映像制作のコツ

動画編集をする流れって?テレビ制作会社が説明してみる

最近は無料で動画を編集することができるソフトやアプリなども増えてきて、誰もが動画編集をする時代になりました。

ひと昔前までは撮影をする機材も編集ソフトもとても効果なもので、専門的な知識のある方の仕事でしたが、今はスマホが一台あれば撮影から編集、書き出して動画のアップロードまで出来てしまいますね。

えいぞーさん

すごい時代になったな〜と感じます!

今回はこれから動画編集をやってみたいな〜と思っている方に向けて、テレビ番組制作を行う弊社ライズプランニングが、テレビ番組の編集との違いも織り交ぜつつ、動画編集の流れについて解説してみたいと思います。

テレビの編集とYouTube動画編集、何が違う?

テレビ番組の編集は多くのプロたちが関わります。

一つの番組を制作するのに、企画を出して、それをみんなで話し合って、リサーチと呼ばれる情報収集を行います。

リサーチ一つとっても、リサーチャーと呼ばれる専門の人がいたりします。最近はADが兼務することが多いですけどね。

お店に取材に行く時はあらかじめコンタクトをとり、許可をいただきます。

撮影をする時はAD、ディレクター以外にカメラマンや音声さん、照明さんといったプロと一緒に現場に伺います。

この時点で既にYouTube動画とは違いますね。ほとんどの場合は、YouTube動画は一人、もしくは少人数で動画を撮影しているかと思います。

撮影した動画素材はまず、主にディレクターがオフライン編集という編集を行います。

ここはYouTube動画と似ていて、動画編集ソフトを使ってパソコンで編集を行います。一番よく使われているのはAdobeのPremiere Proというソフトです。

とりあえず一通り編集が終わったらプレビューという試写を行い、修正が出たら都度修正してまたプレビューという感じです。

オフライン編集が終わったら今度はオンライン編集。

今度はエディターと呼ばれる専門家が登場します。

テロップを入れてもらったり画面の色を調整したり。こまかい調整をしていきます。

また音入れ(MA)はミキサーさんが行います。

このように各セクションごとに専門家がいて、色々な人が関わって作られるのがテレビ番組。

YouTubeの動画はイメージで言えば、オフライン編集だけで編集が終わる、という感じですね。

関連記事:オフライン編集とオンライン編集はどう違う?テレビ番組制作における編集過程

動画編集をしてみよう!必要なものは?

動画編集をするのに必要なのは

  • カメラ
  • 動画編集ソフト

の二つです。

しかしどちらも最新のiPhoneがあれば代用できてしまいますね笑

より凝った映像を撮りたいのであれば、それぞれお金をかけて用意してもいいと思います。

created by Rinker
¥247,319 (2022/01/17 11:38:37時点 楽天市場調べ-詳細)

YouTuberによく使われているのはソニーのα7というシリーズですね。

しかしなかなかのお値段なので、4Kが撮れる小型のカメラ、Osmo Pocketなどもおすすめですよ。

DJI Osmo Pocket 3軸ジンバルスタビライザー搭載4Kカメラ OSPKJP

動画編集ソフトはテレビ業界のオフライン編集ではAdobe PremiereProがよく使われていますが、このソフトはYouTuberの方にもよく使われています。

iPhoneを持っている方だとApple同士の互換性もあったりして、Final Cutを選ぶ方が多いですね。

HIKAKINさんなんかもApple製品で統一しており、動画編集もFinal Cutでやっていると動画内でおっしゃっていました。

Windowsを使っていて、あまりお金をかけたくない、という方はAviutlを使ってみるといいと思います。こちらは無料で使えるソフトですが、一通りのことができるのでおすすめです。

関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

編集の流れ

編集はやりながら覚えるのが一番ですが、ざっくりとコツをお伝えしてみたいと思います。

まず、動画を作る時に絵コンテ的なものがあった方が楽です。

動画の全体の構成を決めてから動画を撮影するんですね。そう、撮影の時点から編集はすでに始まっていると言っても過言ではないのです。

絵コンテとはイラストなどで表された動画の構成を描いたものです。

構成が決まっていると撮影もスムーズにいきやすいです。

そして編集をする時は素材を一通りまとめて、構成にそった順番でタイムラインに並べていきます。

そこから要らないところをざっくり切って行って、尺が決まっている場合はあとどれくらい削るか、という調整をしていきます。テンポの良いYouTuberさんはかなり細かい間も切っています。

好みではありますが、映像を切って調整してからテロップやBGMをつけると上手くいくことが多いです。

画が決まっていないと後から切った時にBGMがずれたりしますからね。

ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事:番組制作の編集ってどんなことをするの?働き方は?

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。







    テレビ業界に興味があるCM広告を検討している映像制作に関して相談したい


    友だち追加