CM・広告の仕組み

テレビCMを扱う広告代理店には何を依頼できるのか?

弊社ライズアドバートにお問合せをいただく企業様は圧倒的にテレビCMをするのが初めてという企業様が多いです。

テレビCMをやりたいという企業様は普段はテレビCMとは全く関係のないお仕事をされているわけで、初めてテレビCMをやるからCM業界のことは全く分からないという状態です。

もちろんそれは当たり前の事です。

 

テレビCMをやるには広告代理店に依頼をするということは何となく皆さんご存知だと思いますが

具体的に広告代理店に何を依頼することができるのかということはよくわからない方が多いと思います。

 

今回はテレビCMをやりたい時にテレビCMを扱っている広告代理店が何をしてくれるのかということについて解説していきたいと思います。

 

テレビCMを扱う広告代理店の種類

 

実は広告代理店と言っても色々な種類があります。

大きく分けると

  • 特定のジャンルに特化している専門広告代理店
  • 様々な広告媒体を扱うことができる総合広告代理店

の2つがあります。

 

総合広告代理店は電通や博報堂、アサツーディ・ケイなどが有名かと思います。

 

有名な総合広告代理店ではテレビCMは使っているだけでなく、商品が売れるためにたくさんの広告媒体を使ってPRするためのプランを出してくれます。

 

専門広告代理店の場合は特定の広告媒体に特化した代理店になりますので、テレビCMをやりたいという場合はテレビ専門の広告代理店に依頼をすることになります。

 

名前の知れた総合広告代理店の方ができることは多いですし、

様々な媒体を使って一気に大きな広告を出して行くことができます。

ただしそれだけ金額も高くなってしまうのがネックです。

 

なるべく費用を抑えてテレビCMをやりたいという場合は、総合広告代理店の中でも中小企業を選ぶか、テレビCM専門の広告代理店を選ぶと良いでしょう。

関連記事:CMをやりたい時の広告代理店の選び方

 

広告の枠取りとプラン提案

 

テレビCMを扱っている広告代理店に依頼できるのは広告の枠取りとプラン提案になります。

 

どのような商材をどのようなターゲットに対して宣伝したいのかということを聞き取り、

ご予算に合わせてまずはプラン提案というところから始めていきます。

 

テレビCMの枠の取り方も色々な取り方があって、

例えばテレビCMには大きく分けて二つの種類があります。

  • 特定の番組のスポンサーになって、その番組内でテレビCMを放送するタイムCM
  • 番組のスポンサーにはならずにある程度時間帯を指定して、その時間帯の中でランダムにテレビCMを放送するスポットCM

です。

まずはどちらが良いのかというところから決めていきます。

 

初めてテレビCMをする場合は大体の場合が後者のスポットCMにすることが多いです。

タイムCMに比べると比較的少額の予算から出稿することができるということと、番組編成にあまり影響されないので融通が利きやすいという理由です。

 

さらにスポットCMの中でもどのような曜日・時間帯でテレビCMを放送すればよりターゲットにリーチしやすいのか、

どのテレビ局を使ったらターゲットに合うのか、

というようなことを考える必要があります。

 

テレビCMは使っている広告代理店であれば、そういった事を相談しながら決めていくことができます。

 

おおかた内容が固まってきたら、それぞれのテレビ局の見積もりを広告代理店が出してくれるので

その中でどの枠でテレビCMをするのかということを最終的に決めていきます。

 

実際にテレビ局とやり取りをするのは広告代理店なので、広告主である企業様は広告代理店に提案されたプランの中からプランを選ぶだけで、後は広告代理店が枠取りをしてくれます。

関連記事:CM広告のエリアの決め方について

 

CM制作は依頼できる?

 

初めてテレビCMをやる場合は実際に放送するCMの映像素材を制作する必要があります。

このCM制作に関しては広告代理店に依頼することができる場合とそうでない場合があります。

 

弊社ライズアドバートの場合はグループ会社で映像制作を行っており、テレビ番組などの制作もしているので制作を一緒に承ることができるのですが、

広告代理店によっては制作は別の会社にお願いをしたり、そもそも広告主である企業様の方で手配をしてもらったりすることがあります。

 

もちろん弊社のように広告代理店がCM制作もできますという場合でも、必ずそこでCM制作をしなくてはいけないということではありません。

別の制作会社で作ったテレビCMを持ち込むような形で枠取りだけ依頼するということも可能です。

 

ただCM制作とCMの枠取りを並行してやっていた方が楽な面もあります。

絵コンテの状態で考査を通すことができたり、意思の疎通がしやすいというような部分ですね。

余計な中間マージンが発生しないので費用的にも安くなるという面もあります。

関連記事:CMの広告代理店と制作会社の違い、どちらに何を頼むのか

 

テレビCMにはいろいろなやり方がありますし、なかなか普段テレビに関係していない広告主様からするとわからないことだらけだと思います。

是非お気軽にご相談下さい。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談