サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ業界から転職する時に考えたいこと

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

会社の所属としては弊社の所属となりますが、実際にテレビ局内で番組制作をしている現場に携わっていただくお仕事をお願いしています。

 

一人一人のスタッフにコーディネーターがつき、お仕事を円滑にすることができているか、不安や不満が無いか、など

常にサポートをしています。

 

そういった中でやはり、「テレビ業界の仕事を辞めたい」「テレビ業界から転職したい」というご相談を受けることもあります。

 

会社としては長くテレビ業界でお仕事を続けて欲しいという気持ちが強いですが、

テレビ業界の仕事というのは入ってみないとわからないことも多く、「思っていた仕事と違う」と感じる人も多いもので

こういった相談が来るのも仕方がないことだとも思っています。

 

実際にテレビ業界の仕事に携わっている者として、「テレビ業界から転職をしたい」という方へ、

そう思った時に考えるべきことについて書いていきたいと思います。

 

テレビ業界を辞める人たちの動機

 

まずテレビ業界から転職したい、きっかけや理由なのですが、

「辞めたい」と相談に来る人のほとんどが「自分はこの業界に向いていないんじゃないかと思う」というようなことを言うんですね。

 

アシスタントディレクターとして仕事を始めた頃は、覚えることもたくさんあって、がむしゃらに仕事をする日々が続くと思います。

 

しかし少し仕事を覚えてきた頃に、次のステップへ登っていくことを求められます。

 

それは番組の政策の根幹に携わるということ。

つまり番組の企画のアイデア出しです。

 

アシスタントディレクターとして未経験で始まった人も、みんなディレクターに昇格するのを目標として仕事をします。

 

最初は指示を出されたままに動いていれば良かったものを、だんだんとアイデアを出すことを求められ、

自分主体でも番組を作っていけるように、と動いていかなくてはいけなくなります。

 

アシスタントディレクターでも企画会議に出ることもあるし、近くのネタを出すことを求められることもあります。

 

そんな中で、「指示を出されるままに動くこと」に慣れてしまっている人は、なかなか自分の中から良いアイデアというものが出てきません。

 

アイデアが出てこないとなかなか番組制作の根幹部分に携わっていくことができないまま月日が流れてしまい、

周りはどんどんディレクターに昇格して行くのに、自分はずっとアシスタントディレクターのまま、なんていうこともあります。

 

ディレクターになるには、何か試験があるわけでもなく、

先輩のディレクターやプロデューサーが「そろそろ一人で任せることができるようになってきたかな」と判断してくれたタイミングで少しずつ仕事を任せてもらえるようになり

ディレクターとして独り立ちしていきます。

 

なのでディレクターになるのが遅い人もいれば早い人もいる。

 

周りがみんなディレクターになっているのに自分がアシスタントディレクターのままというのに焦りを感じる人も少なからずいるんですね。

 

結局番組制作というのはクリエイティブな仕事になるので、自分の中でアイデアを出すことができないと、制作を続けていくのも難しくなります。

 

そういった部分で自分には合わないと感じてしまう人が出てくるのでしょう。

関連記事:テレビディレクターには、いつなれるの?

 

制作の経験が活きる働き方

 

もし自分に仕事が合わないと思って退職をするのだとしても、映像を制作する現場にいたということは自分にとってアピールポイントにはなると思います。

 

今映像というものは様々なところで必要とされています。

 

映像制作の現場は色々な現場がありますが、その中でもやはり一番権威があるのはテレビ番組制作でしょう。

 

テレビの歴史はもちろん規模も違いますし予算も違います。

そんな中で働いていた経験というのは必ず別の制作の現場でも生かすことができます。

 

例えばテレビ業界から転職するのだとしても、他の映像制作の現場に転職してみるというのも手だと思うんですね。

 

CMや企業VPなどの映像制作を行っている会社なんかも、きっと今までの経験を以下しながら働いていくことができるでしょう。

テレビ業界から離れるにしても、そういった映像制作の現場ではテレビ局経験がある人は重宝されます。

 

是非そういった転職先も視野に入れてみてください。

関連記事:制作会社のADは出世したらどういう働き方をするの?

 

テレビ業界の働き方について

 

テレビ業界から転職をしようとしている人に一つだけ考えてほしいことがあります。

それは「本当に今の現場が自分に合っているのか?」ということ。

 

テレビ業界は「テレビ」というわけでひとつに括られてしまいがちですが、

現場によって仕事のあり方は大きく異なります。

 

例えばテレビ業界に就職したいという人はほとんどがバラエティ番組やドラマ部門を志望するのですが

この二つはテレビ業界の中でもとても忙しい制作部門です。

 

弊社ライズプランニングでは比較的お休みを取りやすい情報・報道番組をメインに出向して頂いており、

そこで番組制作の基礎を覚えてから自分の本当にやりたいことを考えてその後、仕事のあり方を考えていてほしいと思っています。

 

最初から忙しい現場に入ってしまうと、そこで長く仕事を続けていくのは難しいと考えてしまうと思いますが
テレビ業界には色々な制作の現場がありますので、一つの現場を見て判断をするのではなく

できれば色々な部門を覗いてみた上で改めてテレビ業界を離れるのかどうかということを考えてみてほしいなと思います。

 

せっかくテレビ業界に携わるお仕事に興味を持っていただいたのですから、テレビ制作のいろいろな面を見て検討してほしいと感じています。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

もし情報・報道番組の制作現場にご興味がございましたら、下記フォームよりエントリーしてください。

こちらから改めてご連絡させていただきます。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
motorin
motorin
テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般