サイト運営会社
テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの仕事のやりがいはどこに感じる?

adの仕事のやりがい

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

主に情報・報道番組を中心に、番組制作に携わっていただいており、未経験の方の場合はアシスタントディレクターからスタートしていただいて

ゆくゆくはディレクターやプロデューサーといったお仕事をしていただいています。

 

アシスタントディレクターからディレクタープロデューサーになるまでというのは、修行期間のようなものですが

そこに明確なボーダーがあるわけではありません。

 

ディレクターもプロデューサーも資格が必要な仕事ではありませんから、何かに合格したらディレクターやプロデューサーになることができるというわけではないんですね。

 

早い人だと2年ほどでディレクターになる人もいます。

逆に長くアシスタントディレクターをやられている方もいますが、ではそのアシスタントディレクターの仕事のやりがいとは何なのでしょうか?

 

オンエアされた時

 

アシスタントディレクターは番組制作に携わる一員なので、自分が携わっている番組が無事オンエアされると
そこで達成感というか、やりがいを感じる人が多いです。

 

制作の現場に携わっていると、どのような段取りでその番組が作られているのか、

小道具ひとつとっても、「あれは自分が用意した小道具なんだ」みたいなことがわかるわけですね。

 

そういったことを把握しながら見るテレビ番組というのは、また違った視点で見られるものです。

 

全国放送の番組であれば、自分が制作に携わった番組が、日本中で見られているということになります。

 

なかなかここまでの規模の仕事ができる職場というのも少ないですから

そういった意味でやりがいを感じやすい仕事なのではないかなと思います。

関連記事:テレビADがディレクターになるのに求められるもの

 

オンエアに反響があった時

 

オンエアを実際に見てくれた人から、何かしらの反響があった時、アシスタントディレクターはやりがいを感じるものです。

 

制作スタッフとしてエンディングのクレジットに名前が表記されることもありますから、それを楽しみにしてくれている友達や家族などもいます。

 

やはり自分の名前がテレビに出ると嬉しいものですよね。

関連記事:テレビ局で仕事をしていて楽しいと感じる事

 

出演者とコミュニケーションがとれた時

 

アシスタントディレクターは出演者が快適に仕事に臨めるように、色々な所に気配りをするのも仕事のうちです。

 

楽屋を整えたり、お弁当を手配したり、台本を配ったり、と様々な仕事がアシスタントディレクターの仕事になりますが

こうした日々の仕事が出演者にも届くことがあります。

 

出演者の方から直接お礼を言ってもらえたりすることもあるもので

やはりいつもテレビの中で見ている人だった人が、一緒にお仕事をする人になり、その人とコミュニケーションを取れるようになるというのは、嬉しいことですよね。

 

何よりも、人のためを思って仕事をしているわけで、感謝をしてもらえるとやりがいを感じられるのはどの仕事も同じだと思います。

 

やはりアシスタントディレクターになりたいと思ったきっかけとして、「芸能人に会いたかった」という理由の人もいますから

出演者の方から直接声をかけてもらえると嬉しいと思います。

関連記事:テレビのADは芸能人とどれくらい関わるの?

 

自分のアイデアが制作に反映された時

 

アシスタントディレクターとはいえ、忙しい現場ではちゃんと企画を考える一員として扱われることがあります。

 

言われたことだけを仕事としてやるのではなく、自分で考えてアイデアを出すということも大切な仕事なんです。

 

将来的にディレクターやプロデューサーになりたいのであれば、アイデアをたくさん出せる人になっていかなくてはいけません。

 

そして他の人もたくさんアイデアを出している中で自分のアイデアが採用され、番組制作に反映されるとやはり嬉しいものです。

そこにやりがいを感じている人は多いですね。

関連記事:ADでも仕事の企画が通ることがある

 

視聴率が良かった時

 

番組は何と言っても視聴率が命です。

 

というのも視聴率が高い番組というのはそれだけ宣伝効果が高い番組と言う意味になります。

つまり視聴率が高い番組ほどスポンサーがつきやすくなるんですね。

 

スポンサーがつきやすい番組ほど、番組制作の予算も潤沢に確保することができますから、

番組制作によりお金を使って色々なことができるようになります。

 

逆に視聴率が悪いと、スポンサーが離れてしまうし、そこで宣伝をしているスポーツには顔向けが出来なくなってしまいますよね。

 

テレビ番組制作はとにかく視聴率を獲得するということが一番の目標なのです。

 

自分の携わった番組が視聴率が高く、それが周りで評価されるとやはりやりがいを感じることができるものです。

関連記事:テレビのビジネスモデルとは?無料で見られるのにどうやって稼いでるの?

 

アシスタントディレクターになるなら

 

弊社ライズプランニングでは実際に番組制作に携わってくださる

の方を募集しています。

 

テレビ局の中で番組制作に携わっていただくお仕事です。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

関連記事:テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般