CM・広告の仕組み

CMのコストは地方とキー局でどう違う?

テレビCMを放送しようか検討している時に何より気になるのがやはりテレビCMを放映するコストだと思います。

 

ただ、テレビCMというのは1本放送するのにいくら、というような明確な料金表があるものではないので

コストがどれくらいかかるのか、ということは広告代理店に問い合わせてみないとわからないんですね。

 

どの地域でどうやって放送するのかだけでなく

時期によってもコストが変わってくるものです。

 

しかし同じ条件の時に地方局とキー局ではどれくらいの違いが出るのか、ということはなんとなくわかります。

今回は「どこでテレビCMを放送するのか」によってどれくらいコストが変わってくるのかについて解説して行きたいと思います。

 

キー局と地方局のコストの違い

 

キー局と地方局でどれくらいコストが変わってくるのか、ということですが、

東京キー局の場合は

  • 日本テレビ
  • TBS
  • フジテレビ
  • テレビ朝日
  • テレビ東京

の5局で、関東の全域に放送されています。

 

地方局は広域圏でない限りは、一つの都道府県にのみ放送されるテレビ局が各都道府県にあるような形になっています。

例えば静岡なら静岡のみに流れるテレビ局がある、ということですね。

 

しかしキー局の場合は関東全域に放送されるわけですから

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

と非常に範囲が広いです。

 

しかも東京を含んでいるため、人口も集中しています。

日本の総人口は約1億2700万人ですが、関東だけで人口は約4300万人。

実に日本の1/3ほどをカバーすることができるのが関東ローカルの電波なのです。

 

そう考えると、地方局と東京キー局ではかなりコストが変わってくるのがわかると思います。

 

具体的なコストで言うと、1GRP(視聴率1パーセント)のコストが地方局では数千円なのに対して

キー局だと10万円〜15万円ほどかかることが多いです。

つまり単純計算だと10倍から20倍ほどコストが高くなる、ということですね。

 

それだけ見ると「キー局はなんてコストが高いんだ!」と思う人がいるかもしれませんが、

例えばテレビCMを初めてやる時によく使われる静岡県は人口が約370万人なので、視聴率1パーセントならリーチ数は単純計算で約3.7万人、ということになります。

 

一方キー局の場合は関東全域に流れるので、キー局の視聴率1パーセントは関東の人口である4300万人の1パーセントなので約43万

 

人口で見ても10倍以上あることがわかるので、キー局でコストが高くなってしまうことも頷けるかと思います。

関連記事:CMの費用はパーコストで決まる

 

実は狙い目な地方局

 

上記のような話から、実はテレビCMは放送する地域によってかなり値段が変わる、ということがわかっていただけたかと思います。

 

きっとテレビCMと言われてイメージされているのはキー局で放送されているものなのでしょう。

多くの人に「テレビCMが高い」というイメージがあると思いますが、地方局のテレビCMであればそこまで高いものでもないのです。

 

地方局であれば、50万円程度から出稿を始める企業も中小企業であれば少なくありません。

地域や時期にもよるので条件によって変動はしますが、それくらいの出稿額でも地方だと10本程度はテレビCMを放送することができるんですね。

 

もちろん一度きり、となってしまうとなかなか効果が上がってこないまま終わってしまうこともありますが

継続的にそれくらいの規模感でテレビCMを放送することにより、認知度を高め、着実に売上を伸ばして行く企業もあります。

 

まずはお試しでテレビCMをやりたい、という場合は

地方局から攻めて行くのがおすすめなんですね。

 

特に地方に店舗があったり、ネット販売でもなぜかこの地域だけ売上が高い、というような地域があれば

地方でのCMは効果が上がりやすいでしょう。

 

どうしても関東で流したいけどなかなか予算がかけられない、という場合は独立局を使う、という手もあります。

関連記事:ゴールデンタイムのCMを地方局でやってみるという選択肢

 

地方局の次は広域圏

 

地方局だと少し物足りない、という場合や、地方局をいくつか試してみて次のステップに行きたい、という場合は

関東以外の広域圏を試してみると良いでしょう。

 

広域圏は関東以外に

  • 中京…(岐阜・愛知・三重)
  • 近畿…(滋賀・大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山)

があります。

 

コスト的には他の地方局よりは少し高くなりますが、

それでも東京キー局に比べるとかなり安く抑えてCM出稿ができ、さらに地方局よりはより広い範囲にCMをリーチさせることができるのでおすすめです。

 

大阪、名古屋で一度放送してみてから、次は東京キー局での放送、というステップを踏む場合も多いですね。

関連記事:CMのお試しをする際のおすすめプラン

 

キー局でテレビCMを放送する時のコスト目安

 

地方では50万円ほどからテレビCMをすることができる、というお話をしましたが

ではキー局でテレビCMを放送する時はどれくらいが最低目安なのか、というと

だいたい500万円程と考えておけば良いと思います。

 

地方でテレビCMをしてみて、効果を見つつ

放送地域を拡大して行く、というやり方がおすすめですが

資金が潤沢にあって「この商品をドカンと流行らせたい!」という場合は

キー局で、しかも複数局で放送をする、という手もあります。

 

いずれにせよ、そういった組み合わせ方法がたくさんあるのがテレビCMですので

予算やCMを放送する目的に合わせてプランを練って行くと良いのではないでしょうか。

関連記事:全国でCMをする方法とその注意点

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、ご予算に合ったプランをご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

 

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談