サイト運営会社
テレビ業界の裏話

やりがいのあるアルバイト・テレビの現場

アルバイトをする理由は人それぞれだと思いますが

比較的多いのは

  • 社会経験ができる
  • 自分自身が成長できる
  • 友達づくり

という項目が上がっていて

一方で、お金を稼ぎたいからという理由は意外に少なくなっています。

 

それと同時に、感じたのは、アルバイトをする理由として「やりがい」という言葉が出てこなかったことが、ちょっと意外でした。

 

アルバイトのやりがいとは

 

社会人になって、仕事を始めると、

好きなことができなくなるとか、旅行に行けなくなるとか

お金を稼がなければいけない、

というようなことを考えている人も、多いのではないでしょうか。

 

社会人になって、何を優先にしていくのか、どんな人生にしていくのかは、人それぞれだし

社会人になっても、自分のやりたいことを我慢しなければいけないということもないし、旅行にもいけると思います。

 

ただ、確かに学生の時に比べれば、ある程度の制約に縛られてしまう人は多くなると思います。

 

だからこそ、学生のうちは、もっと夢を持ってもいいのではないか、

と思ってしまいます。

 

アルバイトの目的として、良い就職をするために、アルバイトをして社会経験をしておくと、いう学生さんが多いのですが、

せっかく学生時代にアルバイトをするなら、そこに「やりがい」というものを求めてみるのもいいのではないでしょうか。

 

ではやりがいとは何か、どんな時に感じるのかというと

  • 自分でやり遂げたと感じる時
  • 誰かに褒められた時
  • 感謝された時
  • 喜んでもらえた時

などが多いようですね。

 

そして、実際の報酬とか、給与のアップというような金銭的なことは、付随することはあるけれど、

金銭だけではなく上に書いたような何かしらの感情が伴っている時に、よりやりがいがあったと感じるようです。

 

さて、もしアルバイトの目的が、将来良い就職をするためとか、

いきなり社会に入るより、事前に社会経験を積んでおいたほうが良いというような、漠然とした、ものであるとしたら、

そこにやりがい、というものを求めてみてもいいんじゃないかと思うんですね。

 

やりがい、と言うのは、気持ちの持ち方次第で、どんな仕事にも感じることができるとは思いますが、

携わった多くの人がやりがいという言葉をあげている仕事の一つにテレビのアルバイトいうものがあります。

関連記事:テレビ局でアルバイトをする目的は人それぞれ

 

テレビのアルバイト

 

テレビのアルバイトというのは、テレビ局の中で番組制作の手伝いをするアルバイトです。

 

意外に知られていないかもしれませんが、テレビ局にも学生アルバイトの人たちがいます。

 

番組も様々で、ニュースはもちろんのこと、バラエティ番組や、旅番組など

多くの番組にアルバイトで働く人がいるのです。

 

とはいえ、アルバイトを積極的に使っているテレビ局とそうでもないテレビ局がありますから、

一概にどこのテレビ局でも、というわけではありませんが。

 

ではアルバイトの人たちは、どんな仕事をしているかというのは、

よくあるのは

  • カンペづくり
  • 買い出し
  • コピー
  • お茶出し
  • カメラリハーサルの手伝い
  • 調べ物

など、

雑用から、テレビの現場らしいカンペづくりのような仕事まで、なんでもあり、

と言う感じです。

 

テレビ番組の制作のアルバイトに携わった学生さんたちの多くが

やりがいを感じたという感想を言っています。

 

学生さんたちに人気のアルバイトの一つに居酒屋のアルバイトというのがありますよね。

学生時代のアルバイトの経験談として、居酒屋をあげる人はとても多いんですね。

 

ホールスタッフとして働いていた。

どうやったら、効率的にできるかを考えて、

工夫した結果、お客様に感謝された、とか

店長に感謝された、褒められたというようなアルバイトの経験談をよく耳にします。

 

しかしながら、感謝されたという言葉はあっても

やりがいを感じたという言葉をいう学生さんは,実際のところあまりいないんですね。

 

ところが、テレビのアルバイトをしている学生さんたちにアンケートをとると、

多くの人からやりがいを感じたという言葉が出てきたわけです。

関連記事:テレビ局で大学生がバイトしてみて、他のバイトと違うと感じる事

 

テレビのアルバイトでなぜやりがいを感じるのか

 

では、なぜテレビの現場で働くアルバイトには、やりがいを感じるのか、

それはどんなやりがいなのでしょうか。

 

テレビのアルバイトの感想の中にも、もちろん

アナウンサーに感謝された、

ディレクターにありがとうと言われて嬉しかった、

というような、言葉はあります。

 

その他にはどんなやりがいという言葉が出てくるのかを、読んでみると

  • 全国の人が見ていると思うと、身が引き締まり、やりがいがある。
  • 緊急時、災害時など重要な仕事をしているというやりがいを感じる。
  • 多くの人々に影響を与える仕事だということにやりがいを感じる。
  • テレビの制作現場は忙しいけど、やりがいがある。
  • イキイキしている人たちが多く、やりがいを感じる。
  • 自分が関わった番組を家で見られるのでやりがいを感じる。

というような言葉が見受けられます。

 

ここから一つ分かることは、テレビのアルバイトの仕事にやりがいを感じる理由の一つに

影響力の大きさというものがあるのではないでしょうか。

 

身近にいる人に感謝されることに対するやりがいの他に

テレビを通して、何十万、何百万という人たちが、一度に見ている、という影響力の大きさがある。

 

そのような仕事に携わっている、というやりがい。

 

実際のところ、なかなかそれほど多くの人たちに影響を与えるアルバイトというのは、他にないと思うんですね。

 

居酒屋はお店の中の人たちだけですし、家庭教師は、教えている子供だけが対象ですよね。

 

ところが、テレビはどうかというと、ニュース、特に台風などの緊急時のニュースは、人々の安全のための情報を流しますし、事故の状況を知らせる大事な役割があります。

 

またバラエティ番組など娯楽番組は、テレビを通して、多くの人に、笑いと癒しを届けているんですね。

 

その影響力、見ている人の数は、圧倒的に他のアルバイトとは異なる多さだと思います。

 

やりがいというものは、人によりいろんな形があると思いますが、

大勢の人を対象にしているテレビのアルバイトを経験して

やりがいを感じてみるのもいいのではないでしょうか。

関連記事:キー局でのバラエティ番組のバイトはどんなことをしてるの?

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般