、もし絶対に番組制作に関わりたいと思うのであればテレビ局よりも番組制作会社に就職した方が確実に自分がやりたい仕事をすることができると思います。

 

番組制作会社に比べるとテレビ局への就職倍率はかなり高いです。

もちろんその分、お給料が安定するというメリットもあるでしょう。

 

しかし頑張って高い就職倍率を乗り越えてテレビ局に就職しても番組制作に直接関わることができない部署に配属されることもあるわけです。

もちろんアナウンサーのではまた別額になりますけどね。

 

では次の章からそれぞれの組織について簡単に解説してみたいと思います。

関連記事:テレビ局の仕事は番組制作だけではない!それ以外の仕事の内容は?

 

制作局

 

制作局は皆さんがテレビの仕事といて一番最初に思い浮かべる仕事なのではないかなと思います。

 

テレビ局の中でも番組制作に携わっている部署のことです。

プロデューサーディレクターとして働いている人がいます。

 

最初はアシスタントディレクターとして現場に入りそこからキャリアを積んで行って昇格していくという感じですね。

番組制作会社ではなくテレビ局内で作っている番組というのは生放送の帯番組などが多いです。

関連記事:テレビの生放送の仕組みとは?

 

技術局

 

技術局というのは技術部とも言われますが、番組制作に関わる技術面を担当する人たちの部署になります。

 

アシスタントディレクターやディレクターなどの制作局の人たちは自分で企画をし自分で映像を撮って自分で編集をする、というようなマルチに活躍することができる人が多いですが

技術局の場合はスペシャリストが集まっています。

 

カメラマンや音声山椒名産などその道のプロの方が集まっていますが、中でも中継などを担当するエンジニアや

電波を送信するための送信技術者などもいます。

 

開発担当などは、番組に関わるアプリを開発したり、スーパーハイビジョンやワンセグというような新しい放送のあり方を研究、開発しています。

 

インターネットとテレビの関わり方がますます注目されるようになる今後、さらに技術局の需要は高まると言えるでしょう。

関連記事:お天気コーナーってどうやって作ってるの?

 

編成局

 

新聞や雑誌などに掲載されている番組表、ラテ欄とも呼ばれるものを制作しているのが編成局です。

 

どの時間帯にどの番組を放送するかということを決めているだけでなく、

番組のタイトルがどのようなないようにしていくかという企画も考えます。

 

編成の仕方によって番組の視聴率も左右されるのでとても重要な部分を担っている局だと言えるでしょう。

関連記事:制作会社のADは出世したらどういう働き方をするの?

 

報道局

 

放送事業というのは世の中でどのような出来事が起こっているかニュースにして伝えたり

緊急の災害時などに情報を迅速に提供するのが本来の役割です。

 

そういった報道のときに中心となるのは報道記者です。

報道記者が所属しているのがこの報道部。

 

取材の原稿を執筆したり現場でインタビューをしたり、時には映像のナレーションも担当することがあります。

 

日本だけでなく世界の最新情報が集まってくる報道局。

時には特派員として海外に仕事に行くこともあります。

関連記事:報道・情報番組で番組を作る、2年目のADさんにインタビュー!

 

経営戦略部

 

テレビ局によってこの部は名前が変わってきますが、主にこれからのビジネス戦略やメディアコンテンツをどのように動かしていくか、というようなことを考える部署です。

 

テレビ局のあり方も大きく変わろうとしている今、これからどのようにビジネスを展開していくかということも長期的な目線で考えていかなくてはいけないんですね。

関連記事:テレビ業界に就職するのに学歴はどれくらい関係してくるのか?

 

営業部

 

スポンサーへのCM枠をセールスする部署で、広告代理店との関わりも深くなります。

 

スポンサーとして入ってくれる企業の社名や商品の認知度を高めるために、番組とコラボしたCMやプロモーションを行ったりイベントを企画したりすることもありますので

クリエイティブなセンスがやプロモーションを行ったりイベントを企画したりすることもありますのでクリエイティブなセンスが問われる仕事とも言えるでしょう。

 

内容によっては数千万、億単位のお金が動く事業に関わることもあります。

関連記事:テレビ局の仕事は番組制作だけではない!それ以外の仕事の内容は?

 

他にも総務、人事、経理などバックオフィスに関わる部署があることもあります。

 

番組制作をするなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、実際にテレビ局内で番組制作に携わってくださる

の方を募集しています。

 

テレビ局員ではなく番組制作会社の所属になりますのでお仕事は番組制作に関わるお仕事です。

 

テレビ局出向型の番組制作会社なので、テレビ局内でテレビ局のスタッフの形と同じように働いていただくような形です。

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください、こちらから改めてご連絡差し上げます。

 

また地方に住んでいたりまだ働くことができない学生の方の場合は、オンラインでテレビ業界のことを学ぶことができるオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)も運営しています。

こちらもぜひご活用ください。

関連記事:映像制作のスキルを身につけるためにすぐできること

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。