CM・広告の仕組み

公共事業関連のテレビCMをする時の戦略

弊社ライズアドバートはテレビCMを中心とする広告代理店です。

今回は公共事業に関する広告を出す時に、どのような戦略を立てたらいいのか、ということについて解説したいと思います。

 

広告媒体はテレビがおすすめな理由

 

公共事業系のCMでテレビCMがおすすめな理由として挙げられるのが、やはり多くの人にとってテレビメディアというものがとても信頼性の高い媒体であるということです。

動画素材があればインターネットで広告動画を流すことも可能なのですが、インターネットの広告をというのは誰でも出稿することができてしまいます。

それに対してテレビの場合はそうもいきません。

テレビでCMを放送する場合は必ず考査という審査のようなものを通過する必要があります。

考査は

の2種類があり、前者ではきちんとした企業であるかどうかということが調べられます。

会社の謄本などが必要になり、場合によっては決算を見られることもあります。

 

後者の表現考査では、CM素材の内容が視聴者に誤解を与えるような表現になっていないかというようなことを調べられます。

誤解を与えるような表現が使われている場合は表現の修正などを行ってもう一度考査にかけます。

 

このようにテレビCMを放送する場合は必ず審査があって、誰もが簡単に放送することができるというわけではないのです。

もちろんお金があっても個人でテレビCMを放送することはできません。

信頼性の高いメディアだからこそ公共事業系のCMをする時はテレビという媒体がおすすめなのです。

関連記事:テレビCMを放送するメリットとデメリットを広告代理店が解説

 

CMはクリーンなイメージで

 

CMの内容自体は清潔感がありクリーンなイメージが伝わるような内容にすると良いでしょう。

会社の認知度をあげたりCMでインパクトを残すためには、印象に残りやすい派手なCMにした方が良いかもしれません。

しかし公共事業系のCMの場合はこのようなやり方は向かないと思います。

 

派手なことをするよりも映像をきれいにとってストーリー性のあるものに仕上げたり、視聴者の心を動かすようなメッセージ性のある動画にすると良いでしょう。

関連記事:CM制作の基本知識!流れや費用などについて紹介

 

社員が出演するのがおすすめ

 

テレビCMを制作する場合は社員や社長さんが出演するかタレントを起用して出演してもらうかのどちらかを選ぶことになると思いますが

公共事業系のテレビCMの場合はナチュラルな映像が求められる場合が多いと思いますので、あまり有名なタレントを起用するのはおすすめできません。

それよりも社員さんに出演してもらって、なんとなく仕事のイメージがつきやすいような内容にしたほうが印象よく伝わりやすいかと思います。

 

タレントを起用する場合は映像に使用期限がついてしまったり、権利的なものが煩雑になってしまう場合もあるので、そういった意味でも社員さんに出演してもらうと素材がのちのち使いやすくなるのではないかと思います。

 

せっかく動画素材を作るのであれば、テレビCMで放送するだけでなく、公式ホームページなどで配信などもできるようにしたいですからね。

関連記事:テレビCMとネット動画CM、その違いは?どちらを選べばいい?

 

長尺を制作しておくと使いやすい

 

CM制作をするときはCMで放送する尺以外の長尺バージョンも制作しておくのがおすすめです。

ほとんどの場合テレビCMを放送するなら15秒か30秒になるかと思うので、15秒と30秒のものを制作することになると思いますが、

例えば60秒尺のものや90秒尺のものを作っておけば、それをホームページで配信することができます。

 

CMを見て興味を持ってくれた人が公式サイトに訪れた時に60秒尺や90秒尺の動画を見てくれるかもしれません。

 

特に内容が伝わり難いものだったり、じっくり説明したいことがあるようなものであれば、こういった長尺の動画を作っておくと、より内容を詳細に伝えることができるでしょう。

テキストや画像に比べて動画というのは非常に情報量が多いコンテンツになりますので、商品だったり仕事の仕組みなどを詳しく伝えるのには向いているのです。

雰囲気や気持ちは伝わりやすいでしょう。

関連記事:CM制作の金額を一番安くする方法と用意するもの

 

ホームページも大切

 

テレビCMを放送する時に見落としがちなのですが、ホームページをしっかり作るということも大切です。

最近はテレビで気になったものは一度インターネットで調べてから詳細を把握し、その後消費行動にうつる、というのが視聴者の当たり前になっています。

 

例えばテレビCMで企業名やサービス名、商品名を大々的に打ち出しているのに、その単語で調べても検索で一番上に出てこないようになっていたら意味がありません。

しかしこれは盲点となっている企業様も多く、似た名前の企業名が他にあったり、商品名がありふれたもので別の商品が検索で出てきてしまうということもよくあることです。

 

そういった場合は、キーワードを指定してそのキーワードを含む検索結果の上位にサイトを表示させることができるリスティング広告などをテレビCMの放送と同時に行う必要があります。

テレビCMを見て興味を持ってくれた視聴者がどのような行動をするのかということを常に考えて広告を作っていかなくてはいけません。

こういったことは広告代理店の担当者と相談しながら決めていくと良いと思います。

関連記事:テレビCM放送中にできるネットの戦略

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談