テレビ局に内定が決まる人の特徴

仕事柄大学生の方々と接することが多いのですが、中には、テレビ局に入った学生さんが何人かいます。

テレビ局に入る方には、

いくつか共通する特徴があります。

出身大学はいろいろだし、学部も様々。

映像やメディア、コミュニケーションなどを学んだから…

というわけではなさそう。

何を学んだかというのは、関係ないようです。

 

特徴①声に生気があり、ハキハキしている

 

学生さん何人かで、集まっていただいたとき、

テレビ局に入る子の声は、

明らかにほかの学生さんと違います

声に生気があり、ハキハキと話します。

何をしゃべっているのか聞き取りづらい、

こちらから耳を傾けないと聞こえない…

そういうことはほとんどありません。

言葉を選んだり考え込んだりせず、

こちらからの質問に、的を射た答えを返してくれる。

声のトーンも程よく、会話にストレスを感じません。

関連記事:テレビ局に就職するには、高卒でも大丈夫なのか

 

特徴②礼儀正しい

 

実は、

学生のほとんどの方が、自分から挨拶できません

こちらから、「こんにちは」と声をかけて初めて、返してくれます。

もしくは、「あ、どうも・・・」だけの方もいます。

ですが、テレビ局に入社できる方は、

こちらから挨拶するまえに、席を立ちあがり、

「こんにちは」と挨拶してくれます。礼儀正しいです。

言葉遣いもちゃんとしていて、

正しい敬語を話されます。

敬語は、普段から使っていないと、なかなかスムーズに出てこないものですが、

学校の先生や、アルバイト先の先輩や友人の親御さんに対して、

そして家庭で、敬語を使っていることが想像できます。

礼儀正しいのは付け焼刃ではないのです。

関連記事:テレビ局への就職倍率とその採用方法

 

特徴③姿勢がいい

 

いつも背筋がしゃんとして姿勢がいいです。

肩が内側にはいっていたり、

猫背になっていたり、

うつむきがちになっていたり、

左右どっちかに傾いていたり…

姿勢にはクセがありますが、

そういうのがありません。

姿勢がいい人は、

歩くときもまっすぐシャキシャキと歩きます。

だらだら歩いたり、

ドタドタ足音を立てたりということがありません。

信号待ちしている若くてかわいらしい女の子が、

歩き始めたら、あらあら…

カッコよくないなあってガッカリすることがありますが、

そういうことがありません。

立っていても座っていてもしゃべっていても、

どこもスキがないというのが、

共通しているところです。

関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

 

テレビ局に内定をもらうには

 

じゃあ、面接やインターンの機会に、

気を付ければいいか、というと…

立ち居振る舞い、話し方というのは、

往々にして、地が出るものです。

すぐ身につくものではありません。

%e6%98%bc%e5%af%9d

ふだんの姿勢や、歩き方やしゃべり方は、

一朝一夕で変えられるものではありません。

テレビ局だけではなく、どういう会社であっても、

また会社でなくても、

選ばれる人というのは、

この3点が身についている人だと思います。

この3点が自然に身についている人は、

存在感をアピールしなくても、

大人数の中にいても、目立ちます。

身の周りで、目立たないけど、人に好かれる子

特別目をひくわけじゃないけどモテる子

中心人物じゃないけど、友達が多い子

何かとイベントに誘われる子

一人二人いませんか?

そういう人はきっと、この3点を持っています。

関連記事:テレビのADからディレクターになることで何が変わったか

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般