サイト運営会社
映像制作のコツ

テレビインタビューの仕事

テレビ番組では、インタビューを撮るときに,
気を付けなければならないことがいくつかあります。
ここでは、そんな話を。

インタビュー撮影時のカメラ目線について

一つは、インタビューを受ける人の目線。

hira88_nihikisorottesc20140809134818_tp_v1

それと背景です。

テレビ番組の場合、カメラ目線はほとんどありません
カメラ目線のインタビューは、例えば、政見放送。
首相からの発表や記者会見、などでしょうか。

テレビを見ている人へ、強く理解してもらいたいことがあるときは、カメラ目線です。
インタビューされる人は、よほどカメラになじんでないと、
カメラ目線で語るのは勇気がいります

「目は口ほどにものをいう」というだけあって、視聴者は、映し出された人の目を直視します
ですから、大事なことを話しているインタビューでは、目のアップを入れることがあります

kid0060-009

カメラ目線でインタビューを撮影する場合は、
話す人のほうは、相当に原稿を考えています。
話す内容についてイメージができています。

相手が素顔を見せてくれるインタビュー

カメラ目線で撮影する場合は、
「話す人 対 カメラ」という位置関係になります。
話す人の正面にカメラを置きます。

映画の宣伝で、主演俳優と監督にインタビューする場合、
少し、左か右に斜になるような目線で、インタビューをします。

そして、最後の締め
「明日公開です!」「観てください!」というのは、カメラ目線ですね。
強いメッセージがあるので、カメラ目線です。

その前段階は、カメラから目線がそれた、斜めになるようにします。
話す人は、インタビュアーと向き合い、カメラは少しひいた位置になります。
話す人、インタビュアー、カメラが、三角形になるように位置取りをします。

話す人は、カメラを意識せず、インタビュアーに向かいますから、素に近い顔になります。

m030023

また、話す内容もインタビュアー次第で、
意外なエピソードやプライベートな部分がかいま見えることもあります。
カメラに慣れていない人にとっては、カメラを意識せずに話せます。

事件や事故のときに、現場でインタビューされている人がカメラに体を向けていないのは、
カメラに向かって話すことに慣れていないから、という理由があります。

インタビュー撮影時のサイズについて

インタビューを撮るときには、サイズにも注意を払います。
顔だけのアップは使えません

画面に映っているのが、首から上というのは、
見ている人は、生首をイメージして、生理的に耐えられないからです。

hw20160708062615_tp_v1

インサートでアップがほしいときも、
鎖骨から上だったり、ぐぐっと寄った目元だったり、どちらかです。
大体は、ウエストショット、バストショットです。
長いインタビューになりそうなときは、サイズはいろいろ撮っておきます。
手元だけだったり、全身だったり、いくつかパターンを撮っておきます

日常生活でも役に立つインタビュー撮影のコツ

プライベートで、
例えば、結婚式で流す映像や、子供や親御さんのヒストリー映像を、ご自分で撮影する場合も、
体のパーツや、全身や、撮影している空間全体がわかる映像や、
カメラ位置に座るまでの歩きなども撮影しておくと、編集するときに工夫ができます

また、後ろの背景には気を付けなければいけません
首のところに、意識がいかないようにするのは鉄則で、
話す人のうしろに家具の棚があったり、窓枠や、鏡、カーテン、テレビは要注意です。
首から上とその下が切り替わるような背景にならないようにしてください。
これも、先ほどの生首をイメージさせない工夫です。

背景の処理は大事で、ポスターや絵画、本、ぬいぐるみ、フィギュアなどが置いてあると、
そちらに目がいってしまいます。
あまりに雑然としているのも、画面が汚れて見えます。

souji_kitanai_man

とくに気を付けるのは、紙の束
新聞、雑誌の類です。
こういう紙類をよけるだけでも、画面はすっきりします。
話をする人の目の前にテーブルがあるなら、
テーブルの上も、ものを置かないようにしたほうがいいです。

インタビューの難しさ

 
いちばんダメなインタビューは…
聞き手であるインタビュアーがすべてを話してしまい、受け手の答えが、
「そうですね」「はい」だけしかない。というもの。
ディレクターになったばかりの若手が、
インタビューの相手についてあらかじめ調べておいたり、資料を読んで勉強しておき、
想定の台本を書くのだけれど、
当日、緊張してしまって、
相手から引き出したいコメントを、自分が語ってしまう…なんてことがあったりします。
 
いいインタビューというのは、相手にしゃべらせなければなりません
こういう答えがほしい、という想定をし、
その答えを引き出すために、どういう質問を投げればいいのか?
どういう質問をすれば、相手が気持ちよく答えてくれるか─?
ベテランのディレクターになると、いかに本音を引き出すか、ということを考えます。
 
油断させておいて、いじわるな質問をして、相手の感情を引き出すということができる。
また、相手が答えたくないような質問、
怒らせるかもしれない質問ができるようになると、一人前とみなされます。
例えば、お金に関することや、プライベート、触れられたくない過去のこと。
 
番組によっては、
相手の素やリアルなことをいかに引き出すかというのが必要なときがあります。
相手だって、何本も取材を受けていれば、
ちょっとやそっとの質問なら、表情も変えずに自分で用意した答えをよどみなく口にしますが、
それは、視聴者が見たい・聞きたいものではありません
番組ならではの切り口で、
相手がつい漏らしてしまう本音、リアル、素。
インタビューは、ディレクターと取材者の1対1の勝負ともいえます。
本人が顔出しで答えるということは、
本人の表情や目の動き、所作からも視聴者は情報を得ることができます。
語っていることは立派であっても、言葉に気持ちが入っているのかいないのかがわかるのです。
 
ojs_rokurodanshi_tp_v1
 
相手は社会的名声のある人物かもしれません。
成功者かもしれないし、巨匠かもしれません。
ディレクターは名のない一人の作り手に過ぎませんが、
視聴者の代表として、知りたいことが聞けるのです。
ですから、何が知りたいのか、ということを、決めておく必要があります。
 
 また、相手は有名な人ばかりではありません。
今では、街録という、町のなかで、一般の普通の方に話を聞く機会が増えました。
そういうときは、まず、インタビューの趣旨を理解していただくことが必要です。
そして、相手が答えやすい質問をする。
要点がいくつもある質問は、要領を得ません。一つの質問に一つの答え。それが基本です。
 

インタビューの極意とは

 
また、最近では、一般の方へも、
ちょっと茶化すようなインタビューで構成されるVTRを見かけます。
これは、難度の高いインタビューです。
短い時間の間に、番組の内容を理解してもらう。
コーナーの内容を理解してもらう。
そして質問しますが、その間に、ディレクターは相手との距離感を縮めていかねばなりません。
 
そういう番組の場合、質問内容は、
相手の容姿や独特な志向に踏み込むことがありますが、
それは、質問者と受け手の信頼関係が出来上がってこそできる質問です。
テレビだから何を聞いてもいい、バラエティ番組なんだから何に触れてもいいというものではありません。
信頼関係が出来上がって、そして、そこに触れてもいいのか、ダメか見極めながら踏み込んでいく、
その手間がかかっています。
テレビで使われているインタビューは2,3人であっても、
だいたい、その10倍の人たちにインタビューしています。
使われているのは、2,3分であっても、
丸1日、もしかしたら、2日粘っているかもしれません。
 
インタビューの失敗でよくあるのは、
相手の方がサービス精神たっぷりで、
一つ聞いたことについて、100くらい返してくるような人。
専門家だったり、年配の方に多いのですが、
相手をおもんぱかると、「10秒でまとめて言ってください」とは言えません。
こういうときは、質問事項を絞り込んだり、
いただいたお時間が20分しかないので、こういうことを聞きます、とか、
前もって時間の制限をそれとなく理解してもらったりするなどの工夫が必要になります。
 
職人さんや料理人の方など、
話すのが苦手な方もいますし、カメラがダメという人もいます。
そういうときは、相手がリラックスできる場所で話を聞いたり、
カメラが正面に来ないようにしたり、作業をしながら聞いたりするなど、
シチュエーションを変えていきます。
何度も同じ質問をすることもあります。
そういうときは、さっきも聞いたじゃないか!とならないよう、
質問する前に「さっきも聞いたんですけど、同じ質問ですみませが…」と断るなどのフォローが必要です。
 
「何を聞けば、どんな答えが返ってくるか」を想像することが、
何よりも大事なのです。
ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般