テレビ局への転職を考えている人が考えるべきこと

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

テレビ局で働きたいという人はたくさんいて、

中には「全く違う職種で働いているけれど、ずっと夢だったテレビ局でやっぱり仕事をしてみたい、転職することは可能か?」というようなお問い合わせをいただくこともあります。

 

テレビ局に転職したいという人はどのようなことを考えるべきなのでしょうか。

 

働き口はある

 

端的に言えば、テレビ局で働きたいと思い転職することはそこまで難しいことではないと思います。

ただテレビ局の正社員になるというのはとても難しいです。

 

毎年テレビ局に就職したいという人はたくさんいて

テレビ局の就職倍率というのは数百倍になることも多く、テレビ局に正社員として就職するのはなかなかに難しいことなのです。

 

なので、転職するにしても初めから正社員というのはなかなか難しいのが現実です。

 

とはいえ弊社のように、テレビ局出向型の番組制作会社というのもありますから、

最初は正社員ではなく派遣というような形で、テレビ局内で仕事をすることは可能です。

関連記事:テレビ局に就職するのに大学は関係あるのか

 

未経験でも大丈夫

 

テレビ局で仕事をし始める人は、機材を扱ったりする技術系の仕事でない限りは多くの人が未経験の人ばかりです。

 

専門学校に行っていなくても、テレビ局で働くことはできます。

なので全く別の仕事をしているけれどテレビ局に転職したいという場合も、テレビ局に転職することは可能なのです。

 

そもそも番組ごとに仕事内容が違うことがほとんどなので

実際の仕事現場に入って仕事を覚えていくしか方法がないというのが実際のところです。

 

入ったばかりの頃は覚えることが多く大変だとは思いますが、事前に資格が必要だったりするわけではないので

テレビ局の仕事をしたいと思ったら未経験でも始めることは可能なのです。

関連記事:テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

 

給料は下がるかもしれない

 

未経験でテレビ局で働き始める場合は、最初はアシスタントディレクターの立場から始めるような形が多いと思いますので

もし今やっている仕事でそこそこ安定したお給料をもらえているのであれば、転職することによって給料が下がるかもしれないということは覚悟しておいた方が良いと思います。

 

経験を積んで自分にしかない技術を身に付けられるようになれば、お給料も少しずつは上がっていくと思いますが

どうしても物を作る現場での仕事になりますし、イレギュラーの多い仕事でもあるので、

時給換算にするとあまり多くはお給料もらえない、と思った方が良いでしょう。

 

現状テレビ局で働いている人は「好きだからこそ仕事を続けることができる」という人がほとんどです。

関連記事:アシスタントディレクターに向いてる人

 

正社員は難しいのが現実だけど

 

テレビ局の正社員になるのはかなり難しいことだと話ししましたが、

では転職をしてテレビ局の正社員になることができる可能性はゼロなのかと言うと実はそうではありません。

 

もちろん最初からテレビ局の正社員になる、というのは難しい話なのですが

最初は派遣という形でテレビ局へ入職し、アシスタントディレクターとして経験を何年か積んだ後で

ディレクターに昇格しそのままテレビ局の子会社やテレビ局に中途で採用されるというパターンがあります。

 

弊社からテレビ局に出向していたスタッフも、中途採用という形でテレビ局の正社員になった人が何人もいます。

 

経験を積んで人脈を増やしていけば確実に自分の仕事認められ増えてくる現場だとは思うので

テレビ局に正社員として就職したいのであれば、まずはテレビ局で働くということを目指し

そこから経験を積んだ上でテレビ局の中途採用を狙ってみるというルートが一番良いのではないかと思います。

 

テレビ局の仕事はやってみないとわからないことが多いので、

もしかしたら実際に仕事をするようになったらまた考え方が大きく変わるかもしれません。

 

実際にそういう人は多いです。

 

最初はドラマや音楽番組をやりたいという風に言ってテレビ業界に入ってきたものの

生放送や中継、スタジオ収録など色々なジャンルに関わることができる情報番組の方が楽しいという人もいたりします。

 

テレビ局の仕事を一概に行っても内容も色々ですから

実際にテレビ局に入職してみて本当に自分がやりたい仕事はどんな仕事なのかというのは働きながら考えるのも良いかと思います。

関連記事:テレビの派遣の仕事から局への中途採用、という就職ルート

 

IT系はこれから強くなってくるかも?

 

未経験の人の場合は基本的にはテレビ局の正社員として転職をするのは難しいというお話をしましたが

テレビ局は今を大きく変わろうとしていて、ネットとテレビの融合について真剣に考えているところがとても多いです。

 

放送中にリアルタイムでTwitterを流したり、

視聴者と関わり合いながら放送進めていくという番組も増えてきましたから、

テレビ業界が未経験だったとしても、IT系に強い人は、テレビ業界系に転職しやすいという風潮が強まってくるような気がしています。

関連記事:テレビの現場で募集されている仕事

 

テレビ局に求められる人材とは

 

テレビ局に求められる人材というのは一言で言えば「テレビが好きな人」です。

しかも生半可な気持ちではなく本当にテレビがものすごく好きな人。

 

そうじゃないとやってられない仕事であるというのが本音です。

イレギュラーが多く仕事中心の生活になってしまいがちですし、趣味ではなく仕事として行っていかなくてはいけないので責任もついてまわります。

 

そんな中でテレビの仕事を続けていてもずっと好きだという気持ちを持っていける人はやはり強いでしょう。

 

さらに言えば、テレビが好き、というだけではなく、

なぜ好きなのかどこが面白いのかどこが面白くないのかというようなことを分析していける人は特に重宝がられると思います。

 

テレビ番組を作っていくということは視聴者に何を求められているのかということを常に考えながら逆算して番組を作っていくということだからです。

 

弊社ライズプランニングでは番組制作の現場で一緒に働いてくださる方を募集しています。

未経験でももちろん大丈夫ですので、 ご興味がございましたら下記フォームよりお気軽にエントリーしてください。

 

また弊社では現役のテレビマンたちがテレビ業界の裏側や映像技術などを支援するオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)を運営しています。

転職に関するご相談も承っておりますので、是非こちらもご活用ください。

関連記事:テレビ業界への就職の仕方、転職しやすい時期

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般