サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビの仕事:世の中を動かす

みなさん、こんにちは。
私はテレビの報道番組や情報番組の仕事に携わって17年目になる42歳のおっさんです。
あれっ!? 42歳で17年目って、結構業界デビュー遅くない?
業界に入る前は何やってたの!?など、

いろいろ突っ込みたくなると思いますが、とりあえずそのことは横に置いておきましょう。

そのうち気が向いたら説明しますね。

今回はテレビ業界で働く意義について書いてみます。

テレビ業界の仕事、特に報道や情報番組で働く意義はズバリ「世の中を動かすこと」です。

日々の放送で、視聴者にいろいろな出来事をいろいろな角度から伝えるなかで、
人々の生活にほんの少しずつ

影響を与えていることは間違いないのですが、私には一度目に見える形で「世の中を動かした」と思えることが

ありました。それは、「都市鉱山」についてです。

 

「都市鉱山」とは、レアアースや希少金属などが電化製品や自動車、携帯電話、さらには入れ歯にまで

使われていて、日本をはじめ先進国では、それらの製品を大量に保有しています。
そのレアアースや希少金属は再利用も可能なため、
今後、レアアースや希少金属を使った製品が廃棄されると、

それは“お宝たっぷり”「都市鉱山」となります。
それをうまくリユースすれば、
国内でレアアースや
希少金属を調達できるというものです。

私はこのネタをある番組で約9年前に放送し、

その中で
「一部のケータイショップで古い携帯電話の回収が始まっている。
回収する際の個人データの消去・破壊の仕方」

などについても合わせて放送しました。

するとその後、1,2か月で各報道・情報番組で次々と同じような放送がされ、街のケータイショップには、

「携帯電話回収ボックス」が次々と設置されました。もちろん私が行った放送のみによって、

この時の世の中の動きができたわけではありません。

しかし、「世の中を動かすきっかけのひとつ」になったことは間違いないでしょう。

当時はプライベートで街を歩いていても、ケータイショップの回収ボックスを見ると

「世の中を動かした」と心の中でガッツポーズが自然と出たものです。

世の中で言われるように、

テレビ番組制作の仕事は時間が不規則で、
休みが不定期など、

大変な面が多い職業です。

しかしその反面、「世の中を動かす」ことのできる数少ない職業であることも事実です。

そして「世の中を動かす」まではいかなくても

日々「人々に影響を与える」仕事でもあります。

その分、責任が重いとも言えますが、やりがいはある仕事です。

 

(東京 報道ディレクター)

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般