サイト運営会社
テレビ業界の裏話

MBS(毎日放送)へ転職するにはどうしたらいいのか?

毎日放送は、本社が大阪にあります。

系列はTBS系列。

 

大阪のテレビ局は、東京のキー局に次いで、大きいため準キー局とも呼ばれます。

 

テレビ局の中には、ラジオ部門も会社内に一緒にある放送局と、別れて別会社になっている局がありますが、

MBS(毎日放送)については、社内にテレビ部門とラジオ部門があります。

 

転職の方法について

 

MBS(毎日放送)も転職を募集する時がありますが、

その年により、辞める人の数と時期に左右されますから、必ずあるとは限りません。

 

また、新卒採用の時と同様、募集があっても狭き門となる可能性が高いので、それなりの準備は必要でしょう。

 

他の人と違う何かを身に付けていなければ、転職はなかなかに難しいものです。

 

ある人は、数年東京の制作会社でアシスタントディレクターとして、働いており、地元の大阪に戻って、転職先を探していて、

運よくテレビ局に、入ることができたというケースがありました。

 

その人の場合は、制作会社で働いていたということが、強みになったようです。

関連記事:テレビ業界への就職の仕方、転職しやすい時期

 

転職の際、有利な人材とは

 

新卒の場合は、入社する全員が、テレビについて経験が無いことが前提なので、足並みそろえて、研修をやってくれます。

テレビ局の仕事は、番組制作だけでは無く、

  • 報道
  • 総務
  • 営業

など、一般企業と同様様々な仕事がありますから、配属後の場所でもまた、先輩に教えてもらうことになります。

 

ところが、転職の場合は、足並みがそろいませんので、少しでも即戦力があることが求められると思います。

 

特に制作部門で人が足りないような場合は、少しでも制作に携わっていると、転職の選抜で有利になることは間違いないでしょう。

 

さて、そこでMBS(毎日放送)のような準キー局の場合

どんな人が応募するか、についてですが

  • MBS(毎日放送)などの、大阪のテレビ局以外で、働いていた人
  • 制作会社で番組制作をしていた人
  • もともとMBS(毎日放送)など大阪のテレビ局内で働いていたが、局員ではなかった人。
  • 広告代理店にいた人
  • 全くテレビとは異なる業種に携わっていた人

といったところでしょう。

 

他のテレビ局からMBSヘ転職

 

MBS(毎日放送)以外のテレビ局にいた人が、転職を希望する場合があります。

 

他のテレビ局から別のテレビ局への転職を希望する人の理由は

実家がもともと、そちらにあるということが多いようです。

 

新卒の時は、テレビ局ならどこでもいいから、とにかく入りたいということで、

様々な地域のテレビ局を、片っ端から受ける人もいます。

 

そんな人が、数年たつと、やはり地元に戻りたい、となることがあるわけです。

または、もう少し大きなテレビ局で働きたい、という人もいるでしょう。

 

関西から西にいる人にとっては、大阪のテレビ局は準キー局で大きいので、そういった大きいテレビ局に行きたい、という人も多いものです。

多くは、もともと大阪の出身であったり、また家族の事情で帰らざるを得ないというようなときでしょう。

 

制作会社からテレビ局へ

 

制作会社で働いていた人がテレビ局に転職するケースもあります。

 

東京には制作会社が非常にたくさんあります。

キー局では作っている番組が最も多いので、制作会社も多くあるのです。

 

ある例の場合は、東京のバラエティ系の制作会社で、数年アシスタントディレクターをやっていたのですが、、

かなり仕事がハード過ぎて、限界を超えてしまった。

 

テレビはやりたいがもう少し別のことをやりたい。

体調を崩してしまって家族から、実家に戻るように言われた、という人もいました。

 

その人は実家に戻って、大阪の制作会社と、テレビ局を受けていましたが、

結局、テレビ局に受かって転職したようです。

 

東京での制作の仕事はきつかったようですが、

結果としては、その苦労が、転職に有利に働いたのでしょう。

 

テレビをやりたいという気持ちは、持ち続けていたのもよかったのだと思います。

 

MBS(毎日放送)をはじめとして、大阪のテレビ局の中で働く人たちは

必ずしも局員だけではありません。

 

特に番組制作の現場は局員以外の方が多いくらいです。

 

テレビ局には様々な制作会社や派遣会社からスタッフが来ているのですが

その中の人が、転職して、局員になるケースもあります。

 

テレビ局としてもその人の仕事ぶりがわかっているので、判断しやすいですよね。

自分で、転職の機会を待っていたという人も中にはいて、

受けたら受かったケースです。

 

もともといた制作会社としては、若干痛手ですが、

本人がテレビ局にどうしても転職したいのであれば、それを止めることはできません。

 

また、もともと所属している制作会社と相談のうえ、そのようになる人も中にはいますね。

関連記事:テレビの派遣の仕事から局への中途採用、という就職ルート

 

広告代理店からテレビ局へ

 

広告代理店からテレビ局に転職するという人もいます。

 

広告代理店は、テレビと密接な関係があるので、

テレビ局の仕事がどんな感じなのかは、何となくわかってくる場合があります。

 

どちらもマスコミ系の仕事ですが、

広告代理店と、テレビ局の仕事では、やはり内容が異なります。

 

それがわかったうえで、テレビ局の仕事の方をやりたいとい人もやはりいるんですね。

 

実際、広告代理店からテレビ局に転職をした、という人も何人か知っていますが、

最終的には、自分に合うか合わないか、やりたい仕事がかどうか、が大事かもしれません。

関連記事:マスコミ関係の仕事がしたい?就職先に悩んだらやってみるといいこと。

 

他業種からテレビ業界へ

 

全くテレビとは関係のない仕事をしていた人が転職を希望して、テレビ局を受ける場合もあります。

 

その場合は、上記のような経験値がある人に比べてどうしても、不利になってしまいますが、

そこは、どれだけテレビの仕事をやりたいのか、なぜやりたいのかということにつきるように思います。

 

また前職をなぜやめたのか、という理由も重要でしょう。

 

テレビは見た目より地味な仕事ですから、単に華やか、楽しそう、というだけでは難しいかもしれません。

 

どんなビジョンを持っていて、どんなテレビづくりをしていいたいか、というしっかりした自分の意識が重要だとは思います。

関連記事:テレビ局への転職を考えている人が考えるべきこと

 

転職で知っておきたいこと

 

MBS(毎日放送)など、大阪のテレビ局に転職したい場合は、

テレビに関係する何かしらの仕事の経験があるほうが、有利だと思います。

 

また、テレビ局がに制作会社や派遣会社から出向して、テレビ局で働いてみるということも経験値になりますからいいと思います。

 

実際に、やってみて、自分が本当にやりたい仕事かどうかもわかりますし。

 

テレビ局に転職したい場合は

テレビ局に直接転職する方法の他、

テレビ局に入っている、制作会社からテレビ局に入って

働いていて、そこから転職する機会を狙うのも一つの方法だと思います。

 

いずれにしても、どんなテレビマンになりたいか、という気持ちは

しっかり考えておいたほうが良いと思いますね。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
motorin
motorin
テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般