テレビ業界の裏話

テレビのディレクターの転職方法と注意点

今回はテレビのディレクターの転職についてです。

 

テレビディレクターの転職の中でも今回は

番組を変わる、所属会社を変える場合についてです。

 

仕事の種類は変えずに所属会社など環境を変える場合の転職について、その方法と注意点について書いてみたいと思います。

 

テレビディレクターの転職に適した年齢とは

 

テレビのディレクターは、自分で企画を立てたり、番組を仕切っていく責任のある立場です。

 

最初はアシスタントディレクターから始まってディレクターになっていくので

ディレクターはテレビ業界に入ってから、少なくとも数年以上のキャリアがある人です。

 

そのためディレクターというとその年齢は、若くても20代後半から上は50代、元気な人なら60代70代で仕事をしているディレクターもいます。

 

ディレクター職というのは誰でもできる仕事ではなく経験がものをいう職種で

番組数の割にディレクターの数は全体的に足りていないので実は需要が高いです。

 

そのため多くのテレビ局や制作会社では常にと言っていいほどディレクターの転職者を募っており、

良い転職者がいたら紹介して欲しいと言われることが多いです。

 

ではディレクターが転職するのに適した年齢とは何歳なのかというと

様々なテレビ局や制作会社からのオファーが多いのは若いディレクターです。

 

「なるべく若いディレクターがいい」と言われることが多いんですね。

  1. できれば30代のディレクターの転職者がいないか
  2. でなければ40代のディレクターの転職者がいないか

という感じ。

 

20代のディレクターも実際にはいるのですが、ディレクターになったばかりの人が多く

ディレクターになったばかりで転職するディレクターはほとんどいないので、

最も人気があるのは30代から40代前半のディレクターでしょう。

 

ただ、30代40代のディレクターは貴重な存在なので、なかなか転職者が出ないです。

 

今働いている番組側がなかなか手放したくない貴重な存在だから離さないということもあるでしょう。

一人でもディレクターがいなくなるとかなり困りますから。

 

このように転職者が少ないのがディレクターですが、そんな中でもディレクターの転職者はいることはいます。

関連記事:テレビ業界から転職する時に考えたいこと

 

ディレクターの転職方法とその理由

 

ではディレクターで転職する人はどんな方法をとっているかというと

だいたい以下のような転職方法で探すのではないかと思います。

  • 知人を通して探す
  • 一般的なネットの求人サイトを通して探す

 

意外に多いのが知人を通すパターンですが、自分がやりたいような番組につてがあるとは限らないので、やりたい番組が明確にあるのであれば

後者の一般的な方法で自分で探すしかないと思います。

 

テレビの仕事をやるとしたら

  • テレビ局員になる
  • 制作会社に入る
  • 派遣会社に入る

というのがほとんどになると思います。

 

転職でテレビ局に入るのはかなり難しいですが、中にはそういう人もいます。

 

ずっと派遣でテレビ局に来て実績を積んだ場合それが経験値となり

転職して局員になるという人もいるんですね。

 

一方番組の制作会社というのは社員を外部に派遣として出向してもらっているところがありますが、

一般的には派遣がメインではなく番組制作がメインになっています。

 

もし選ぶ番組の選択肢が多い方がいいのであれば

派遣を中心にやっている会社の方が関わっている番組数は多いと思います。

 

派遣会社は通常多くのテレビ局につてがあり、様々な番組に関わっていますから

選べる番組が多いんですね。

 

これは勤務地を変えたい場合は特に良いでしょう。

というのも、殆どの制作会社は地元のテレビの番組を作ることが多いので

たとえば東京の番組なのに北海道の会社が制作する、

というようなことはあまりありません。

 

そのためディレクターをやっている人が別の地域に転職したいという場合は

広い地域にディレクターを派遣している会社を選ぶのが良いのです。

 

東京でテレビのディレクターをしていたけど大阪に実家があるから大阪のテレビ局で働きたいというような場合は、

どちらの地域でもスタッフを持っているような派遣会社に聞いてみると良いと思います。

 

ではディレクターが転職する理由は何なのかというと、上記のように実家の近くに戻りたいという理由はよく聞かれます。

 

親が年を取ったから近くにいてあげたいとか、もともとある程度東京で働いたら戻るつもりだったとか結婚するから妻の実家の近くへ、というようなことです。

 

その他、若いうちに北海道で働いてみたい、というディレクターもたまにみかけますね。

やはり北海道は魅力的な土地なのだと思います。

 

このようにディレクターの転職理由は家庭の事情が比較的多いのですが、

そうではなく転職する場合は、他のテレビ局の番組をやってみたいという場合もあります。

 

やはり局によりカラーというのは少なからずあるので、

しばらく同じ番組をやっていると他のテレビ局に転職したいと思うようですね。

 

ただ、同じ番組にいても番組がずっと同じということは実際には無く、内容も変わっていくし、時には番組名も変わるのでそんなにマンネリになることは意外にないと思います。

 

とはいえ、やはり他局に転職したいという気持ちは起きるようですね。

その場合自分が所属している会社で対応してくれるのであればよいのですが

そうでなければ自分で探すしかないと思います。

関連記事:番組スタッフの仕事をしている人は番組を移動することができるのか

 

ディレクターの転職の注意点

 

ディレクターが転職する場合には注意することもあります。

 

というのは上に書いたようにディレクターは需要が多いのに、転職者が少ないという現状があるため

そんな中で転職者がいると、その理由をかなり気にするということがあります。

 

特に有名番組を渡り歩いてきたような場合は

なぜ転職するんだろう?とまず思うんですね。

 

つまり何か問題があって転職するのではないかということをとても気にするのです。

 

キー局でメジャーな番組をやっていたのに、転職したいとなると、

なぜ前のテレビ局はその人を手放したのかとどうしても考えてしまいます。

 

特に経歴を見て明確な理由が無いときは転職先では疑問を感じてしまいます。

 

中でも特に気にするのは金銭的なトラブルですね。

 

ディレクターというのは番組にもよりますが、様々な責任をもっており

その中には金銭的な責任も含まれています。

 

ある程度まとまった金額をもってロケに行ったり預かったりする場合もありますから、

ディレクターは信用できる人でなければいけないんですね。

 

金銭的なトラブルがあると通常は番組を離れるので、そのせいで転職するのではないかと、とどうしても思ってしまうのです。

 

またコンプライアンス的なトラブルも気にします。

何かトラブルがあって辞めたのではないかと採用を検討する時は思ってしまうものです。

 

そのため、ディレクターで転職する場合は、きちんと理由を説明したほうがいいです。

 

仮に何かしらトラブルがあった場合も、それが今後修復できるようなものであれば、正直に伝えて今後の自分自身の意気込みをわかってもらうようにすればよいと思います。

 

また、年齢的なことをいうと、50代以上になると人手が足りなくてもディレクターの転職者は敬遠されがちになります。

 

それは他の人が頼みにくくなる年齢だからです。

 

プロデューサーは40代もいますから、自分よりかなり上になるといろいろと気楽にお願いしづらくなるのです。

 

もっとも良くないのは、年を取っていつの間にか横柄で怖がられる存在になっていて、しかも自分でそれに気づいていない人です。

 

逆にいくつになっても腰が低く、年下の人に対しても丁寧に接することができるような人はいつまでも、周りは一緒に仕事をしたいと思いますね。

 

ディレクターが転職するときはそんなこともちょっと考えるといいかもしれません。

関連記事:フリーランスのディレクターやテレビスタッフのお給料について知っておきたいこと

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般