サイト運営会社
CM・広告の仕組み

代理店にCM枠取りのみを依頼するときはどうしたらいい?

今回はCMの枠取りのみをする場合についてです。

 

弊社ライズアドバートではテレビを中心とした広告代理店事業を行っているのですが

テレビの電波の枠取りの依頼というのは、CMをしたい企業からの依頼だけではありません。

 

他の広告代理店から依頼が来ることもあります。

同業他社ということですね。

 

広告というのは手段が多く、実はそれぞれ得意分野がある広告代理店が多いため、

テレビは取り扱っていないという広告代理店もあります。

 

そんな時はテレビを扱っている弊社のような代理店に依頼がくるわけです。

 

そのため、実は一つの企業に複数の広告代理店が絡んでいるということは比較的よくあることだと思います。

 

またコンサルティング会社や、プランナー会社が関わっていて、依頼がくることもありますね。

 

あるいは、すでにCMをやったことがあるので、CMを放送するための素材は手持ちのものがあるから、電波の枠取りだけをお願いしたいと、企業から依頼が来ることもあります。

 

今回はCMの枠取りだけをするのはどんな場合なのか

どのように頼むのがいいのかについて書いてみたいと思います。

 

すでにCMの素材がある企業の場合

 

これは、以前どこかのテレビ局ですでにCMをやったことがある企業のケースです。

以前やっているためCM素材はある、というケースですね。

 

素材というのはCMのことで、通常テープです。

すでにCM素材がある場合は、CMの制作という工程が必要無いのであとは

CMの枠取りのみをすればCMを流すことができます。

 

どこの地域にCMを流したいかを決めて

その地域のどのテレビ局の電波を使って枠取りをしてCMを流すか

あとは開始時期や予算を決めれば大丈夫です。

 

比較的簡単で、CM制作という工程が無い分、やると決まってからオンエアまでの期間が短くすみます。

 

どのテレビ局にするか、どのように枠取りをするかは代理店と相談すると良いと思います。

 

この時気をつけなければいけないのは、素材の著作権です。

 

素材があるといっても、以前に作ったものの場合、著作権が切れていることがあるからです。

 

タレントはもちろんのこと、ナレーターや、画像、映像など

CM素材の使われているものに著作権がある場合は、その期限が過ぎていないかの確認が必要です。

 

もし過ぎている場合は、著作権の更新が可能か確認する必要があり、

それができなければ再度CM制作をすることになりますから前もってチェックが必要です。

 

また以前CMをやったことがあっても、利用するテレビ局が変われば、局ごとに考査が入りますから

業態考査、素材考査は必要になります。

 

それらも基本的に広告代理店がやってくれます。

 

いずれにしても素材がある場合は、CMの枠取りのみうまくできればCMを流すことができます。

素材があれば枠取りのみすればいいので、地域をいろいろ変えてやってみるのも良いと思います。

関連記事:CMをするときの放映地域の決め方

 

他の広告代理店からの依頼

 

CMの枠取りのみを頼まれるケースは、

同業の他の広告代理店からの依頼というケースがあります。

 

他の代理店から「クライアントがテレビCMをやってみたいと言っているので

CMの枠取りのみをお願いしたい」と依頼がくるケースです。

 

クライアント企業というのはいろんな広告手段を使ってみたくなるものだと思います。

 

そのため、いろいろな広告手段をやってみたけどテレビCMってどうなんだろうと思うわけですね。

 

そこで日頃からお付き合いのある広告代理店にテレビをやってみたいと頼んだものの、テレビを扱っていない広告代理店もあるわけです。

 

そんな時は頼まれた代理店から、テレビの部分だけ、つまりCMの枠取りのみをお願いしたいと

テレビを主にやっている弊社のような代理店に依頼がくるわけですね。

 

このような場合は、テレビCMは初めてというケースがほとんどなので

CM制作も一緒に請け負う場合が多いのですが、

制作は自分で探して作ってもらうという企業もあります。

 

どちらでも大丈夫です。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

プランナーからの依頼

 

プランナーと呼ばれる職業がありますが、

その中でも、広告プランナーと呼ばれる会社からの依頼でテレビCMの枠取りのみをするというケースあります。

 

広告プランナーと呼ばれる会社は、どうやったら商品の認知度を高めることができるのか

どうやったら商品が売れるのかなどの広告方法を

様々な方法で検討してくれる会社です。

 

インターネット広告や紙媒体、電車広告の他、イベントを催すこともあるでしょう。

 

その一環としてテレビを使った広告もあるんですね。

よくあるのはテレビに取り上げられるためのお手伝いをするというものです。

 

プランナーの仕事は幅が広いわけです。

 

そのため、テレビCMはその中のごく一部の手段なので、

CMをやりたいというクライアントに対しては、CMの部分だけは弊社のようなテレビの代理店に依頼してくるのだと思います。

関連記事:企業がテレビCMをする時、放送時期はいつがいい?

 

コンサルタントからの依頼

 

企業のコンサルタントからテレビCM枠取りのみの依頼が来るケースもあります。

 

企業の中には外部のコンサルタント会社にコンサルティングを依頼しているところもあると思います。

 

何をコンサルティングしてもらうかは様々ですが、

売り上げを伸ばすためにどうしたら良いか、どんな広告をするかなどを一緒に検討するコンサルタントもいますから、

その意味では上にあげた広告プランナーと似た部分もあります。

 

プランナーとの違いは、コンサルタントの場合は、社員教育をどうしたら良いかをはじめ、経営の根本的な問題解決など

会社の全てに渡ってコンサルティングする場合もあるので、

広告プランナーより幅広く会社をサポートしているところだと思います。

 

売り上げアップのためのコンサルタントがいる場合は、テレビCMをやってみようということもあるので

コンサルタント会社からCM枠取りのみの依頼が来ることがあるわけです。

 

コンサルタント会社の場合は、CMの効果、検証までサポートしながらやっているところが多く、CMの出し方やどれくらいの予算をかけるかなど、

会社の内部的な要素を踏まえて、一緒に考えているケースが見受けられます

 

コンサルタント会社と企業の関係はそれぞれなので、一概に言えませんが、

結果を出さなければいけないので、かなりCMの効果測定と検証に力を入れているのは感じられますね。

 

CMの枠取りのみテレビの代理店に依頼する場合には、できれば

どの地域でCMをしたいのか、大体の予算感、ターゲット層、時期

などをある程度決めて依頼していただくのが良いのですが、

テレビの仕組みはなかなか外からはわかりづらい部分もありますし、地域によって予算がかなり異なります。

 

まずはトライアルと思って、少なめの金額で、場所も首都圏など人口が多いところは外してはじめてみるというのもありですね。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談