テレビ局に就職するのに大学は関係あるのか

テレビ局で働きたいと思っている人はまずテレビ局に就職することを考えるかと思います。

 

でもテレビ局で働いている人は実はテレビ局員よりもテレビ局外から来ている人の方が多いという事をご存知でしょうか?

実際に放送されているテレビ番組もテレビ局が作っているのではなく番組制作会社に外注しているものがとても多いんです。

 

テレビ局で働きたいと思ったらテレビ局に就職するのではなくても選択肢はあるんですね。

 

テレビ局に局員として就職したいなら

 

まず、テレビ局に就職してテレビ局の局員として働きたいならやはり大学は関係してきます。

4年生の大学出身であることは必須ですし、上位大学の出身であったとしてもかなり狭き門になります。

実際、就職倍率とかを考えてみても、就職倍率は数百倍〜数千倍くらいになるんですよね。

 

それだけテレビ局へ局員として就職するという事は難しい事なのです。

 

とはいえ、上位大学出身ではないからといって全く可能性がない、というわけではありません。

中にはとあるスキルに異常に特化している人などが稀に採用されることがあります。

 

【就活】テレビ局の志望動機の書き方という記事では実際の志望動機の書き方も紹介しているので、テレビ業界に入りたいという人は是非参考にしてください。

テレビ局では実は良い意味で「オタク性のある人」が求められます。

  • 語学でも
  • スポーツでも
  • 芸術でも

ジャンルはなんでもいいのですが、とにかく「一般的には絶対に知られていない領域の知識」がある人は採用の段階でも目立ちます。

 

なぜならテレビというものが視聴者がまだ知らないであろうことを伝えるメディアだからです。

 

何かのジャンルに特化している人に関しては、テレビ局の就職では有利と言えるでしょう。

しかしそれは本当の意味で特化している場合です。つまり、そういったケースは珍しいという事ですね。

 

採用できる人数は限られていますから、逸材が他にもたくさんいるようでしたらやっぱり上位の大学から就職採用を決めていくのは当たり前のことです。

 

「嫌いなことでも努力することができるのか」という点において、出身大学というのは指標にしやすいのです。

関連記事:テレビ局が求める人材

 

番組制作会社に就職する

 

一方、テレビ局の中で働きたい、という気持ちがある人は

テレビ局に就職する、なんていう狭き門を目指さなくても番組制作会社に就職をすればテレビ局で働くことができます。

 

例えばAD(アシスタントディレクター)だったら未経験でも始められるお仕事です。

全く違うお仕事をされていて、でもやっぱりテレビ局で働きたくて転職をされて、今テレビ局で働いている、という方も実はたくさんいます。

 

出身大学も特に関係ありません。

ただ、誰でもできる仕事なのか、というとそういうわけでもありません。

 

テレビ局で実際にテレビを制作するスタッフとして働くなら、自分で考えて、自分の仕事を見つけて動ける人でないと仕事は務まりません。

テレビ局の現場の仕事はマニュアルがあって「これをすればいい」というような仕事のスタイルではないのです。

 

時代によってテレビが面白くなったり、つまらなくなったりしますよね?それは中で働くスタッフさんたちによるところがとても大きいからなのです。

 

生放送の現場なんかは特にみんなが慌ただしく動いています。

いちいち仕事を聞いて回るなんてことはできないような緊張感の中で仕事をしていることもあります。

アシスタントディレクターの仕事:最初は胃が痛かった中継の仕事では、実際働いている弊社ADのインタビューが掲載されているので、

実際の現場を知りたいという人は見ておいても良いと思います。緊張感のある仕事でもあるんですよね。

自分で判断して動ける人でないと、テレビ局で働くのは難しいのです。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

テレビ局か番組制作会社か

 

狭き門をくぐり抜けて、一流大学からテレビ局に就職するという事にもたくさんのメリットがあります。

 

中でも、テレビ局の局員として就職することができると、その番組のことだけでなく、局全体のことに意見をすることができます。

 

例えば、

  • このタイミングを狙って特番をやったらどうだろう
  • 番組の構成をもう少しこうしたらいいんじゃないか

などといった番組の企画や内容の部分に関して意見ができるという事ですね。

 

これは番組制作会社に就職してテレビ局からの外注の仕事で番組制作に入る場合はできないことです。

ただ、テレビ局に就職することのデメリットとして挙げられるのが

テレビ局に就職する、ということはあくまで会社員になるという事です。

 

テレビ局の仕事は番組制作だけでなく普通の会社と同じように

  • 経理
  • 営業

などといったテレビの制作現場以外の仕事もあります。

 

番組制作がやりたくてテレビ局に就職したのに、やりたいことができなくなってしまった、なんてことも往々にしてあるわけなんです。

 

番組制作会社に就職をすれば常に現場の仕事ができるというメリットはあります。

またいろんなテレビ局の番組に入ることができる、というのもメリットとして挙げられるでしょう。

関連記事:テレビ局と制作会社はどう違うの?

 

テレビ局で働きたいなら

 

弊社ライズプランニングではテレビ局で働くスタッフさんを紹介する事業を営んでおります。

 

出身大学などは不問です。

テレビ局でテレビ局員さんや番組制作会社のスタッフさんと肩を並べて仕事をしていただくような形になります。

 

  • テレビ業界で働きたい
  • 作ってみたい番組の構想がある

など、テレビへの熱い想いをお持ちの方、テレビ業界で一緒に働きませんか?また、テレビ業界に関するご質問等ありましたら、

チャットからもお気軽にご質問ください。

関連記事:テレビ業界への就職の仕方、転職しやすい時期

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。