CM・広告の仕組み PR

オンライン診療のCMはどんなやり方が良い?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

弊社ライズアドバートはテレビCMをメインに取り扱う広告代理店です。

今回はオンライン診療について。

アイコン名を入力

コロナがきっかけになったのか、最近オンライン診療が流行っているように感じますね!

テレビCMでもいくつか見かけたことがあります!

実際のオンライン診療の利用状況も見つつ、

どのようなテレビCMを放送すればいいのか、放送時の条件はどのように設定していけばいいのか、ということを考えていきたいと思います。

既存のCMはどんなCM?

まずはすでに放送されているオンライン診療のCMについて、

どんなCMが放送されているのか見てみましょう。

クリニクス

クリニクス「もう病院で待たなくていいんだ」篇 30秒

主演は山下智久さん。

病院で長時間待たされることに苦しんでいる患者さんに対して「もう病院で待たなくていいんです」という声をかけてあげています。

オンライン診療は、待ち時間が少ないというのが大きなメリットですよね。

それがとてもよく分かりやすいCMになっていると思います。

SOKUYAKU(ソクヤク)

主演は及川光博さん・谷まりあさん。

CM特設サイトもオープンしており、特設サイトでは3つのCMが公開されています。

内容としては、恋人同士の二人が「病院に行かなきゃいけなくても」「離れない」ということが強調されているCMです。

お家にいながら、AGA治療やピル処方までできる、ということも盛り込まれており、

実際にスマホの画面をビデオ通話のようにして、どんな感じでオンライン診療をしてもらえるのか、ということも想像しやすく作ってあると思います。

DMMオンラインクリニック

【DMMオンラインクリニック】「悩んだらDOC」篇 スキンケア15秒

主演はアンガールズの田中卓志さん。

髪の毛の生え際をスマホでチェックしているところを、「その時間、なくしちゃいません?」とスマホからお医者さんが浮き出てきます。

こちらは主にAGA治療をメインに置いたテレビCMになっていますね。

もちろんそれ以外の内容も相談できることが紹介されていますが、メインターゲット層を「AGA治療を検討している人」に定めたCMになっていると思います。

オンライン診療では、わざわざ病院に出向く必要がないため、

AGA治療のように、人目が気になるような治療の場合はうってつけです。

それがとても分かりやすいCMになっており、キャスティングも素晴らしいと思います。

関連記事:CMのキャスティングについて広告主が知っておきたいこと

オンライン診療は有名タレントが起用されていることが多い

上記で紹介したオンライン診療サービスを見てみると、有名タレントさんを起用しているケースが多いことが分かります。

これはやはり、医療分野というのもあり、安心感がとても重視されているからではないかと思います。

ただ、CM制作費に関しては、有名タレントを起用することによって、急に費用が跳ね上がるのも事実です。

静止画のみのCMでしたら30万円程度で制作することができますが、

撮影が必要なCMに関しては最低でも100万円はかかると思った方が良いでしょう。

そこにさらにタレント起用費用がかかってきますが、有名タレントさんの場合は数百万円、数千万円と費用がかさんでくるんですね。

ドラマの主役などをやられている方の場合は、3000万円〜4000万円ほどキャスティング費がかかると思っていただいた良いかと思います。

また、有名タレントさんを起用する場合は、使用期限がつきます。

1クール(3ヶ月)や半年、といった期限が決められており、それを超えてCM放送を続けたい場合は、またさらにキャスティング費用が発生するような仕組みになっています。

必ずしも有名タレントを起用しなくてはいけない、ということではありませんので、

このあたりは予算をふまえて、広告代理店と相談してみると良いと思います。

関連記事:CMに有名タレントを起用するメリットとデメリット

オンライン診療ユーザーが感じているメリット

【オンラインサービス・オンライン診療意識調査】 という調査を見てみると、

オンライン診療を取り入れることでご自身や家族の生活・健康にとって、どのようなメリットがあると思いますか。という設問では、

  • 移動にかかる時間や診療・会計の待ち時間をほかのことに使える…56.5%
  • 通院などでかかる交通費を節約することができる…49.3%
  • 外出先での感染症への感染を防ぐことができる…39.1%
  • 居住地に関係なく診療を受けたい病院で受けることができる…34.8%
  • 仕事と育児や介護の両立がしやすくなる…30.4%
  • 地震の健康管理がしやすくなる…30.4%
  • 定期的に医師に健康相談ができる…27.5%
  • 家族や子どもの健康管理がしやすくなる…18.8%

といった結果が出ていました。

やはり一番は、移動や診療のためにかかる待ち時間の削減ですね。

その他注目すべきは、居住地に関係なく診療を受けられる、というところです。

地方に住んでいると、受信できる病院が限られているのに、予約でいっぱい、ということがよくあるんですよね。

AGAなんかは地方では取り扱いのない病院も多いです。

なので、地方局でオンライン診療のCMをしてみる、というのもありだと思います。

地方局は数十万円からテレビCMを放送できるところがほとんどですので、コスパもとても良いです。

関連記事:地方局でテレビCMをするメリットとは?

ご予算に合わせてプランをご提案させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談