youtubeのCM広告の料金とその仕組み

ライズプランニング

youtubeの動画を再生する時にCM広告が流れる、というのは誰もが体験したことがあることだと思います。

 

最近はyoutuberというyoutubeに動画をアップして、そこにCM広告を挟むことによって

広告収入を得ている人たちもいるくらいで、

動画市場は今後も大きくなっていく一方でしょう。

 

ではyoutubeにCM広告を挟むのにはどれくらい料金がかかるものなのでしょうか。

 

そしてその広告効果にはいったいどんなものが考えられるのでしょうか。

 

広告代理店である弊社ライズアドバートが詳しく解説してみたいと思います。

 

youtubeのCM広告料金の仕組み

 

youtubeの広告料金は実は「何本放送するのにいくら」というようにテレビCMのような決まりごとがあるわけではありません。

 

また、最後まで再生されずにスキップされてしまったCM動画に関しては料金が発生しない、などの良心的な設計になっています。

 

一日にかける広告費用を自分で設定することによって、その料金を上限としてCM広告が動画に挟まれたり、

関連動画に表示されるようになりますが、

表示につき料金がかかるということではなく

完全に再生された回数で料金が決まってきます。

 

予算を決めてCM広告を出稿すれば、それ以上に料金がかかってくることはないですし

CMを流したいターゲット層をある程度絞り込むことができるので無駄打ちになってしまうCM広告も少ないといえます。

関連記事:新商品の販売促進のために動画を利用するメリット

 

youtubeのCM広告の種類

 

youtubeのCM広告には

  • インストリーム広告
  • ディスプレイ広告

の二通りの表示のされ方があります。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

①インストリーム広告

 

インストリーム広告は動画を再生しようとした時に動画再生前に流れるCM広告や

動画の再生途中で挟み込まれているCM広告をインストリーム広告と言います。

 

やり方にもよるのですが、基本的には視聴者がそのCM広告を途中でスキップさせて見なかった場合は広告料金はかからないような仕組みになっています。

 

②ディスプレイ広告

 

youtubeの検索結果や関連動画欄に「広告」という文字が入っているサムネイルが表示されていることがあると思います。

これがディスプレイ広告です。

 

別の動画を見ようとしている視聴者が能動的にその動画をクリックすることによって

CM広告が見られるようになっている、ということですね。

 

そのためインストリーム広告よりは離脱率が低い傾向のある広告です。

 

ちなみにインストリーム広告とディスプレイ広告は広告出稿をすれば自動的にどちらも表示されるようになりますので

インストリーム広告とディスプレイ広告で別々に料金がかかってくることはありません。

関連記事:Youtuberに学ぶ、伝わる動画の撮り方

 

youtubeでのCM広告出稿の流れ

 

youtubeのCM広告出稿は非常に簡単です。

 

流れとしては

  1. 出稿用のCM動画素材作成
  2.  youtubeにアップロード
  3. 動画編集欄から出稿
  4. 費用やターゲット層を選択
  5. Googleアドワーズに登録

という流れになります。

 

CM動画を表示させたいターゲット層をジャンルから選ぶことができるようになっています。

 

このターゲットの絞り込みによって、より興味関心の高いターゲット層への訴求が可能です。

 

ただ、テレビCMのように、その広告に興味がない人にもランダムで訴求することができる、という力にかけるため、

新規ターゲット層への訴求には適しません。

 

あくまで「すでに興味がある人」へ向けた訴求になります。

 

先述したように、CM広告がスキップされて見られなかった場合は広告料金が発生しませんから

費用対効果の高い広告と言えるでしょう。

関連記事:動画広告の料金システムや仕組みについて

 

広告料金の設定の仕方

 

youtubeのCM動画広告は1日の広告予算を自分で設定することが可能となっています。

 

広告予算の金額入力欄に金額を入力すると、どれくらい1日にその動画が再生される見込みがあるか、という推定再生回数が表示されるようになっていますので

それに合わせて料金を入力すると良いかと思います。

 

後から変更することも可能なので、最初は〜500円くらいで設定してみると良いでしょう。

関連記事:CM予算はどうやって決めるべきか

 

CM広告を出すなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですが、もともとテレビ番組制作会社として始まった経緯があり、

動画制作も併せて行うことができます。

 

動画広告が増えている今、動画制作会社もたくさんありますが、

弊社の場合はテレビ番組制作を現役で行っているスタッフがCM動画の制作を行わせていただきますので

よりブランディングを意識したプロによる動画制作が可能となっております。

 

まずはWEB上で公開する動画を制作し、

そこから広告費用をかけてyoutube広告、

そしてそこから反響があれば、CM枠の獲得を行い、テレビCMの放送を行うことも可能です。

 

ご予算に合わせた広告プランをご提案させていただきますので

下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:テレビCM用の動画を制作したら、どんな媒体で配信できるのか

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。