CM・広告の仕組み

効果的なCM、2パターンで放送してみるというやり方

テレビCMを作る時に効果的なCM放送をするためCMを2パターン作るという方法があります。

実はこの方法はよく使われている方法で、CMを使っていろいろなことを試してみたいという企業様にはぜひ取り入れて欲しい手法です。

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがテレビCMを2パターン制作する時、どのようなパターンで制作をするのか、また2パターンある場合どのような戦略で放送をするのかということについて解説していきたいと思います。

 

尺の違うパターンを作ってみる

 

CMを複数のパターン作る時によく取られる手法が尺の違うパターンのCMを作るという方法です。

その中でもよくあるのが15秒の尺のものと30秒の尺のものを制作する方法になります。

 

普段テレビCMを見てるだけだとあまり意識しない部分かもしれませんが、テレビCMというのは基本的に15秒か30秒のものが多くなっています。

時間的に言うと大体半々くらいのボリューム感で流れているのですが、やはり30秒のCMを放送する方が料金的には高くなってきますので、最初は15秒の尺のものを始めるという企業も多いです。

 

ただ一般的にあまり認知されていない商品やサービスであったりする場合は30秒のCMの方が伝えられることは多いので30秒のCMにする場合もあります。

意外とCMとしてみた時に30秒というのは尺的には長くて、詰め込める情報量も多くなるんですよね。

 

15秒も30秒もどちらも試してみたいという場合もありますので15秒と30秒どちらのパターンを作っておいてそれを混ぜて放送するという方法もあります。

 

制作を一度しておけば、その映像を使って何度もCMを放送することができますので、最初は15秒で試してみて、次に30秒でもやってみるというやり方をしてみても良いでしょう。

 

逆にテレビCMでは15秒のものしか流さないで30秒尺のものは公式ホームページで配信をするというやり方をしている企業もあります。

インターネットで動画を配信する際は尺を気にする必要がないので、インターネット配信用の動画は60秒尺のものにしているというようなパターンもあります。

関連記事:テレビCMを制作してWEBでも配信したい時に気をつけたい権利の話

 

内容を変えたものを作ってみる

 

前述したようなCMの長さを変えたパターンの物を作ってみるという手法の他にCMの内容そのものを別の内容にして2パターン作るという方法を使う企業もあります。

 

AパターンとBパターンでストーリー性を持たせてどちらのCMも見ると意味が分かるような内容にしてみたり、

同じ内容のCMを実写バージョンとアニメバージョンで2パターン作ってみるというようなやり方もあります。

 

別パターンのCMを見ることによってより効果的なCMになり視聴者の印象に残りやすいCMとなるでしょう。

関連記事:地方CMっぽいCMを東京でやると印象的!

 

2パターンCM制作をする時の予算

 

2パターンのCMを制作するときの予算の考え方ですが、最初に説明した15秒と30秒の二つのパターンを作る、というような尺の長さを調節して複数パターンを作るのであれば制作費が倍になるようなことはありません。

同じ素材の中から編集で15秒のパターンと30秒のパターンを作るというようなやり方になるのでそこまで手間が多くなるわけではないからです。

 

それに対して、内容そのものを別パターンにして制作をする場合は費用が倍額以上かかることがあります。

これはCM制作会社との相談になってくるのですが、どうしても全く別のものを作るとなるとそれだけ撮影や制作に手間がかかってしまうので工程は多くなります。

 

どのようなCMを作るのかということと予算についてはCM制作会社と相談しながら決めていきましょう。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

2パターンCMの放送の仕方

 

CMパターンが2パターンある時の放送の仕方ですが、尺が違うテレビCMに関してはそれぞれバラバラに散りばめてCMを放送するという方法があります。

15秒のパターンと30秒のパターンどちらも見てもらうことによって効果的なCMになるでしょう。

 

内容が違う2パターンのCMの場合は段積みといって30秒の中でAパターン15秒Bパターン15秒という形で、連続して別パターンのCMを放送するという方法があります。

内容の違うCMを続けて見てもらうことによってより印象に残りやすいCMにするという方法です。

テレビを見ているとたまに見かける手法でもあります。

これはかなり印象に残りやすいやり方だと思いますのでおすすめです。

 

CMにはいろいろな手法がありますし、放送の仕方も様々ですので、こういった特殊な包装の仕方や制作の仕方をしたい場合は広告代理店や制作会社と相談しながら進めていくと良いでしょう。

関連記事:テレビCMを扱う広告代理店には何を依頼できるのか?

 

弊社ライズアドバートではCMの制作と広告の枠取りをワンストップサービスでご提供することが可能です。

CMの内容に合わせて広告枠のご提案をさせていただくことができますのでお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談