サイト運営会社
CM・広告の仕組み

広告を考える上で重要な「F1層」とは?

広告ターゲティングで必要なF1層の考え方

広告を考える上で、広告のターゲットを詳細に設定していくことはとても大切なことです。

 

ターゲット層の設定が曖昧だと

広告媒体を考えるのにも苦労しますし、

本当はもっと伸ばすことができる売上を効果的に伸ばすことができない、なんていうこともあります。

 

そしてこの広告のターゲットを考える上でよく聞かれる言葉が『F1層(えふわんそう)』という言葉です。

 

広告のターゲットの考え方とともに、

今回はこの『F1層(えふわんそう)』についてお話してみたいと思います。

 

F1層とは

 

もともと広告、放送業界用語だったのが「F1層」という言葉です。

 

この言葉は「20歳〜34歳の女性」のことを指します。

「F」というのは「Female(女性)」の頭文字ですね。

 

ちなみにF1層に続いて

  • F2層:35歳~49歳の女性
  • F3層:50歳以上の女性

です。

 

さらに、男性の場合は「Male(男性)」の頭文字をとって

  • M1層:20歳〜34歳の男性
  • M2層:35歳〜49歳の男性
  • M3層:50歳以上の男性

を指します。

 

さらに4歳〜12歳の男女はC層、13~19歳の男女はT層と呼ばれています。

 

これらはターゲット層を考える時に使われる世代区別の用語なんですね。

関連記事:売れるCMを作るためにはターゲットの設定が重要

 

F1層の特徴

 

F1層は20歳〜34歳の女性のことを指しますが、

広告業界において、このF1層への広告アピールは商品の売上を伸ばすのにとても重要だ、と考えられてきました。

 

なぜならF1層というのはトレンドにも敏感で、上昇志向が強く、

自分磨きのための出費を厭わない層だ、と言われていたからです。

 

しかしこれは近年では少しずつ変わりつつあり、この考え方を疑問視する声も上がってきています。

 

今の若い世代は、年金問題や将来への不安から、出費よりも貯蓄をする傾向が強く、

どちらかというと若い世代よりも高齢者層の方がお金を使う傾向にある、という話もあるんですね。

 

もちろん扱う商材やサービスによっても大きく違ってくると思いますので

どういうターゲット層に向けた広告なのか、ということをしっかりと明確にしていくことが大切だと思います。

 

ただ、F1層がインターネットに対して関心が強く、

商品などを購入する際に、ネット上の口コミサイトなどで情報収集をして、消費活動の参考にしていることは間違いないでしょう。

 

また、どの年代においても、SNSの利用比率は女性の方が多い、ということがわかっています。

 

こういった結果より、

市場は女性の購買意欲に左右されやすい、ということがわかるでしょう。

関連記事:女性向けの宣伝広告を出す時に注意したいこと

 

ターゲットとして重要なF1層、T層

 

広告を出稿する時に、ターゲット層があまり詳細に設定できない、ということがあると思います。

 

全年齢対象のものだし、

できれば老若男女関わらず、流行ってほしいと思う商材というのは多いと思うんですね。

 

そういった時にやはり一番意識しなくてはいけないのはF1層とT層だと思います。

 

これらの層というのは流行に敏感ですし、

何よりインターネット上での拡散力を持っているんですね。

 

特にT層の女性はSNSにおいて一番影響力があるとも言われています。

そもそもT層の女性はSNSの利用率が全年齢において一番多いんですね。

 

実は男性よりも女性の方がSNSを利用している率が高いのです。

だからこそ、広告を出稿する際に意識しなくてはいけないのがF1層、さらにT層の女性なわけです。

 

今はYouTubeに動画を投稿して広告収入を得るYouTuberという仕事がありますが、

YouTuberに関しても狙っている対象は「小学生・中学生の女性」という人が結構います。

 

というのも、YouTubeを今もっとも見ている層というのは小・中学生なんですね。

 

さらに小・中学生の場合はお小遣いをもらっていて、そこから商品を購入する、ということもあります。

 

単価は高くないものの、

そういった消費行動を促すような動画作りをしているYouTuberもいるのです。

 

こういった今のインターネット世代の消費行動の動きから、

広告のターゲットが決まっていない場合は、F1層やT層をターゲットとして見据えて広告を出稿すると良いと思われます。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

広告を出すなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店です。

広告を出稿したい、という皆様のブランディングやご予算に合わせて、広告プランのご提案をさせていただいております。

 

商材によってターゲットも変わりますし、

それによって、選ぶべき広告媒体や、やり方も変わってきます。

 

例えばF1層やT層をターゲットにするならメディアミックスを考える時にインターネットでの広告を行うのは必須ですが、

中高年層向けの商品なのであればインターネットよりもテレビや雑誌といった媒体の方が向いています。

 

そういったところもご提案させていただきつつ、広告出稿をデザインさせていただきます。

 

ご予算段階からのご相談でも構いませんので

下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談