テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターに転職するなら何歳まで

転職を考えている人にとって、何歳まで転職可能なのかということは

とても気になることではないでしょうか。

 

実は職種により、何歳が転職に適しているかは同じではないんですよね。

 

通常転職は若いほうが良いと言われますが、企画管理の仕事では転職年齢が必ずしも若くないというような業界もあります。

 

そこで今回はテレビ業界のアシスタントディレクターに転職するなら何歳くらいが適当なのか

何歳まで可能なのかについて書いてみたいと思います。

 

未経験か経験者かで変わってくる

 

テレビのアシスタントディレクターに転職したいという場合、大きくは二つに分かれると思います。

 

一つは別の業界からテレビのアシスタントディレクターへの転職、つまり全くの未経験での転職というケース。

そしてもう一つはもともとアシスタントディレクターをやっているけど別の会社に転職したいとか、別の番組に転職したいというケース。

 

この二つのケースにより、転職は何歳までが適当なのかは微妙に異なります。

 

未経験でアシスタントディレクターに転職するケース

 

全く別の仕事をやっていたけどテレビの仕事に転職したいとやってくる人がいます。

 

その場合何歳まで転職できるのかというと、地域や番組により多少の差はありますが、一つの目安は30歳です。

 

実は数年前まではどこの番組も未経験なら20代前半までというのが通説でした。

 

ところが最近の人手不足の影響もあり、上限の年齢が徐々に上がってきています。

30歳で未経験でも本人がやる気さえあるなら大丈夫、と受け入れるところがほとんどになってきました。

 

その波はキー局から徐々に地方局にも浸透していき、今ではだいたい30歳までならなんとかいけると思います。

 

実は募集する場合は年齢制限というのは設けてはいけないという法律があるのですが、

実際には求めている年齢層というのがやはりありますよね。

 

経験者で同じ業界の別の会社や番組に転職するケース

 

ではすでにアシスタントディレクターをやっている人が所属会社を変わりたいとか、

入る番組を変えたいと思った時はどうかというと、

その場合はもう少し年齢が上がると思っていいと思います。

 

テレビ番組の世界では経験者は貴重な存在なので、アシスタントディレクターの経験があるのであれば、30歳を過ぎていてもやる気があればいけると思います。

 

ただし、30歳をすぎているアシスタントディレクターというのは少なく、30歳くらいになるとディレクターになっている人が多いので

そんな中でアシスタントディレクターとしてうまくやっていけるかどうかは本人次第だと思いますね。

 

ディレクターよりアシスタントディレクターのままの方が良いという人も中にはいますから、そういう人はスーパーアシスタントディレクターとして転職して頑張るのもありでしょう。

関連記事:未経験でテレビ関係の仕事に転職したい人の仕事の探し方

 

アシスタントディレクターの転職理由

 

ではそもそもアシスタントディレクターの転職理由はなんなのでしょうか。

 

未経験の場合

 

アシスタントディレクターは未経験で、他の仕事をやっていたけど転職してやりたいという人の多くの転職の理由は

「実は前々からテレビの仕事をやりたいという気持ちがあった」というものです。

  • 子供の頃から興味があった
  • 就活の時も少し考えたけど結局他の業界に行った
  • やっぱり若いうちにやってみたい

など。

 

就活の時は親の意見や自分でも安定した職業がいいんじゃないかなどいろいろ考えて他の業界に行ったけど、

やっぱりアシスタントディレクターをやってみたいというものですね。

 

異業種からの転職の場合は圧倒的にこのような人が多いです。

 

これは悪いことではなく、むしろやりたいことがあるのならやってみるというのはとても素晴らしいことなんじゃないかと思います。

 

もしアシスタントディレクターという仕事が気になっていて、やってみたいという気持ちがあるなら、転職を視野に入れて挑戦するのはありですよね。

 

何歳になってもやりたいことの挑戦はしてもらいたいですが、アシスタントディレクターに転職する場合は若いほど採用されやすいので

できれば30歳までが一つの目安かと思います。

 

経験者の場合

 

経験者の場合のアシスタントディレクターの転職というと、主に番組の転職ということになると思います。

 

以下のようにいくつかの理由が出てきます。

  • 同じ番組でマンネリ化を感じるから別の所でスキルアップしたい。
  • 技術系の仕事をやっていたけどアシスタントディレクターの仕事をやりたい
  • 人間関係が嫌だ

このように経験者の転職の場合は理由はいろいろです。

 

同じ番組にずっといると、誰でも飽きを感じてしまうものです。

 

一つの目安は5年ではないでしょうか。

 

テレビの仕事はずっと自分が成長していける仕事ではありますが、それでも同じところに5年くらいいるとマンネリ化を感じて別の所でスキルアップしたいと思う人は多いです。

 

何歳でそれを感じるかというと、アシスタントディレクターの場合は、早い人で25歳程度で30歳くらいまでに感じるようです。

 

ところが所属している会社が別の番組をもっていないとか、同じような番組しか作っていないとなると異動もできないわけです。

 

そんな時は転職しないと、新たな道は開けないということがあるんですね。

 

またカメラや、照明のような技術系の仕事をやっていたけど、アシスタントディレクターをやりたいからという理由で転職するという人もいます。

 

何歳でそう思うかというと、これについては比較的早い時期で感じるようです。

 

20代前半で転職を考える人が多いのではないでしょうか。

 

それ以上になって技術からアシスタントディレクターに転職するというのはあまり出会ったことがありません。

 

そして多いのが「人間関係が嫌になった」という理由。

 

番組の現場の雰囲気が合わないという理由で転職してくる人もいます。

この場合何歳でそう思うかというと比較的早い時期、20代の転職が多いと思います。

関連記事:番組スタッフの仕事をしている人は番組を移動することができるのか

 

アシスタントディレクターの転職で気をつけること

 

ではアシスタントディレクターの転職で気をつけたほうが良いことについて少しだけ書いておきたいと思います。

 

もし別の業界から未経験でアシスタントディレクターに転職を希望する場合は、

何歳まで大丈夫かということの確認ですね。

 

今は30歳程度まで受け入れてくれると思いますが、中には20代前半じゃないと厳しいという所もあると思いますから確認したほうが良いと思います。

 

特にバラエティ番組系は体力を使う場合が多いので、アシスタントディレクターの年齢も若めです。

ここは要確認ですね。

 

経験者の場合で転職をしたい場合は、ディレクターになるタイミングに気をつけたほうが良いと思います。

 

通常同じ番組にいてディレクターになったほうが早くディレクターになることができると言われます。

 

せっかく頑張ったのに途中で別の会社に行ったり、別の番組に移ると、またゼロからの努力になってしまうともいわれます。

 

ただ、これについては私はあまりそうは思いません。

 

経験者が他の所に行った場合、少し仕事をすればその人の力量はわかりますから、ゼロになるということはないと思います。

 

ただ、もうすぐディレクターになるかもしれないという時に転職するのはもったいないという場合もあるので、転職の時期についてはよく考えたほうがいいでしょう。

 

とはいえ、アシスタントディレクターだった人が転職先ではディレクターという立場で仕事をするようになり、しかもちゃんとディレクターとしての仕事をこなしていたというケースもありますから、

こういう場合は転職して良かったということになります。

 

私が知っている例では30歳で転職してすぐにディレクターになっていましたね。

何れにしても信頼できる人に相談してみるのが良いでしょう。

関連記事:テレビ番組制作会社への転職をお考えの方へ

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般