CM・広告の仕組み PR

テレビCMを1本だけ流す企業もあります

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

テレビCMと聞くと「高いもの」というイメージがある方が多いと思います。

また、1本だけ放送することができるものだ、ということをご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回は広告代理店である弊社ライズプランニング[広告部]がテレビCMを1本だけ流す、という手法について、解説してみたいと思います。

テレビCMは1本から放送することができます

以前はある程度まとまった予算でまとまった本数じゃないとCMの放送ができなかったテレビ局が多かったですが、

今はSAS(スマート アド セールス)という放送枠の販売方法が加わり、これを利用することでテレビCMの放送枠を1本から購入することができるようになりました。

SASとは

オンライン上で空きのあるテレビCM枠とその料金を確認できるツールです。

指定した番組で1本CMを放送する場合いくらかかるのか、ということがすぐに分かります。

このツールは広告代理店が使用できるものであり、CM放映企業は、広告代理店を通じて広告枠を購入することができます。

まとまってCMを放送するよりもどうしても単価は上がってしまうので割高ではありますが、それでもたった1本からテレビCMを放送することができるので、今までテレビCMの放送をしたことがない、という企業さまにはぜひチャレンジしてみていただきたいです。

また、地方局や独立局だと、SASを使わずとも、1本のCM枠を購入する、ということが可能です。

東京キー局(関東エリア)はどうしても料金も高いですし、放送枠の競争も激しいので、1本からの放送ならSASを利用した放送となりますが、

地方局や独立局であれば、テレビ局と直接かけあって放送枠の確認も可能です。

関連記事:CMを1本から流せるSAS、メリットとデメリットを解説します

CM1本の放映、金額はどれくらいかかる?

テレビCMを放送する時にかかる料金は、

  • CM制作費
  • CM放映費

の2つです。

CM制作費

CM制作費はどのような内容のテレビCMにしたいかによって大きく変わってきます。

画像素材がいくつか既にあり、それらを組み合わせてスライドショーのようにして、BGMとナレーションをつける簡易CMは一番費用を抑えてCM制作ができる方法です。

この場合ですと、20万円〜30万円程度でCMの制作が可能です。

新規で撮影を行う場合は最低100万円程度はかかると思った方が良いでしょう。

さらに、有名タレントを起用したCMをする場合はそこにキャスティング費用がかかってきます。

タレントのキャスティング費用はかなり幅があり、数千万円〜億単位で費用がかかることもあります。

関連記事:CMに有名タレントを起用するメリットとデメリット

CM放映費

CM1本の放映費はどのテレビ局で放送するかによって変わってきます。

一番規模の大きい東京キー局の視聴率の高い人気番組内でCMを放送する場合は1本でも数百万円かかる場合があります。

それに対して、地方局や独立局は1本あたり数万円で済むことが多いです。

かなりの差がありますね。

制作費と合わせて考えると、一番安く済ませるのであれば、撮影なしで制作を行って、地方局や独立局で放送するというパターンで、

この場合は30万円〜50万円程度で可能かと思います。

関連記事:独立局でテレビCMをやるメリットを広告代理店が解説!

1本だけのCMでも実績になる

テレビCMを1本だけ放送する最大のメリットは、1本だけの放送でもテレビCM放送実績となる、ということだと思います。

テレビCMというのは誰もが簡単に放送できるものではありません。

個人ではもちろん放送することはできませんし、法人でも、CMを放送する時は考査と呼ばれる審査のようなものを通過しないとCMは放送できません。

この考査には、

  • テレビCMを放送しても問題がない企業かどうかを調べる業態考査
  • テレビCM内で視聴者に誤解を与えるような表現などが使われていないか、などを見る表現考査

の2つがあります。

この考査基準はテレビ局ごとに違いますので、あちらのテレビ局ではOKだったのにこちらのテレビ局ではNGとなる、ということももちろんあります。

こういった考査をくぐり抜け、無事OKとならないとテレビCMは放送できないんですね。

これがウェブCMとテレビCMの違いでもあります。

ウェブCMとは違い、テレビCMはテレビ局が「公平公正は放送」を心がけているため、より厳しい審査があり、不快な広告がなるべくなされないように制御されているのです。

もちろんこういった考査のことは一般的な視聴者には把握されていないと思いますが、

「テレビCMを放送した企業なら大丈夫だろう」と思ってもらいやすいというのはあるでしょう。

1本だけのテレビCM放送でも、公式ホームページやパンフレットなどに「テレビCMの放送を行ったことがあります」と記載することができるわけです。

関連記事:テレビCMの効果には「信頼」もある

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談