テレビ局の仕事に就く方法

ライズプランニング

テレビの仕事をしたいと思ったら、まず浮かぶのはテレビ局に入社することだと思います。

 

ところが実際にはテレビ局で働く方法はテレビ局に入社することだけではありません。

テレビ局で働く人たちの中でテレビ局員の人は実は少ないのです。

 

テレビ局への志望理由

 

テレビ局で働きたいと思うきっかけの中に「芸能人に会いたいから」という志望理由を持った人がたくさんいます。

私はこれを全く悪いことだとは思っていません。

夢を与えてくれた人に会えるのは素敵なことですし、一緒に仕事ができる。

そのうえテレビ局の仕事に就くことで今度は夢を与える側に回るわけですから。

 

もちろん志望理由は少し格好つけて書いてもいいかもしれませんが、テレビ局の仕事に憧れるきっかけが芸能人、というのは悪いことではないと思います。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

テレビに出ている人達は普通の人間ですが、テレビを通して見るとなんとなく雲の上の人に感じる人もいるのではないでしょうか。

テレビの画面を通していつも見ているけど、個人的には知り合いではないし、実際には会ったことがない人達がほとんどですよね。

そういう存在はとても不思議なものです。

 

テレビに出ている人達、芸能人などにたまたまあった時、ファンでもないのになぜか嬉しく感じたことがないでしょうか。

それは実際には会えないと思っているからでしょう。

 

それは宝物を見つけるのと少し似ているかもしれません。テレビに出ている人達はそんな夢を与えてくれる存在でもあります。

 

そんな憧れの存在と毎日一緒に働くことができる。

むしろこれはテレビ局で仕事をする上で一番わくわくするポイントなのではないかとも思います。

 

誰しもが芸能人と一緒に仕事をできるわけではないですからね。

 

 

テレビ局での働き方

 

テレビ局野中で仕事をするには実際には二つの方法があります。

  • テレビ局の局員として働く方法
  • 外部の会社からテレビ局へ行って働く方法

この二つです。

それぞれ説明してみたいと思います。

 

テレビ局員として働く

 

さて、テレビ局で仕事をしたいのならまず思い浮かべるのは、テレビ局に就職することではないでしょうか。

 

そして運良くテレビ局に就職できたら、アナウンサーとして活躍するか、またはアシスタントディレクターになって、ディレクターになって、あるいはプロデューサーになって番組を作る現場で仕事をする、と思っていませんか。

現にテレビ局での仕事!という情報に出てくるのは番組制作に関するものがほとんどです。

アシスタントディレクターとかディレクターとか。

 

テレビ局に入って楽しく総務の仕事をしよう!などと書いてある情報誌はどこにもありません。

 

実際にはどうかというとテレビ局も会社であることには変わりはないので、

  • 総務
  • 経理の仕事
  • 営業部

などといった部署も普通にあります。

 

数ある部署の一つに番組を作る報道・制作局(呼び方、部署は局により様々です)があるわけです。

関連記事:テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

 

会社ですから、人事異動もあります。

報道にいた社員が、総務に行って労務管理をするということも当然あるわけです。

 

なにかしらの形でテレビ局の中で仕事をした経験がある人であれば、テレビ局員さん達が毎年の人事異動で、くるくるいろんな部署にに配属されるのを目にしているはずです。

 

総務にいた人が番組を作る制作部に移ったり、制作部で仕事をしていた人がCMの営業部に回ったりと。

そのあたりのことはきちんとわかって入社した方がいいと思います。

関連記事:テレビ番組制作の仕事もいろいろある

 

外部の会社からテレビ局に行って働く

 

さてテレビ局で働く人達は、実に大勢いますが、「テレビ局の社員」は、実はさほど多くないのをご存知でしょうか。

特にテレビ番組を制作する仕事を現場でしている、テレビ局の社員はかなり少ないのです。

 

つまり実際に番組を制作しているのはほぼ外部の会社からきている人達で構成されているのです。

制作会社であったり、派遣会社であったり。様々な会社から派遣されてきています。

 

少し前はフリーのディレクターさんもいて、直接テレビ局と契約を結んで働いている人もいましたが、現在はそれもほとんどなくなり、ほぼどこか外部の会社に所属している人達で構成されています。

 

番組制作の現場には

  • ディレクター
  • アシスタントディレクター
  • タイムキーパー
  • カメラマン
  • 編集マン
  • 音響効果
  • 照明
  • 美術

といった様々な職種があり、これらの仕事は多くは外部の会社からきた人達で構成されています。

 

会社が異なる人達が集まって、一つの番組を作っていくわけですから、なかなか大変な現場であることは想像できると思います。

 

特に東京のキー局の場合は、かかわっている会社の数が多いです。

同じフロアにこんなに様々な会社の人がいて一緒に仕事をする現場はなかなか他には無いのではないでしょうか。

 

ある意味視野や考え方も広がると思いますし、面白い仕事現場だと思います。

新卒で入る人が多いのですが、途中からでもやる気さえあれば入りやすいのもこの業界の特徴でしょう。

関連記事:テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

中には30歳すぎてからテレビの仕事を始める人もいます。

日本に根強く残る年功序列とは少し違う職場。

頑張った人は必ず認められる職場だと思います。

テレビ局で働くことを考えるなら、テレビ局には多くの会社が入っていますから実は選択肢は多いということです。

 

実際に前職は全く別のお仕事をされていて、今テレビ局の制作デスクとして働いている方のインタビュー記事はこちら:テレビの「制作デスク」の仕事に転職するまでと実際に働いてみて。

 

テレビ局で働くときの会社の選び方

 

テレビ局には多くの外部の会社から「派遣」という形でスタッフが来て、仕事をしていると前述しました。

会社が多い分、実は間口は広いということも言いました。

 

ではどのように会社を選べばいいのでしょうか?

 

 

働く場所がテレビ局内

 

まずは自分がどんな番組で働きたいのかを考えてみましょう。

  • 報道(ニュース)番組なのか
  • 情報番組なのか
  • バラエティ番組なのか

 

もっとも、最近は

  • 情報+バラエティ
  • 報道+バラエティ
  • 報道+情報+バラエティ

といった番組もあり、一言でバラエティと言えなくなったのも事実です。

 

お笑いタレントがニュースの司会を面白おかしくやったりしていますね。

情報番組にもお笑いタレントさんがコメンテーターとして座っていることが多くなりました。

例えばライズプランニングでは主にスタッフさんには報道番組と情報番組といった生(なま)番組の仕事に主に入っていただいています。

テレビの基本は報道と情報なので、なるべくならまずはそこから勉強してもらいたいという会社としてのコンセプトがあるからです。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

ただ、様々な状況や個々の気持ちの強さもありますので、あくまで本人とよく相談して決めています。

最初からバラエティ番組の仕事に行ってもらう場合もありますね。

 

さて、生番組は基本的にテレビ局の中で作りますから就業先はテレビ局内です。

バラエティ番組に携わっている人も弊社の場合基本的にはテレビ局内で作っているものに限っています。

 

働く場所が制作会社の中

テレビ局の中で作る番組があるのに対し、そうではない番組も数多くあります。

 

旅番組や、クイズ番組などは、生ではなく別の日に収録、撮影して作ることができるので、これらはテレビ局外で作られるものが多いのです。

 

これらは完パケもの(完全パッケージメディア)とよばれていて、完全に出来上がったものをテレビ局に納品するのでテレビ局の中で作る必要が無いものです。(テレビ局内で作っているものもありますが)

 

テレビ局内で作る必要が無いので、テレビ局は制作会社に「これ作って、お願い!」とまるまる仕事を依頼することが多いのがこの完パケものです。

 

完パケものを作っている制作会社に就職すると、就業先は制作会社の中になるわけです。

 

制作会社にはそれぞれ得意な分野があります。

ある会社はバラエティ番組中心、とかまたある会社はドキュメンタリーを得意としているなど。

 

ではどの会社がどんな番組を得意としているかはどうやって調べればいいかというと会社のホームページを見てみたり、あるいは会社の説明会にいった際に、聞いてみることが一番。

 

また、どの会社に行けば自分がやりたい番組の仕事に携わることができるのか、説明会に行った際に行った先で聞いてみるのもいいと思います。きっと何かしら情報をくれるでしょう。

テレビに携わっている会社はそれなりに他の会社のことも知っていますし、横のつながりもありますから。

 

バラエティがやりたいのに、ニュース番組しかやっていないところに入ってしまうと後で後悔してしまうことになりかねません。(もっとも報道はテレビの基本なので、無駄にはならないと思いますが)

 

テレビ局やテレビ関係の仕事がしたいなら

 

テレビの仕事がしたいならまず、一つどこかの門戸を叩いてみること、そしていろいろ聞いてみることです。

そうすれば自ずと道は開けてくると思います。

 

ただ言えることは最初にこの番組がやりたい、と思っていも実際に仕事をしてみて、わかることも多々あるはずです。

思っていたのとまったく違うとか、やりたいことではなかったとか。

 

そのとき、今いる現場がテレビの全てだとは思わず、どうしても違和感を感じたら、別の番組に行ってみることも考えてもらいたいです。

番組によって、会社によって、作り方、雰囲気、仕事内容などはかなり違うものですから。

 

テレビ局で働きたいと考えているのなら道はいろいろあります。まずは行動あるのみだと思います。

一緒に番組作りをしていきましょう。

 

テレビ局で働いてみたいという方、分からないことを質問してみたいという方は、ぜひ下記の「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

ライズプランニング

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般