サイト運営会社
CM・広告の仕組み

YouTube広告の長さはどれくらいが適切?課金タイミングは?

YouTubeで動画広告を出したいという企業の方から「どれくらいの長さの動画が一番効果的ですか?」というようなご質問をいただくことがあります。

 

実はYouTubeの動画広告というのは動画の長さに制限が設けられていません。

 

YouTubeで広告を出稿する際はどれぐらいの長さで動画を制作するか、ということも考えなくてはいけません。

YouTubeの動画広告にはいくつか種類がありますので、どの広告を出稿するかによって長さを決めていくのがいいと思います。

 

動画広告の種類

 

YouTubeで動画の広告を出稿するときにどのような広告の種類があるのかということについて先にお話ししたいと思います。

 

動画の中で関連動画の部分に表示されたりYouTubeのプラットフォームないでキーワードを検索するのに連動して動画広告が表示される広告もあるのですが、

こういった広告はユーザーがクリックをすることによって課金される仕組みになっているので

動画の長さにはあまり関係がありません。

 

今回はYouTubeの動画広告の中でも動画本編の中で挿入されている動画広告の種類について紹介していきます。

 

TrueViewインストリーム広告

 

YouTubeの動画広告の中で一番皆さんが目にしてるであろう広告が、TrueViewインストリーム広告です。

 

これは動画を強制的に動画を5秒間見てもらうことができますが、それ以降はユーザーの意思で動画をスキップすることができる動画広告です。

 

長さが30秒以上の動画であれば30秒以上動画を見られない限り課金されることはありません。

 

つまり5秒以降、30秒未満でスキップされれば、課金されないので、動画にあまり興味を示してくれなかったユーザーには広告費をかけずに済むということです。

非常に費用対効果の高い広告だと言えるでしょう。

 

ちなみに動画が30秒未満の長さの動画である場合は、

動画を最後まで見切った時に課金されるようになっています。

関連記事:YouTubeで広告を出す6つのメリット

 

インストリーム広告

 

標準のインストリーム広告はTrueViewインストリーム広告と違い、スキップをすることができない動画広告です。

動画本編にたどり着くためには動画広告を必ず最後まで見なくてはいけません。

 

必ず動画を最後まで見てもらうことができるので、訴求効果は高いと言えるでしょう。

 

ただスキップをすることができない動画の場合は切符ができないということがわかった時点で離脱してしまうユーザーも増えます。

特に動画の長さが長ければ長いほど離脱するユーザーは増えてしまうでしょう。

 

スキップすることができない動画で30秒以上の長さがあるものはかなりユーザーにとっては長い広告だと感じられると思います。

 

スキップができない標準のインストリーム広告の場合は、あまり動画を長くしすぎないということが大事かもしれません。

関連記事:YouTubeの動画広告の種類について解説。

 

バンパー広告

 

バンパー広告と言って、本編動画の最初や途中に挟まれるスキップできない広告があります。

これは6秒の動画、と長さが決まっています。

 

スキップできない代わりに6秒の動画は必ず見てもらうことができる広告です。

 

6秒の動画であればスキップできなくても離脱するユーザーはそこまで多くなりりませんので、より多くの人に認知してほしい広告なのであれば、このバンパー広告もおすすめです。

 

ただバンパー広告の場合は、長さが6秒と決まっているので、広告で使う動画の長さは6秒のもので作っていかなくてはいけません。

関連記事:CM動画の制作、広告枠の獲得までをワンストップサービスで。

 

最初の5秒に賭ける

 

どのパターンの広告を使ったとしても最初の5秒が一番肝になってくるのではないかなと思います。

バンパー広告の場合は6秒ですね。

 

その短い時間の中できちんとユーザーの目に留まるような動画を作ることができれば、スキップもされないでしょうし

動画が多少長くても離脱をしないユーザーが増えてくると思います。

 

最初の5秒でユーザーの心をつかむことができるような動画制作の方法を考えておくと良いと思います。

関連記事:Youtuberに学ぶ、伝わる動画の撮り方

 

YouTubeの推奨は3分以内

 

ちなみにYouTube側が推奨している動画の長さは3分以内です。

 

動画の長さに制限はないと言っても、さすがに3分以上の動画になってくると動画を見てくれる人は減ってしまうと思います。

 

そもそもYouTubeでアップロードされている動画のほとんどが10分以内の動画で、YouTubeで動画を見ようと思っている人が短いコンテンツを求めているユーザーが多いんですね。

 

長すぎる動画広告はかえってうざいと思われてしまうでしょう。

 

むしろ長い尺の動画を制作したいのであれば、その一部分だけを広告に使い、

続きを公式サイトなどで公開するようにすればより良い広告を出すことができるのではないでしょうか。

 

弊社ライズアドバートはもともと番組制作会社として始まった経緯がありますので、広告の枠取りでなく動画制作も行っております。

ご興味がございましたら下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:YouTubeの広告収入の仕組みとは?出稿費用はどれくらい?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談