テレビ業界の就活がなかなかうまくいかない人へのヒント。

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

テレビ業界への就活をしている就活生の方々とお話をすることも多いですが、テレビ業界への就活がなかなかうまくいかなくて悩んでいるという人も多いです。

 

そもそもテレビ業界の仕事というのは、業界に入る前は「どのような仕事なのか」ということを具体的にイメージしにくい仕事だとも思うので

就活の仕方がわからないという人も多いでしょう。

 

なかなか内定が出ず、その理由がわからないままに悩んでいる人もよく見かけます。

 

ではテレビ業界の就活がうまくいかない理由は何なのでしょうか?

実際に番組制作会社として採用を行っている弊社の目線で、テレビ業界への就活のヒントを書いていきたいと思います。

 

まずは目標の具体化

 

テレビ業界でどんな仕事をしていきたいのかということを明確にしていくことから始めてみましょう。

 

一口にテレビ業界と言っても色々な仕事があります。

例えばテレビ局に就職したいのであれば、テレビ局には制作部だけではなく、営業部だったり経理の仕事もあります。

 

テレビに携わることができる仕事だったら何でもいいのか?

それとももっと具体的にやりたいことが決まっているのか?

テレビ業界の仕事と言われてどんなものを自分はイメージしているのか。

 

明確にしていきましょう。

 

まずはどのような仕事がテレビ業界にあるのかということを知るところから始めるといいと思います。

 

具体的に自分がやりたい方向性を考えることができるようになると、エントリーシートも書きやすくなるでしょうし、面接で志望動機を聞かれた時もうまく答えられるようになると思います。

 

当サイトでもテレビ業界の仕事に関しては記事を書いているので、どのような仕事があるのか調べるのに参考にしてみてください。

関連記事:テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

 

受ける会社の研究

 

さて、テレビ業界の仕事といっても、業界には色々な会社があります。

ほとんどの方がテレビ局もしくは制作会社を希望しているかと思います。

 

テレビ局であればカラーも掴みやすいかもしれませんが、制作会社には色々なジャンルの制作会社があるので
それぞれの制作会社のカラーについてしっかりと調べてから面接に臨んだ方がいいでしょう。

 

そしてその会社に求められている人物像を考えた上で、面接を受けるようにしてみてください。

 

例えばドラマ専門の制作会社を受けているのに、

「将来的には音楽番組のディレクターをしたいです」と言ったら見当違いになってしまいますよね。

 

制作会社はすべてのジャンルの番組制作を行っているわけではありません。

もちろんそういった制作会社もありますが、ドラマはドラマを専門にしている制作会社、バラエティはバラエティを専門としている制作会社、という風に、専門としているジャンルがある場合が多いです。

 

テレビ業界に就職したいからといって、どの会社を受けるにも志望動機が同じではどの会社にも引っかからないでしょう。

 

会社は一つ一つ個性があります。

嘘をつく必要はありませんが、その会社に求められている人物像と、自分の気持ちの中でやっていきたいことがマッチする部分をアピールポイントにするようにしましょう。

 

つまり会社それぞれで自分がアピールしていく内容は変えた方がいいです。

 

自分がやりたいことを明確化していくことが大切だというお話をしましたが、

全ての会社で自分のやりたいことを言っていても、その制作会社にとって欲しい人材じゃなければ、内定をもらうことはできません。

 

その会社で「こういう人が欲しいな」と思っている部分にアタックしていけるような戦法を考えていきましょう。

 

番組制作会社を受ける時は、その会社のホームページは必ず見るようにしてください。

 

普段どのような番組を制作しているのか。

どのような人たちが所属しているのか。

 

そういったところを見ればおのずと求められている人材が見えてくるでしょう。

関連記事:テレビ番組制作会社が採用の時に一番見ているポイント

 

業界ジャンル別、忙しさについて

 

  • バラエティ番組制作
  • ドラマ制作
  • 音楽番組制作

この三つは番組制作の中でも人気のあるお仕事です。

 

それと同時に、とても忙しい制作部門だとも言えます。

 

音楽番組自体は本数が減ってきてしまっているのと、業界経験がないと難しい現場であるとも言えます。

専門的な知識がより必要になってくるジャンルです。

 

バラエティ、ドラマに関しては、業界未経験者が入ってしまうと、何も分からない内から物凄く忙しくて

自分が憧れを持って入った世界なのに、現実とのギャップに打ちのめされて辞めてしまう人が多い現場でもあります。

 

弊社では情報・報道番組をメインに扱っており、

情報・報道番組の場合は比較的、休みの取りやすい環境でお仕事をしていただくことができます。

 

これらの番組はテレビ番組制作の基礎を学ぶことができる現場だと思っており、そういった番組からスタートして、

キャリアを積んでから本当に自分が進みたい番組ジャンルに進んでいくのでも遅くはないのかなと感じています。

 

テレビには色々なジャンルの番組がありますが、番組内容によって仕事内容のハードさも変わるものなので
そういったところも検討した上で、就活をしてほしいなと思っています。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

制作会社の種類について

番組制作会社には

  • テレビ局出向型の番組制作会社
  • 自社で請け負うタイプの番組制作会社

の二つの種類があります。

 

放送頻度が高くキャリアを積んで行きやすいテレビ局主導型の番組制作会社に対し

一つの番組に2、3ヶ月かけて、じっくりと番組制作をしていくことができる請負型の番組制作会社。

 

それぞれにメリットデメリットもありますので

どちらが自分に合っているのかということを考えた上で、さらに受ける会社もどちらのパターンなのかということを調べて就活に臨みましょう。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社であり、現場で働いてくださる方を募集しています。

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般