CM・広告の仕組み

採用のためのリクルート動画をテレビマンが制作します

採用のためのリクルート動画

最近は企業が採用を行う際にリクルート動画を制作する、というのが流行っています。

 

一般的には新卒採用をする時は会社説明会を行って、その年度に卒業する学生を招き、そこで会社概要や企業のイメージなどを説明するのが定例です。

 

しかしここにリクルート動画を用いることで飛躍的に採用効率を上げることができるんですね。

 

今回は企業が採用を行う際に活用すべきリクルート動画についてお話ししてみたいと思います。

 

映像で伝えらえれる情報量

 

会社説明会などで用いられるのはスライドショーが多いでしょう。

 

パワーポイントなどで作ったスライドをいくつか学生に見せつつ、そこに合わせて解説をしていく、というものです。

 

しかしこれでは学生に見せられるものは

  • テキスト
  • 画像

この2点ばかりになってしまいます。

 

進行をする人が話し上手であれば学生を退屈させないかもしれませんが、テキストと画像だけではやはり退屈してしまう学生もでてくるでしょう。

そして伝えられる情報量も圧倒的に少ないんですね。

 

動画の場合はテキストの1000倍、画像の500倍もの情報量を伝えることができると言われています。

 

実際に社員が働いているところや、企業理念などをリクルート動画として動画にして伝えることによって

とても効率的に、また伝えたいイメージをそのまま伝えることができるようになります。

 

動画の場合は学生も退屈せずに見ることができるでしょうから、印象にも残るかと思います。

 

特に企業理念なんかは形のあるものではありませんから、動画にして伝えることによってより具体的に、また印象的に伝えることが可能でしょう。

 

そして若い世代にとって新しいことをしている会社というのは魅力的に映るはずです。

自分がこれから働く会社ですから、いろんな新しいことに挑戦している会社の方がより「働きたい!」と思いますよね。

 

どの会社もやっているような説明会ではなく、若者向けの動画で学生の心をつかむことができれば

圧倒的な他社との差別化になります。

関連記事:【ウケる】企業プロモーション動画の作り方

 

募集を全国規模へ拡大

 

リクルート動画を作ると何がいいか。

 

それは「採用の募集を全国規模へ拡大することができる」ということです。

 

リクルート動画を説明会などで放映することももちろんできますが、一度リクルート動画を作ってしまえば

それを企業の公式ホームページなどに掲載することが可能です。

 

そうすることによって、その企業にエントリーしようか悩んでいる人は絶対にその動画を視聴するでしょうし、

インターネットは全国規模で見られていますから、地方の学生にもアプローチすることができます。

 

卒業したら都心へ引っ越す、という学生も多いですから、そういった地方の学生も取り込むことができれば、採用効率は一気に上がりますよね。

 

もちろん地方に支社がある、という企業はより良い効果があると思います。

関連記事:Youtuberに学ぶ、伝わる動画の撮り方

 

WEB動画からエントリーへ

 

最近はなんでもインターネット上で完結するようになっています。

 

採用フローも同じで、まず学生はインターネットで企業の情報収集をします。

就活サイトを見たり、企業の口コミを調べたり。

 

これからの自分の人生を左右するものですから、それはそれは大層な時間を割いて企業の情報を調べるのです。

 

そうして企業の公式ホームページにたどり着いたとします。

そこにその企業のリクルート動画が設置してあれば、必ずといっていいほどその学生はその動画を視聴するでしょう。

 

その動画見てその企業にエントリーをしようと決めたら、その画面上でエントリーできるようになっている。

エントリーシートもオープンES対応になっていれば、ワンクリックでエントリーすることができます。

 

そんな風に採用フローを敷くことができれば、エントリー数は飛躍的に伸びていくでしょう。

 

毎年採用の季節になると学生にエントリーしてもらうために奔走する、という企業ならばリクルート動画を作ってみるのがおすすめです。

関連記事:企業紹介動画を作ってみませんか?

 

社員の出演により雰囲気を伝える

 

学生には社内の雰囲気というものは入社するまでわからないものです。

就職活動というのは不思議なもので、実際のところどんな会社でどんな仕事を任されるのかもよくわからないのに何社も足を運んでどこも似たような会社説明会を聞かなくてはいけないんですね。

 

そしてその中から、よくわからないままに自分がこの先勤めていく会社を決めなくてはいけません。

 

これはとても不安なことだと思います。

 

しかし逆を言えば、この不安を取り払ってあげることができれば、学生の心をつかむのは容易いことなのではないか?ということです。

 

  • 社内の雰囲気
  • オフィスの様子
  • とある社員の一日の仕事ぶり

などをリクルート動画に盛り込むことができれば、学生はきっとその企業で働く自分をより具体的にイメージしやすくなるはずです。

 

だからこそ、実際の社員を起用したリクルート動画が人気なんですね。

関連記事:企業の認知度を上げる方法として考えられること

 

リクルート動画を作るなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店業と合わせて動画制作のご依頼も承っております。

 

実際に動画を制作するのは、現在も報道・情報番組を手がけ続けているテレビマンのスタッフたちです。

企業様のブランディングや、動画を使ったマーケティングも一緒に考えながら、動画制作に尽力させていただきます。

 

リクルート動画の制作をお考えの際は、ぜひお気軽に下記フォーム、またはチャットよりお問い合わせください。

関連記事:プロの専門スタッフが映像制作のご依頼を承ります

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談