テレビ局で仕事をする女性に産休はあるのか

テレビ局の仕事、と言うと男性が多いイメージがある人が多いと思います。

 

実際にはどうなのかというと、実は女性スタッフもとても増えてきていて、特に女性向けに作っている番組なんかは女性スタッフの方が重宝がられるという現場もあるくらいです。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社ですが、

弊社所属のスタッフも男女比は半々くらいなので、皆さんが想像しているよりも女性のスタッフが多くなってきていると思います。

 

そして、この業界にはいりたいと思っている女性の方からよく受ける質問というのがあります。

 

それが「テレビ局の仕事に産休はあるのか?」「結婚して家族が増えても仕事を続けることができるのか?」という質問です。

 

今回はテレビ局関係の仕事の産休制度についてお話ししてみたいと思います。

 

産休制度が整っている所は少ないけど

 

正直なところお話すると、大きなテレビ局と携わるような番組制作の仕事をする場合、

なかなか産休というものは取るのが難しいのが現状です。

 

クリエイティブな仕事なので、番組制作が立て込んでくると徹夜をしなくてはいけない時だってありますし

何時に仕事が始まって何時には帰ることができる、というような仕事では到底ありません。

 

急なトラブルが起きたりすることによって、休みだと思っていた日が突然仕事になってしまう日もあります。

 

ただ、産休制度などの制度が整っていないとはいえ世間と同じようにテレビ局やテレビ制作の現場でも働き方改革というのが行われていて

特にここ最近ではこの傾向がとても顕著だと現場に関わりながら思っています。

 

何時間以上は残業してはいけないだとか、休みをこれだけ取らなくてはいけないだとか、

クリエイティブな仕事をしながらも自分の生活も大切にすることができる働き方をしよう、という意志を感じることができます。

 

社会的にも問題になっていることですし、この風潮はさらに強まっていくものだと思います。

 

まだまだアナログな部分が多いテレビ制作の現場ですが、

それでもインターネット上で完結することができる仕事も増えてきている今、テレビ制作現場もまた大きく変わろうとしているのだろうと感じます。

 

これからテレビ番組制作の現場に携わっていこうという人たちは、きっとさらに働きやすい現場になっていく中で仕事をしていくことができるようになるでしょう。

 

現場によっては産休制度を取り入れられるような現場も出てくるかもしれません。

関連記事:テレビ局と制作会社はどう違うの?

 

テレビ局によって仕事の重さは違う

 

現場の場合は産休制度もそこまで整っていないから、やはり結婚して家族が増えたら仕事をしていくのは大変なのだろう、と思ってしまうと思います。

 

しかし携わるテレビ局によっては仕事の分量というものがかなり違って、

例えば東京でキー局の仕事をする、となるとなかなか産休を取るのも難しいでしょうし、主婦としての生活がありながら仕事を両立をしていくということも難しいでしょう。

 

しかし例えばローカル局に携わる仕事や

衛星放送なんかを扱う仕事の場合は、キー局に比べると、仕事の量が少なくなることも多いです。

 

どのようなポジションで仕事をするかにもよるのですが、

こういった職場の場合は、ある程度自分の生活を守りながら仕事をしていくことも可能です。

 

テレビ制作に携わる仕事は技術職ですから、

きちんとしたキャリアと人脈があれば、出産と育児でしばらく現場を離れたとしても

職場に復帰できる可能性が高いです。

 

自分の働きたいペースに合わせて入職する現場を変えてみるというのも一つの手だと思います。

関連記事:実は女性ADが今増えてきている

 

映像制作の現場も色々ある

 

テレビ局で働いていたキャリアがあれば、色々な映像制作の現場で働いていくことも可能でしょう。

 

映像制作の仕事と言うとテレビ局の仕事が思いつく人が多いと思いますが

映像制作会社でもテレビ番組以外にも企業VPやテレビCM、PR動画などを制作しているところもたくさんあります。

 

ディレクターやプロデューサーなのであれば、フリーランスで働いていくという方法もあります。

 

技術職なだけに働き方は本当にたくさんあって

産休制度があるかどうかということにとらわれずに探せば、自分の技術で色々な会社で働くことができるのがこの仕事なのではないでしょうか。

 

だからこそ、産休制度がないから働くのをやめるのではなく

本当に挑戦したいのであれば、この世界に入って若いうちにたくさん経験を積み、

どこに行っても戦っていける自分の技術を育てていくことが大切なのではないかと思います。

関連記事:テレビ業界で働くために覚悟しておかなくてはいけない事

 

女性が活躍できる現場が増えてきている

 

映像の現場でも女性が活躍できる場所がとても増えてきています。

今後さらに女性の活躍が期待できるでしょう。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、

一人一人の生活スタイルに合わせた出向先を一緒に考える会社です。

 

人生のいろいろな場面で転換期を迎え、自分の生活に合わせた働き方を考える時が来るでしょう。

 

もっとバリバリ働きたいと思う時があれば、もう少しセーブして自分の生活を守りながら仕事をしたいと思うこともあると思います。

 

そんな時は入職先を帰るということも視野に入れてご相談させていただき、お仕事をご紹介させていただきます。

 

テレビ業界で働きたいという方からのエントリーをお待ちしています。

下記フォームよりエントリーしてください。

関連記事:テレビ制作会社の仕事の種類はどんなものがあるか

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般