サイト運営会社
テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの中途採用情報!未経験でも大丈夫です。

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

アシスタントディレクターとして番組制作に携わってくださる方を募集しています。

 

中途採用でアシスタントディレクターになりたいという方も数多く応募してきてくださるのですが、

実際テレビ局の仕事というのは、やってみないとわからないことが多く、仕事内容がわからないままに応募をされる方も多いです。

 

そもそもテレビ制作の仕事というのは、どの現場に入るかによってもかなり仕事内容が変わってきます。

 

同じアシスタントディレクター仕事だとしても、担当する番組によって内容は大きく違うんですね。

 

今回は中途採用でアシスタントディレクターの仕事をしてみたいという方向けに、詳しくお話をしてみたいと思います。

 

アシスタントディレクターの採用事情

 

テレビ業界というのは一般的な会社に比べると人の入れ替わりが激しい業界だと言えると思います。

はっきり言ってしまうと、途中で仕事を辞めてしまう人がとても多いです。

 

それはきっと、テレビ業界に大きな憧れを持って入ってきてくれた人が多いからなのではないかな、と思います。

 

特に「テレビ番組制作をしたい」と言って業界で働こうとする人は、自分の好きなテレビ番組があって、
その番組制作に携わりたいと思って入ってくる人が多いです。

さらには、「こういう内容の番組制作をしたいんです」という具体的な目標を持って業界に入ってきてくれる人も多いんですね。

 

しかしアシスタントディレクターとして働き始めたばかりの頃は、

なかなか自分のアイデアを仕事に反映することはできません。

 

それよりもやはり最初はアシスタントディレクターとして番組制作のノウハウを覚えていくことが先決です。

 

スピード感のある現場の中で新しいことをどんどん覚えていかなくてはいけない環境の中にいると、

自分のやっている仕事に意味を見いだせなくなってしまう時が多々あると思います。

 

後から考えればその仕事がどういう風に映像制作に役立っていたのかということが分かる仕事でも、

やっぱり最初は訳が分からなくて、訳が分からないなりに仕事を覚えなくてはいけなくて辛くなってしまう時があるでしょう。

 

そうした時にテレビ業界に夢を持って入ってくれた人は、「思っていた世界と全然違う」と感じて、テレビ業界を辞めていってしまうのだと思います。

 

どうしてもアシスタントディレクターとして数年はキャリアを積まないと、自分のアイデアを仕事に反映していくのはなかなか難しいですからね。

 

なのでテレビ業界は非常に人の入れ替わりの激しい業界だと言える思います。

 

だからこそ「中途採用のチャンス」はかなりあります。

 

一般的には普通のの企業は仕事が4月スタートですが、テレビ業界の場合はそういった大きな目安があるわけではなく、

番組は常に流れ続けているので、新卒の場合でも、中途採用の場合でも、スタートにはあまり変わりがないと言えるでしょう。

そう考えると、転職しやすい業界でもありますかね。アシスタントディレクターに中途採用で入りたい、という人には転職市場は良好かと。

関連記事:テレビ局の中途採用を受ける時に注意したいこと

 

 

番組制作に携わったことがある方は中途採用されやすい傾向にあるとは思いますが

未経験でももちろん採用のチャンスがあります。

 

テレビ業界に入ってくる人はほとんどが未経験です。

 

アシスタントディレクターの仕事は特に現場によって仕事内容も変わるので、

入る現場ごとに仕事を覚えていかなくてはいけません。

 

なので未経験であることはあまりハンデにはならないと思います。

 

ただ、覚えることはたくさんあると思ってください。

せわしなく動いている番組制作の現場で、どれだけ周りの人に食らいついていくことができるかというのが勝負になってきます。

 

一般的なコミュニケーション能力があれば問題ないと思います。

関連記事:テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

 

担当する番組ジャンルについて

 

担当する番組ジャンルですが、

テレビ業界ではなかなか自分が担当する番組ジャンルを選ぶことはできません。

 

もしバラエティの番組をやりたいのとか音楽番組をやりたいという確固たる意志があるのであれば、

そういったジャンルを専門に制作している番組制作会社に就職する方が良いでしょう。

 

弊社の場合は主に、情報・報道番組をメインに出向していただいてます。

 

これは情報・報道番組が番組制作の基本だと思っていて、

そこである程度キャリアを積んでから、他のジャンルの番組に行ってもいいのではないかなと思っているからです。

 

キャリアがないまま音楽番組やバラエティ番組、ドラマなどの現場に行ってしまうとかなりきつい思いをすると思います。

 

弊社は出向型の番組制作会社ですので、実際に働いていただく現場はテレビ局の中になります。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

求人情報

 

現在弊社ライズプランニングではテレビ局内で番組制作に携わってくださる

アシスタントディレクター

の方を募集しています。

 

中途採用も行っております。

 

未経験の方でも実際に現場に出ていただくまでに、現役のディレクターと交流を持っていただき、しっかりと研修をさせていただいておりますのでご安心ください。

アシスタントディレクターに中途採用で入りたい、という人はいらっしゃるかと思いますが、

同じ数だけ「入りたいけど、よくわからないから怖い」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そういった方向けにご説明等も致しますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

番組制作の仕事にご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

関連記事:テレビの仕事、新人研修は一般的な会社とどう違う?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般