バラエティ番組制作のバイトの面白さ

テレビ局で働くには、難しい試験に合格しなくてはいけないのだろう、

コネがないと無理なのだろう、と思っている方が多いと思います。

 

実はテレビ局では制作のお手伝いをしてくださるアルバイトの方もたくさん入職しています。

 

その中にバラエティ番組の制作お手伝いのアルバイトがあります。

 

バラエティ番組のバイト、というと観覧のバイトかなと思う方もいらっしゃるかと思いますが、

制作の仕事のお手伝いも実はバイトであるんですね。

 

バラエティ番組は特に人気が高く、

「バラエティ番組で働きたい」というお問い合わせもよくいただきますので、バラエティ番組のバイトの仕事の面白さについて

今回は少しお話してみたいと思います。

 

バラエティ番組バイトの仕事内容

 

テレビ局でバラエティ番組などの制作のお仕事をする、となると

通常社員として入る場合はまずはアシスタントディレクターとして働くことになります。

 

いわゆるADですね。

 

ただバイトの場合は、未経験の方も多いでしょうし、

バラエティ番組の場合はかなり現場も慌ただしく、また番組制作のお仕事は「この仕事をこの順番でやればいい」というようなマニュアルや流れがあるわけではありません。

 

なので臨機応変に仕事に対応していく必要がありますが、ただ全くの未経験の人にそれを求めるのは酷ですよね。

 

なので多くの場合は、バラエティ番組の制作のバイトに入ったら、まずはアシスタントディレクターのもとについて、

アシスタントディレクターからの指示で動いてもらうような形で仕事をしていただくことになります。

 

仕事の内容に関しては主に

  • 番組で使うものの準備や買い出し
  • 番組での資料準備
  • 収録現場のセッティング
  • 出演者の誘導

といったものになってきます。

 

バラエティ番組も番組数はたくさんあるので、毎回同じ番組につくとは限りません。

 

そして番組ごとに制作の流れや、バイトとして動かなくてはならない内容も変わってくるので

臨機応変に対応していく対応力が求められます。

関連記事:ADになりたいという人が知ってくべきこと

 

収録現場に立ちあえる

 

実際にバラエティ番組のバイトとして働いてみて面白いと感じる部分について話していきたいと思います。

 

まず、バラエティ番組のバイトでなんといっても一番楽しいと思えるのは

バラエティの収録の現場に立ち会うことができるということだと思います。

 

テレビが好きな人にとってはこれはとても楽しいことだと思うんですね。

 

普段私たちが何気なく見ているのはバラエティ番組で収録した内容を編集してつなぎ合わせた完成品(業界では完パケと呼ばれます)です。

 

でも実際にバイトで収録のお手伝いに入ってみると、

実際のその完パケの元を見ることができるわけです。

 

もっといえば、カメラが回っていない時間も見ることができる、ということです。

 

それが編集されて、オンエアされると、また違ったものとしてバラエティ番組が見えてくるようになると思います。

 

バラエティによく出演している好きな芸能人がいれば、

そういった芸能人を間近で見ることもできますし、テレビが回っていない時の芸能人の様子も見ることができてしまいます。

 

もちろん仕事ですから、そこで騒ぐわけにはいきませんが

やはり好きな芸能人と仕事で関わることができる、というのは嬉しいですよね。

 

テレビ番組には普段映っていない、バラエティ番組の制作進行の手順や

どのようにしてバラエティ番組を作っているのか、ということを知ることができるのが、バラエティ番組にバイトで入る楽しさだと思います。

関連記事:テレビスタジオで働く時に知っておきたい専門用語

 

収録現場の準備も

 

バラエティ番組というのは1本番組を撮影するのに1日かかる、というような単純なものではありません。

 

収録自体は1日で終わることもありますが、

その1日に向けて、前々からたくさんの準備をしていきます。

 

例えば、バラエティ番組ではよく「有名店の何々を今日はスタジオに持ってきていただきました〜」というようなことがありますが

こういった場合は、事前にお店の映像を撮りにいくこともありますし、

実際にその料理を準備するのに何が必要か、といったことも考えなくてはいけません。

 

バラエティ番組にも番組のおおまかなシナリオが書かれている台本がありますし、

それをスタッフ同士で打ち合わせしたり、

収録前には出演者を交えて打ち合わせもします。

 

そういう時はその打ち合わせの資料を準備したりする仕事もあります。

 

他にも、その番組に必要な衣装があればそれを買いに行ったりしなくてはいけません。

 

そういった準備は収録日の前から行われるものです。

 

バラエティ番組のバイトをすることになったら、そういった準備にも参加することにになります。

 

自分が用意した物を実際に出演者が使ってバラエティとして成り立っていくというわけです。

 

他の人には絶対にわからないことですが、

オンエアを見たら「あれは自分が用意したものだ」とちょっとワクワクするようなことがあります。

 

収録準備はまずもってバラエティのオンエア本編では映らない部分ですから

こういったところを知ることができるのもまたバラエティのバイトの面白いところだと思います。

 

 

というわけで今回はバラエティ番組のバイトの面白さについて書いてみました。

関連記事:アシスタントディレクターの仕事とモチベーションの維持

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般