テレビ業界の裏話

テレビ局の美術の仕事ってどんなものがあるの?

テレビ局の中のお仕事には美術というお仕事があります。

美術さんと聞くと大道具や小道具を作っている人というイメージがあるかもしれませんが、実は美術の仕事にも色々な種類があります。

 

今回はテレビ局の中の美術のお仕事についてお話ししてみたいと思います。

 

美術スタッフってどんな人?

 

番組制作において美術スタッフと呼ばれる人たちは、舞台装置や小道具を作るのが主な仕事です。

スタジオのセットを作ったりドラマの中で建物や街並みのような大がかりなセットを作るようなこともあります。

 

基本的にはそれぞれの技術やセンスが問われるので、美術関係のことを学んできた人がこういった仕事に就くことが多いです。

 

アシスタントとして現場経験を積みながら一人前を目指します。

最初は雑用のような仕事が多かったり、小道具を買い出しに行くだけだったりすることもありますが、間近でプロの美術スタッフさんが作り上げていくものを見ながらキャリアを重ねていきます。

 

最近ではCG技術を使った技術が求められることもあります。

美術の仕事にも色々な仕事があるのです。

関連記事:映像関係の仕事にはどんなものがある?働く場所は?

 

美術の仕事にはどんな仕事がある?

 

番組ロゴやポスター、ノベルティのデザイン

 

バラエティ番組や情報番組をつけた時に、番組情報を見なくてもその番組が何の番組なのかということがわかることがあります。

画面の端にその番組のロゴが表示されていたりするからです。

 

普段無意識に見ているとなかなか気づきにくい部分かもしれませんが、番組にはそれぞれ番組のロゴがあります。

これらのロゴは番組のプロデューサーやディレクターと話し合いを重ねてグラフィックデザインの仕事をしている人が作ります。

 

番組のロゴは番組の顔ともいえるものですので、何度も話し合いを重ねて番組のイメージに合うロゴを作っていきます。

 

また他にも番組を宣伝するためのポスターや、車のラッピング、番組ノベルティのデザインなども美術の仕事になります。

テレビ局に行くと番組関連グッズを購入したりすることができるようになっていますが、ものをデザインするのも美術の仕事というわけです。

 

そう考えると一つの番組でデザインしなくてはいけないものというのはかなりたくさんあることがわかります。

皆さんも是非番組を見るときに番組のロゴなどのデザインに注目してみてください。

 

セットデザイン

 

スタジオやロケ現場のセットデザインをするのも美術の仕事です。

これらは単純に見栄えが良ければ良いというのではなく、カメラアングルを考えたり照明の入り具合など機能性も考えなくてはいけません。

どのような動線で映像を撮影するのかということを一番に考えながらデザインを組まなくてはいけないので、美術だけでなく映像作品を作るための知識も必要になってきます。

 

番組によっては立体造型が必要な番組もあります。

バラエティ番組などでは番組のセットの中でスポーツに挑戦したり、セットを使ったゲームなどをすることもありますからね。

 

プロデューサーやディレクターと相談しながら、求められるセットを作っていきます。

 

イベントでのお仕事

 

テレビ局が主催しているリアルイベントでも美術の仕事がたくさんあります。

会場ステージを設計したりイベントブースのデザインなども美術の仕事なんですね。

 

テレビ局で開催されているイベントなどにも是非足を運んでみてください。

番組と連動した催し物などが出展されていることがあります。

 

こういったリアルイベントでは映像とセンサーを組み合わせた最新のインタラクティブコンテンツの開発なども美術スタッフが手がけます。

常に新しい技術に触れながらモノづくりをしていくことができる仕事なのではないかと思います。

 

CGやARなどを使った仕事

 

最近はバーチャルアナウンサーが登場したり、バーチャルでの演出を行ってる番組もあります。

生放送のオンエアでニュースランキングなどを出したりするのもCG技術が使われており、これらも美術スタッフがプログラムを組んで作成していたりします。

 

NHKの紅白歌合戦で美空ひばりさんのAIが登場したのは話題になりましたね。

映像の見せ方も日々進化していっていますので、美術のスタッフには最新技術を扱うことができるスキルも求められてきているように思います。

関連記事:ドラマ制作に関わりたい!どんな仕事があるの?

 

美術スタッフになるには

 

美術スタッフになるのに資格や免許などは特に必要ないですが、デッサンや製図などの技術は欠かせないですので、デザイン系の専門学校や美術大学出身の方が多いです。

ファッションやインテリアなどの知識が必要な現場もありますし、逆に高度なCG技術が必要な現場もあります。

 

映像の中でどのような表現をしていきたいのかということを考えながら進路を決めると良いでしょう。

多くの場合は美術制作会社や映画の関連会社、テレビ局の美術関連の仕事を請け負っている子会社などに就職する形となります。

関連記事:テレビスタッフになるための専門学校、という進路はどう?

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般