テレビ業界の裏話

テレビADのスケジュールについて解説

普段テレビADがどのようなスケジュールで働いているのかということはこれからテレビ業界に入ろうとしている人には気になる部分だと思います。

特にAD業務は激務だと言われることが多く、休みをきちんと取ることができるのか?睡眠時間はどれくらいなのか?というような質問をいただくことが多いですね。

今回は特にテレビ業界で働くADの仕事のスケジュール感について解説していきたいと思います。

どんな番組に入るかでスケジュールは大きく異なる

実はADの仕事というのはどのような番組に入るかによって大きく異なるものです。

ざっくりと二つに分けられるのですが

  • 収録ものの番組(完パケとも言います)
  • 生放送番組

どちらに入るかによってかなりスケジュールも変わってきます。

なかなか仕事を体系化して進めるということもできないため、臨機応変な対応力が求められますし、Off-JTのようなものはありません。

そのためほとんどの人が未経験でテレビ業界に入ってきて、そのまま所属になった番組の中で右も左もわからないままに仕事を始め、最初は苦労しながら仕事を覚えていくという流れが一般的です。

最初は覚えることも多くて大変だと思いますが、その時期にどれだけ仕事を積極的に覚えていけるかどうかというところがその後の働き方に影響してくると思います。

ではそれぞれの番組で仕事のスケジュール感はどのように変わってくるのでしょうか。

バラエティ番組など、収録ものの番組の場合

バラエティ番組など収録をして編集をし完成した素材を放送する番組の場合は、番組が放送される3週間〜1ヶ月前くらいからリサーチ業務が始まります。

このリサーチというのは、テレビ番組内で扱うネタをリサーチする仕事です。

例えば今女性に大人気のスイーツ店トップ3、みたいな企画をやるときにお店のリサーチをしたり、最近の流行りを調べたりする必要があります。

リサーチ業務は最近はほとんどネットで行われることが多いですが、調べ物をするのに図書館が使われることも多いです。

テレビ番組が放送される1週間から2週間前くらいに、ネタの構成を決めた上で撮影の仕込み(撮影交渉、許諾など)を行い、撮影をします。

その後放送される一週間前程度からディレクターと一緒に編集部屋にこもって編集をしていくというような流れになります。

ひとつの番組を作るのに1ヶ月ほど前から準備をして撮影をして編集をするので、こういった完パケ番組の場合はかなり時間と労力がかかっているということが分かると思います。

関連記事:番組リサーチの仕事ってどんなことしてる?どんな働き方?

生放送の番組の場合

生放送番組に関わっているスタッフの一週間単位で動いていることが多いです。

試しに例を挙げると、

月曜日…お休み

火曜日…お休み

水曜日~金曜日…出社。次のオンエアの準備

土曜日~日曜日…オンエア前日なので、オンエアまでぶっ通しで作業。

オンエア後反省会をして、解散。

このような感じですね。

特に平日毎日放送がある帯番組の場合は曜日ごとに担当が決まっており、それぞれの曜日でチーム精のようになっていて、それぞれの曜日にADやディレクターが入っています。

完パケ番組のように編集をする必要がないぶん、かなり1本1本のスケジュールが短く、オンエアをたくさん経験することができます。

関連記事:テレビの生放送の仕組みとは?

最初は情報・報道番組がおすすめな理由

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、主に情報を報道番組をメインに取り扱っています。

未経験でテレビ業界に入る方に対しては特に最初は情報・報道番組がお勧めですという話をしています。

というのも、情報・報道番組は基本的に生放送のものが多いですがコーナーでロケに出たりすることも多く、完パケも少し経験することができる、というような番組が多いです。

また情報番組では様々なジャンルを取り扱いますのでお笑い芸人やタレントさんやミュージシャンなど、業界のあらゆるジャンルの人と関わることができますし、制作も様々なジャンルを少しずつ体験することができるような番組構成になっていると思います。

明確にこのジャンルの番組を作りたいというのがある人はなかなか初めのうちはいませんので、まずは情報報道番組で仕事を経験しながら、将来的にどのような番組を作っていきたいのかということを具体的に考えていくと良いのではないでしょうか。

またスケジュール的なところを言うと、生放送の場合は放送自体が終わってしまえば全ての業務が終了するのでスケジュールが見えやすいというメリットがあります。

それに対して完璧番組の場合はギリギリまで編集ということもあるので、どのようなスケジュール感仕事が終わるかということが見えない部分が多いです。

休みを取りやすいという面でも、生放送の多い情報報道番組はおすすめなのです。

関連記事:ADに休みはあるの?休日は何をしてるの?

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般