テレビ業界の裏話

インサート撮影とは?撮影方法や編集での使い方も紹介!

テレビ番組制作をしていると必ずインサートの撮影を仕事でするようになります。

今回はこのインサート撮影について、インサート撮影とはどういうものなのか、撮影はどのように行うのか、インサートカットが編集時にどのように使われるのかということを解説していきたいと思います。

インサート撮影とは

インサートというのは日本語に直すと「挿入」「差し込む」「組み込む」といった意味になります。

連続した映像の間に挿入をする映像のことをインサートカットと呼び、人物や商品、場所や食べ物などがアップで映るカットになっていることが多いです。

グルメロケであればその料理がおいしそうに見えるように別で料理のみの映像を撮ったり、ロケ番組では訪れたお店の外観などがインサートカットにて映し出されたりすることがよくあります。

皆さんもテレビ番組を見ていたらインサートカットを自然とたくさん見ているはずです。

ロケなどでインサートカットを撮る場合、演者さんは必要ありません。

説明的な映像になりますので、基本的には対象となるもののみを撮影するのがインサートです。

関連記事:グルメリポーターの役割と食レポのコツ

インサートの撮影方法

インサートの撮影方法ですが

  • B班(インサート撮影チーム)を作り、ロケの本隊を追いかけながら撮影をする方法
  • 後日改めてインサートのみをまとめて撮影しに行く方法
  • 次戦にインサートを全て済ませておく方法

の大きく分けて3つの撮影方法があります。

それぞれの撮影方法について解説していきます。

インサート撮影チームでインサートを撮影していく場合

本隊を追いかける形でインサート撮影チームがロケ当日に一緒に行動する撮影の仕方です。

取材先にも1日だけ時間をもらえれば良いので負担が少なく、段取りをしっかり組めばスムーズに撮影をすることができるやり方でもあります。

しかし編集に入ってから「このインサートがない」みたいなことが起こりがちで、後から別日で追撮(追加撮影)をお願いするということもあります。

この場合もちろんスタッフも必要になりますし、カメラや照明などレンタル用品の出費が出てしまったりなど、時間もお金もかかってしまうことがあります。

同時並行でやっていくとどうしても抜け漏れがあるものなんですよね。

後日インサートロケをする場合

ロケ当日にインサートを撮るのではなく、必要なインサートが把握できてから改めて別の日にインサートロケをするという方法もあります。

1日に色々な場所をを回ってインサートのみとって行くので、バタバタはしますが効率的な撮影の方法かなと思います。

抜け漏れがあったということも少ないですしね。

しかしお店などにインサート撮影のお願いをする場合は、ロケ当日以外に別の日でも時間を割いていただかなくてはいけないので、先方には少し負担になってしまいます。

事前にインサートロケをする場合

グルメ番組などの場合は料理の食材や工程を事前にインサートとして撮影編集させてもらい、その映像を演者さんたちに先に見てもらって撮影を行う方法があります。

これは料理の金額を予想したり、クイズ形式になっているような番組でよく見られる方法です。

こちらもどうしてもお店側の負担が増えてしまいますが、先にインサートの撮影をしているので抜け漏れはありません。

少し特殊な番組だったり演出が必要な場合にこういった事前のインサートロケを実施します。

関連記事:オフライン編集とは?番組制作の裏側

インサートカットの編集方法

映像だけではわかりにくいような部分を説明補足できるようにインサートカットお話の内容に合わせて挿入するというのが一般的です。

あとは撮影をした映像だけではなくイラストなどでインサートカットを作る場合もあります。

専門的な話になってきている場合は一般の人でもわかるようにイラストで解説をする動画をインサートカットとして入れるわけですね。

またドラマなどストーリーがある映像に関してはシーンの切り替えに風景の動画をインサートカットとして使うこともあります。

このインサートカットがあることによって状況の説明をしたり時間経過などの演出をつけることができます。

ドラマや映画などの映像の場合はナレーションで補足するということができませんので、全てを映像にして伝えなくてはいけません。

そのためこういったインサートカットも重要な役割を果たしているのです。

視聴者の方になるべく内容が分かりやすいように、また演出が伝わりやすいように使われるのがインサートカットということです。

ちなみにインサートカットとして撮影した食品などはすべてADなどの若手が撮影後に美味しく頂いています。

逆を言えばインサートカットを別日で取る場合はインサートだらけになりますので、たくさん食べなくてはいけない日ということでもあります。

若手のうちは食べるのもお仕事ということですね。

関連記事:テレビ番組の食レポのシーンと、そこで撮影した料理はどうしてる?

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般