CM・広告の仕組み

BtoBサービスを行う企業がテレビCMをするメリットと戦略

企業がテレビCMをやる場合は一般的な消費者に向けたBtoCのサービス以外に、

大企業に向けたBtoBのサービスを紹介する場合もあります。

 

今回はこのBtoBのサービスのテレビCMをするのはどのようなメリットがあってどんな戦略を立てればいいのかということについて、広告代理店であるライズアドバートが解説していきたいと思います。

 

テレビCMをするメリット

 

企業認知度が高まる

 

まずテレビCMを放送することによって企業の認知度が高まるというメリットがあります。

テレビCMの最後に企業の名前を入れるなどすれば、企業の名前が徐々に浸透していくでしょう。

 

例えば営業する時も、全く聞いたことがない会社名よりも「どこかで聞いたことがある企業名だな」と思ってもらった方が成果に繋がりやすくなると思います。

 

テレビCMはマス広告なので、広く多くの人に認知を広めることができるという意味で強い広告だと言えるでしょう。

 

企業や商品の信頼度が高まる

 

テレビCMをすることによって企業や商品の信頼度が高まるというメリットもあります。

テレビCMというのは誰もが放送できるものではありません。

 

CMを放送するにあたってはテレビ局の考査という審査のようなものを通過する必要があります。

この考査は

の二つがあり、前者の表現考査では紹介する商品自体が怪しいものではないか、ユーザーにとって誤解を与えるような表現が使われていないかなどが審査されます。

 

また後者の業態考査では、企業自体が審査されます。

登記簿謄本や場合によっては決算書などを提出する必要があり、きちんとした業態の企業しかテレビCM放送することはできません。

 

つまりテレビでCMをする、ということだけでも信頼度を上げることができるのです。

テレビCMを実際に目にしていない人でも、例えば企業の公式サイトを訪れて

そこに「テレビCM放送中!」という文言があれば、「テレビCMを放送することができる企業なんだ」と思ってもらうことができるでしょう。

 

特に企業に使ってもらうための商品やサービスならば信頼を獲得することはとても大切なことです。

 

決裁権を持った人にアプローチできる

 

テレビCMは広く多くの人に届けることができるため、企業の中で決裁権を持っているような偉い人にも見てもらえる可能性があります。

 

営業をかけるだけでは届かなかったような人にも見てもらえる可能性があるのがテレビCMのメリットだと言えるでしょう。

関連記事:企業がテレビCMをする理由

 

BtoBサービスのテレビCMをする時の戦略

 

対企業でテレビCMを放送する場合はどのようなプランニングをすればいいのでしょうか?

 

時間帯を絞る

 

スポットでテレビCMをする場合は一番コスパよく放送するなら「全日(ぜんじつ)」と言って、全ての時間帯にランダムにテレビCMを放送する方法がおすすめです。

これが基本となっていて、そこから時間帯指定をし、その時間の幅を狭めていくほど料金が上がるような形になっています。

 

やはり視聴率が良い時間帯にみんなテレビCMを流したいですからね。

 

とはいえBtoBの商材の場合は、視聴者層に主婦が多いような時間帯にCMを放送してもあまり意味がないので、

普段会社で働いている人が家にいる時間帯に放送したほうが良いでしょう。

 

その場合におすすめなのがコの字、という時間の取り方です。

コの時は平日の朝・夜の時間帯と土日全ての時間帯を合わせた時間帯で、図にすると下記のようなイメージになります。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日

このイメージからコの時、と呼ばれている時間帯なんですね。

この時間帯であれば会社で働いている人も在宅していることが多い時間帯なので

より効率よくテレビCMを放送することができると思います。

関連記事:スポットCMの放送時間帯、逆L、コの字、ヨの字、の比較

 

エリアを絞る

 

対象となるエリアで厚めにテレビCMを放送することによって、そのエリアでの知名度を急速に上げることができます。

特に企業向けの商材なのであれば、やはり都心部を中心にエリアを絞ってテレビCMを放送したほうが効率的だと言えるでしょう。

 

  • 関東
  • 関西
  • 中京

などの大都市部は広域圏エリアになりますので、こういった人口が集中していて、電波域も広い場所で放送するのがおすすめです。

関連記事:東京でテレビCMを放送したい!出稿の流れを広告代理店が解説

 

ウェブ広告との併用

 

テレビCMを放送するのと同時にウェブ広告を利用し、並行して広告を打っていくのもBtoB商材の場合おすすめしたい方法です。

今はテレビCMを見て「いいかも」と思ってもらえた商材は必ずインターネットで検索し検討されます。

検索してもらえた時にしっかりサイトが出てくることはもちろん、リスティング広告や追尾広告などを行うことで成果を伸ばしやすくなるでしょう。

 

権利的なものをフリーにしておけば、テレビCMをウェブ上で流すこともできます。

関連記事:テレビCM制作と一緒にウェブCM用も制作!賢く素材を作っておく方法

 

テレビCMについてのご相談はお気軽にライズアドバートまでお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談