サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ業界への就職!イメージと実際のギャップとは?

テレビ業界のイメージ

テレビ業界に就職したいと思っている皆さんはテレビ業界に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

 

実際にテレビ業界に就職してみると、就職する前に抱いていたイメージとは大きく異なる点がたくさんあります。

 

今回はテレビ業界に実際に就職してみて、テレビ業界に就職する前のイメージと違うな、と感じるギャップについて

特に番組制作の現場で感じることをお話ししたいと思います。

 

新人でも任される仕事が多い

 

テレビ業界というのは新人は雑用扱いが多く、プロデューサーディレクターにならないとなかなか番組制作の根幹に関わることはできない、と思っている方が多いと思います。

 

しかし実際のところはどうなのかと言うと、テレビ業界に就職する前に思っていたほど新人は番組制作の根幹に関わることはできない、というわけではありませんでした。

 

番組制作の仕事と言っても基本的には何か資格が必要な仕事なわけではないので、ほとんどの人がアシスタントディレクターとして未経験でスタートします。

 

そういった場合は最初は仕事覚えることが最優先でなかなか企画などは出させてもらえないと思っていると思うのですが

実は企画を考えたりネタを提案したりということをアシスタントディレクターがすることもあります。

 

弊社の場合は主に情報・報道番組をメインに制作スタッフとして就業しているので、

帯番組と言われる毎日オンエアがあるような番組も多いんですね。

 

曜日ごとにシフトがありそれぞれ自分の担当の曜日があるような形で仕事をしていますが

こういった帯番組の場合は、オンエアが頻繁にあるため比較的新人も、番組制作の根幹に関わらせてもらえる機会が多いんです。

 

やはりテレビ業界に就職する人というのは「面白い番組を作ってみたい」という気持ちで入ってくる人が多いですから、企画から番組に携わることができるというのは楽しいと思ういます。

関連記事:バラエティ番組の企画の作り方

 

テレビ局内でも推進される働き方改革

 

テレビ業界の仕事は激務で、なかなか家に帰ることができないと思っている人が多いと思うのですが

実はテレビ局内でも働き方改革というのは推進されており、ここ数年だけでも随分と様子が変わってきたように思います。

 

無駄な時間外労働はしないように、なるべく効率よく仕事を終わらせるという方向に向かってきているんです。

 

何日も何日も帰れないというイメージを持っている人が多いと思うのですが、最近はそこら辺も変わってきているなと感じます。

 

ただこれはやはりテレビ局というような大きな組織で動いている場合の話であって、小規模な請負型の制作会社だとなかなかまだ働き方改革の意識は高くはないようです。

関連記事:テレビ業界で働きたいけど、ブラックですか?という質問に対して。

 

プロデューサーが怖い人じゃない

 

テレビプロデューサーと聞くと、とても怖い人を思い浮かべる人が多いと思います。

これはやはりテレビ業界に持っている一般的なイメージなのではないかなと思うんです。

 

しかし実際のところはどうかと言うとプロデューサーは怖い人ではないです。

 

もちろん人によってやり方や性格もありますから個々に違いはありますが、

そもそもテレビプロデューサーというのは全体をうまく進めるために色々な調整をする役割なので、テレビ番組制作の現場においてはクッション的な存在になる人です。

 

テレビ番組を作るのには色々な人が関わっています。

  • テレビ局の人
  • 番組制作会社の人
  • スポンサー企業の方

そんな多くの人たちの間を取り持ち、気持ちよく仕事をしてもらうために働きかけるのがプロデューサーの仕事なので、周りの空気をいち早く察知するのが上手な人なんですね。

 

さらに視聴者からのクレーム対応などもプロデューサーが行うこともあります。

細かいところに気が回る人じゃないとできない仕事だなと思いますね。

関連記事:テレビプロデューサーのイメージと実際のギャップ

 

テレビマンはモテません

 

テレビマン、と聞くときらびやかな世界で働いていて、モテるんだろうと思っている人もいるかもしれません。

ただテレビマンはモテません!

 

最近ではテレビ制作を支えるスタッフ達も半分近くが女性になってくるくらい、女性スタッフの数も多くなってきました。

 

しかしテレビ業界のスタッフというのは職人色が強く、恋愛をしている暇はないというような感じの人が多いです(笑)

休みも周りとはあまり合わないので、チャンスが少ないとも言えるかもしれませんね。

関連記事:ディレクターになってから休みはあるの?現場に出る大切さ。

 

テレビ業界に就職する

 

弊社ライズプランニングではテレビ局内で番組制作に携わってくださる

の方を募集しています。

 

テレビ局出向型の番組制作会社ですので実際に働くのはテレビ局内のスタッフ常駐ルームになります。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください、こちらから改めてご連絡させていただきます。

関連記事:テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般