テレビ業界の裏話

番組制作会社に就職するなら好きな番組から選んだ方がいい

テレビ業界に興味がある方は、テレビ局もしくは番組制作会社への就職を考えていると思います。

番組制作会社に就職をするときは、是非普段自分が見ていて「好きだ」と感じる番組から選んで欲しいと思っています。

番組制作会社の立場で、今回は就活時の番組制作会社の選び方について、お話していきます。

テレビ局と番組制作会社の違い

番組制作をやりたいと思っている方は、番組制作会社と一緒にテレビ局を受けている人も多いです。

実際弊社ライズプランニングに面接に来てくださる方もテレビ局も一緒に並行して受けているという方が少なくありません。

ではテレビ局と番組制作会社はどう違うのかというと、テレビ局は番組を制作することだけが仕事ではないというところが大きな違いだと思います。

実はテレビ局の中で番組制作の現場に携わることができる人というのは全体の約2割程度しかいません。

ほとんどの方が営業だったりイベントの企画だったり編成デスクだったり経理だったり、番組制作とは全く違うところで働いているのです。

就活をする時に番組制作を希望していても、いざ入社してみたら全く違う部署になってしまったということもよくあります。

またジョブローテーション的な考え方もあり、番組制作を担当することができても別の部署に転属になってしまうということも多いです。

これは本当に多くて、テレビ局内ではよく人事異動がある印象ですね。

お給料面ではやはり番組制作会社よりテレビ局の方が待遇は良いですが、絶対に番組制作会社の仕事をしたいという方は番組制作会社に就職した方が良いと思います。

関連記事:テレビ局にはどんな部署があるの?

好きな番組を制作している番組制作会社を見てみよう

番組制作会社の面接を受けようと思っても制作会社は本当にたくさんありますから、どのように会社を選んだら良いのかわからない人も多いと思います。

そういう時はまず好きな番組の制作をしている番組制作会社を調べます。

番組の最後の方に流れてくるクレジットに表記がある場合もありますし、「番組名 制作会社」で調べればインターネットでもすぐに検索することができるでしょう。

テレビ番組といってもいろいろな種類の番組があります。

番組制作をやりたいという人のほとんどが自分が好きな番組の番組制作をイメージして考えていると思うんですね。

なのでなるべく好きな番組や、それに近い番組の制作に携われた方がモチベーションも上がると思います。

本当に番組には色々な種類があるので、自分がイメージしていた番組とは違う種類の番組に入ってしまうと、「こういうことをやりたかったわけじゃないんだけどなぁ」というギャップが生まれやすくなってしまうんですよね。

番組制作会社はいくつもの番組を並行して制作していることがあります。

自分の好きな番組を作っている番組制作会社の事を調べてみたら別の番組も制作していてその番組も好きだった!というパターンも少なくありません。

やはり番組制作会社にも傾向があって、作り方が似ている番組を作っているところが多いのです。

だからこそ好きな番組をどの番組制作会社が作っているのかということを調べて、その番組制作会社を受けるということが大切なのです。

どの番組をどの番組制作会社が作っているのかということをある程度把握することができるようになりますので、就活をするときにも予備知識が入って良いかと思います。

関連記事:番組制作会社への就活、自己PRに企画を考えよう

いくつかの番組制作会社を受けてみよう

ひとつの番組をひとつの番組制作会社が担当しているということは少ないです。

実は一つの番組にも複数の番組制作会社が関わっているということはよくあることなんですね。

そのため好きな番組の制作をしている番組制作会社を調べると複数の番組制作会社はヒットするということもあると思います。

その中からピックアップしていくつかの番組制作会社を受けてみると良いでしょう。

似ている番組制作会社だとなかなか関わりがないと中の様子は分からないですが、実際に面接を受けに行って、その会社の人とお話をしてみると自分と合うかどうかということがある程度わかるのではないかと思います。

実際に制作会社に足を運んでみて、自分と空気感が合うか、確かめてみるということは大切なことです。

言語化できなくても構いませんので直感で自分と合うかを感じるために複数の会社を受けてみるというのが良いと思います。

関連記事:番組制作会社の会社説明会、どんなところを見ればいい?

好きな番組から番組制作会社を選ぶと良い理由

同じ番組制作会社でも作っている番組は違えば雰囲気や仕事の内容も大きく変わります。

例えば生放送の番組を扱っているのかそれとも完パケ番組(収録をして編集が必要な番組)を扱っているのかでもかなり違います。

弊社ライズプランニングの場合は情報・報道番組が多いため、基本的には生放送の番組が多いのですが、生放送の現場から完パケの現場に行くと本当に内容が違ってそのギャップに驚く方が多いです。

段取りやスケジュール感も大きく変わるのでやはり好きな番組から選んでいくということは大切なのではないかと思います。

ただどうしても絞りきれないという場合は最初は情報・報道番組を経験するのがおすすめです。

というのも生放送の番組だとスケジュールが見えやすく休みが取りやすいというのもありますし、情報番組の場合はゲストとしてアーティストの方や俳優の方が来てくれたり、お笑い芸人さんがきてくれたり、政治界の方文化人の方など色々な方面とお仕事を一緒にすることができるというのがあって、経験を積むのにはとても良い場になっていると感じます。

ある程度経験を積んでから番組の移動などもできますので最初はとにかく経験をするということを大切にしてみてください。

関連記事:生放送と収録の違いをインタビューしてみた

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般