テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターとして就職する会社の選び方

テレビ業界に就職したい人の中で

就職活動の時期になって色々な会社を見ている時期の人、

転職などを検討している人は

「どのような基準で就職する会社を選んだらいいのか」ということがわからなくなる時があると思います。

 

テレビ業界に就職する時、特に制作の現場で未経験から仕事を始める場合はアシスタントディレクターとしてキャリアをスタートすることになると思いますが

テレビ業界だからテレビ局に就職すればいい、というような簡単なものではありません。

 

これからテレビ業界への就職を考えている人に、会社の選び方を紹介していきたいと思います。

 

就職先の選択肢は色々ある

 

テレビ業界に入ろうと思ったら、テレビ局以外にも

  • 番組制作会社
  • 派遣会社

という選択肢もあります。

それぞれ少し解説していきたいと思います。

 

テレビ局

 

テレビ業界への就職を考える時に、まず一番最初に思い浮かぶのはテレビ局だと思いますが

テレビ局に入ったからといって必ずしも制作の仕事ができる、というわけではありません。

 

テレビ局は一般職として就職することがほとんどですので、制作がやりたくて就職しても

制作の現場に配属されないことも多々あります。

 

また倍率も高く、とても狭き門になるでしょう。

関連記事:テレビ局の一般職ってどんな仕事をするの?

 

番組制作会社

 

実はほとんどの番組はテレビ局ではなく番組制作会社が制作しているのが現状です。

テレビ局で作られている番組というのはとても少ないんですよね。

 

なので制作の仕事を必ずしたい、というのであれば、番組制作会社に就職した方が良いでしょう。

制作会社であれば必ず制作の現場で働くことができます。

 

制作会社の場合はテレビ局ではなく番組制作会社の中で働くことになります。

関連記事:番組制作会社の仕事内容は?テレビ局とどう違うの?

 

派遣会社

 

もう一つ、派遣会社に就職する、という手もあります。

出向型の番組制作会社、とも言えますが、

弊社ライズプランニングもこのスタイルをとっています。

 

テレビ局に出向して番組制作を行う働き方ですが、所属は派遣会社の所属、ということになります。

派遣という形ではありますが、制作の現場で働く流れは変わらず、

アシスタントディレクターからキャリアをスタートして、ディレクターやプロデューサーと昇格していきます。

 

そこからさらにフリーランスに転向して、フリーのディレクターやプロデューサーとして活躍する人もいます。

 

制作会社と違うのは、働く場所がテレビ局の中、ということです。

関連記事:テレビ局の派遣ってどんな働き方?

 

番組ジャンルの決め方

 

就職する会社によって、どんな番組ジャンルで働くことになるのか、ということがある程度決まってくるでしょう。

 

制作会社にしても派遣にしても、「その会社が扱っている番組」にしかアシスタントディレクターとして入ることはできませんので

その会社がどのような番組を扱っているのか、ということは調べておく必要があります。

 

  • バラエティ番組に強い制作会社
  • ドラマに強い制作会社
  • 情報・報道に強い制作会社

など様々です。

 

やはり中でも

  • バラエティ番組
  • ドラマ

に行きたい、という人が多いのですが、

実はこの選択はおすすめできません。

 

というのも、バラエティ番組やドラマというのは、業界の中でもかなり過酷な現場が多いジャンルだからです。

 

もちろん現場によって仕事内容は変わるので、一概には言えないのですが

未経験が始めるのであれば、情報・報道番組でキャリアをスタートさせるのがおすすめです。

 

情報・報道番組では生番組もロケものも経験できますし

ある程度流れができている中で働くことができるので、他のジャンルと比べると融通が利きやすい部分があります。

 

きっとバラエティとかドラマの方がやってみたい気持ちが強い人は多いんだろうけど、

最初は情報・報道番組でテレビ業界の働き方を学んでから、バラエティ番組などの自分がやりたいジャンルの番組に転身する方が良いのではないかな、と思います。

 

最初からきつい現場に行ってしまうと、仕事の楽しさをうまく味わえないままに

辛くなって辞めてしまうことが多いので。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

会社の雰囲気は大事

 

就職活動中に面接に行く機会もあると思いますが

そういう時に会社がどういう雰囲気なのか、ということはしっかり見ておきましょう。

 

  • 建物の印象はどうか?
  • 面接してくれた人の雰囲気はどんなだったか?
  • その場所は通いやすい場所かどうか

就職すればその会社に毎日のように通うことになるわけですから、

仕事内容はもちろんですが、それ以外のことも自分に合うかどうか見ておいた方がいいです。

 

自分の気分的に通いたくなるような雰囲気の会社を選択することは大事なんですよね。

仕事内容は好きでも、会社のイメージや周りに人の雰囲気が苦手だと仕事は続かないものです。

 

もちろん面接だけではわからない部分も多くあるとは思いますが、ある程度自分の直感を大切にしても良いと思います。

関連記事:アシスタントディレクターの志望動機はどうやって書けばいい?

 

テレビ業界についても聞いてみよう

 

テレビ業界に就職したい、と思っていても

テレビ業界の情報はなかなか出てこないものですよね。

 

他の業界に比べると知らなことが多いと思います。

 

なので、面接の時に少し話が脱線するかもしれないけど、テレビ業界についてわからないことや聞いてみたいことを聞いてみるといいと思います。

 

たいていの場合は業界の知識を教えてくれると思いますし、

そういう時の話し方などから、その会社が合うかどうか判断してもいいでしょう。

 

どの会社でも「この質問は必ずする」という質問を決めておくのもいいかもしれません。

例えば「休みはどれくらいとれるんですか?」とかね。

みなさん知りたい部分でしょう。

 

きっと回答は会社によっても違うと思います。

 

ぜひ就職活動をする際に参考にしてみてくださいね。

関連記事:ADに休みはあるの?休日は何をしてるの?

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般