CM・広告の仕組み

テレビCMの作成と放送を一緒にやるメリットと注意点

弊社ライズアドバートは広告代理店ですが、テレビCMの素材の作成もグループ企業内で承ることができ、

特に「初めてテレビCMに挑戦しようと思っている」という企業様に多くお問い合わせをいただいております。

 

通常はテレビCMの作成はCM制作会社に依頼をし、放送枠の獲得は広告代理店に依頼するのが一般的です。

ただテレビCMを初めてやる場合は、どこに何を頼んだらいいのかわからない、という企業様が多いと思います。

 

CM作成と放送が一緒にできれば連携も取りやすいですし、一緒に進めることのメリットがあります。

 

コストカットできる

 

通常であればCM制作会社と広告代理店は別なので、

初めてテレビCMをする場合、CM制作は広告代理店からCM制作会社に制作をおろしたり

CM制作会社と広告代理店とそれぞれやり取りをしたりするものです。

 

そうなってくるとどうしても余計な費用がかかってしまうものですが、

CMの作成とCMの放映を同じ会社ですることができれば、余計な中間マージンが発生することがありません。

 

そういった意味で、CMの作成と放送枠の獲得を一括でご依頼いただければ、なるべく費用を抑えた形でCMを放送することができるのです。

関連記事:CM制作の基本知識!流れや費用などについて紹介

 

考査を絵コンテからできる

 

テレビCMを放送する時は必ず考査というものが必要になります。

考査には

  • 会社の業態を審査する業態考査
  • CM内容を審査する表現考査

の2種類の考査があります。

 

前者の業態考査には会社の履歴がわかるよう登記簿謄本が必要になります。

また後者の表現考査では「使ってはいけない表現が使われていないか」「誤解を与えるような表現になっていないか」といったようなことが審査されます。

 

CMの作成を一緒にご依頼いただく時は、テレビ局の選定や枠取りなども同時並行で進めていくことができます。

もうすでにテレビCM素材がある、という場合はその素材を考査に通す必要があり、テレビ局はテレビ局でもそれぞれ考査の基準が違いますので、「あっちのテレビ局ではOKだったのに、こっちのテレビ局ではダメだった」みたいなことも可能性としてはあるんですね。

 

そういった状態になってしまうと、せっかく作ったテレビCM素材を少し修正したりしなくてはいけなくなってしまったりする場合があります。

 

それを避けるために、CM作成をする時の絵コンテの状態から考査をしておく、ということができます。

絵コンテは映像制作をする時の大まかな下書きのようなものですが、この状態で一度考査をしておいて、さらに修正がまだきく仮編集の時、完成版の状態でそれぞれ考査を通すことができます。

 

テレビ局があらかじめ決まっておけば、そのテレビ局にお願いして考査をすることができるので

CMの作成をしつつ、テレビ局の考査もきちんと通るような内容を作っていくことができる、ということなんですね。

 

このようにテレビCMを作っていければ安心です。

 

特に

  • 医療関係のもの
  • 薬事法などが関わるもの
  • 金融系、投資関連の商材
  • 宗教関連

などは考査が非常に厳しくなります。

テレビは多くの人が見るメディアなので、どうしてもそういったところは厳しくならざるを得ません。

 

なので、そういった関連のCMをしたい時は、テレビ局にも最初から協力してもらって、

流せる内容のものを作る、という方向でCMの作成をしていくとスムーズなのです。

 

中には、CMでは少し流しづらい内容のものは別の方法にしてしまう、というケースもあります。

例えば番組の中で紹介したり、持ち込み企画的な形で番組そのものを作ってしまう、というようなパターンです。

これも最初にテレビ局に相談する形にすれば、CMという形ではないかもしれませんが実現できるかもしれません。

関連記事:仮想通貨のテレビCMはできるの?これからどうなる?

 

早くCMをすることができる

 

テレビCMには

  • 特定の番組のスポンサーとなるタイムCM
  • 番組スポンサーという形ではなく、ランダムにテレビCMを投下するスポットCM

の2種類がありますが、スポットCMの場合は特定の番組のスポンサーになるわけではないのでかなり融通がききます。

なのでなるべく早くCMを放送したい場合はスポットCMの方がおすすめです。

 

そしてスポットCMなのであれば、CM作成と放送枠の獲得を同時並行で進めていくことが可能です。

先述したように、絵コンテ状態で考査を通しておいて、その間に放送枠を決めてしまう、という感じですね。

 

CM作成は新規で撮影をする場合は最短でも2週間くらいかかるものですが、予算があれば撮り下ろしでもそれくらいの期間で作成することが可能です。

2週間あれば放送枠の獲得も実はできなくありません。

つまり「もう月の中旬にさしかかろうとしているけど、来月からテレビCMを放映したい!」という場合でも、対応できるケースがあるのです。

もちろんクリアしなくてはいけない部分はたくさんあるのですが。

 

こういったスケジュール的な意味でも、CM作成と放送枠の獲得を同時に進めていくのは効率が良いです。

関連記事:CM制作をするならどれくらいスケジュールを見ておくべき?

 

テレビCMに関するご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談