CM・広告の仕組み

トリプルメディアとは?活用方法を広告代理店が解説!

トリプルメディア

メディアは

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

という三つのメディアに分類することができ、

これらをトリプルメディアと呼んでいます。

 

これらのメディアはそれぞれ独立して存在しながらも、

それぞれ、情報の

  • 発信者
  • 拡散者
  • 仲介者

として相互関係が成り立っています。

 

今回はこのトリプルメディアについて、広告代理店である弊社ライズアドバートが、詳しくお話してみたいと思います。

 

トリプルメディアとは

 

まずはトリプルメディアと呼ばれている

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

が一体どんなメディアのことを指すのか、というお話からしてみたいと思います。

 

それぞれのメディアについて、見てみましょう。

 

オウンドメディア

 

オウンドメディアというのは情報の一番の発信元となるメディアのことを指します。

 

自社で管理することができる媒体で発信するメディアを指し、

  • 自社の公式サイト
  • パンフレット
  • ダイレクトメールやメルマガ

といったようなものが挙げられます。

 

最近はインターネットの普及により、このオウンドメディアがとても注目されています。

 

広告主自身がメディアをコントロールすることができますから、

自由に発信することができますし、

消費者も結局最終的には公式サイトへ辿りつく、という傾向があるからです。

 

広告主側が出している情報というのは、やはり一番信頼されるメディアであるとも言えます。

 

テレビCMなどで見た気になった商品やお店の情報というのは

やはりインターネットで調べて公式サイトを見に行く人が多いでしょう。

関連記事:WEBサイトで集客をすることの重要性

 

アーンドメディア

 

アーンドメディアは情報を拡散するためのメディアです。

 

  • テレビ番組でお店の紹介をする
  • SNSなどでお店や商品の情報が拡散される
  • まとめサイト、キュレーションサイトなどに情報が載る

といったことがアーンドメディアによる情報拡散の例として挙げられます。

 

これが圧倒的にオウンドメディアと違うところは

自社ではメディアの管理、コントロールができない、ということころです。

 

アーンドメディアのメディアを動かすのはあくまで消費者側。

 

広告主側は、どのようなコンテンツ内容だったとしても、コンテンツの伝播を止めることができません。

 

しかし、SNSのシェアなどで情報が伝播していくことが多いので

同じ趣味嗜好を持った人たちに、広くコンテンツを拡散させることが可能なのがこのアーンドメディアです。

 

そこに広告費用もかかりません。

しかし、どのメディアよりも拡散力が強いと言われています。

関連記事:SNSの広告効果として考えられること

 

ペイドメディア

 

ペイドメディアはコンテンツの仲介者で、

4マス広告やインターネット広告、交通広告など、消費者へアプローチをし、広告効果を促進させるためのメディアのことを指します。

 

運用に費用がかかるのが一般的で、

  • テレビCM広告
  • SNSの広告枠
  • 電車の中吊り広告
  • デジタルサイネージ広告

といった、一般的な広告のことを指します。

 

オウンドメディアやアーンドメディアではリーチさせることができない

一般層にリーチさせることを目的とした広告メディアなんですね。

 

テレビCMなんかはわかりやすくて、

テレビは見ている視聴者、つまりターゲットも幅広いです。

 

男女問わず見ていますし、家族で見ていることも多いメディアであるテレビは、

全年齢が対象となります。

 

また、消費者は広告に能動的ではなく受動的に出会います。

つまり、商品や企業に全く興味を持っていない層にも広告を届ける事ができるんですね。

関連記事:テレビCMの価格はどうやって決まるのか

 

トリプルメディアの連携による広告効果促進

 

広告業界ではメディアミックス、と言われる「様々な広告媒体を使って、並行して広告を行う事」が

広告効果促進のためのカギです。

 

メディアミックスを考える時に、

どの広告がオウンドメディアで、どの広告がアーンドメディア、ペイドメディアなのか、という視点を持つ事ができれば

このトリプルメディアのバランスを考えてメディアミックス戦略を立てていくことができます。

 

例えば自分がいつも商品を買う行動フローを考えてみてください。

 

  1. テレビCMで放映されているメイク用品が気になって、【ペイドメディア】
  2. それをインターネットで調べ、公式サイトを見てみる【オウンドメディア】
  3. さらにその商品の口コミについてネットで調べてみる【アーンドメディア】
  4. そのメイク用品を販売している店舗に訪れて購入する。【オウンドメディア→コンバージョン】

というように、トリプルメディアの全てを通った上で実際の消費活動に結びつく、ということはよくあることなのです。

 

だからこそ、販売効果を高めて行きたいのであれば、いろいろなメディアの相乗効果をうまく使っていくことが重要なんですね。

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、広告を出稿したい、という皆様のご予算とブランディングに合わせた広告プランをご提案させていただいております。

 

ご予算段階からのご相談でも構いませんので

下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

 

では今日はこのあたりで。

 

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談