サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ業界は過酷なところなのか?

テレビ業界の仕事のイメージとして、「きつい」「汚い」「休みがない」「給料もやすい」というのは、よく耳にされるでしょう。

本当のところはどうなのか?というと…

テレビ局の仕事の大変さ

ひとことで言うと、番組や現場によりけり、です。

働いている時間のすべてがずっと「きつい」っていうわけではありません。

1か月間毎日が、「きつい」というわけではないと思います。

 

「汚い」っていうのも、

ロケのときや、編集で何日間か帰れないというときは、そりゃ身なりに構っていられませんので、少しばかり汚くもなりますが、

最近の女の子ADは、きちんとネイルしていたり、ヘアスタイルを楽しんだりしている子も見かけます。

髪の色も、染めてはいけないとは言われませんし、服装も動きやすいものがいいので、紺や黒のスーツを着る必要もありません。

その点は自由といっていいでしょう。

個性を出せるとも言えます。

いったいどこで買ってきたのかと思うような、奇抜な服を着ているスタッフもいます。

また中にはどんなに忙しくてもジャケットを必ず着る、というポリシーを持っているスタッフもいたりします。

関連記事:バラエティ番組のADの仕事

walk_l

テレビ番組制作で休みが取れない理由

 

「休みがない」というのは、

放送まで、あまり時間に余裕がない番組につかされたとき。

バラエティ番組や密着番組なんかで、映像がたくさん撮れていないとき、でしょうか。

映像がたくさん撮れていないと、
休みたくても、まだ足りないから、追加で撮撮しよう、ということはままあります。

よりいいモノを作りたい、見てもらいたい

という気持ちがあるから、結果的に忙しくなるわけですね。

 

テレビの仕事は数学のようにこれが正解、という明確な着地点がありません。

だからもっといいものが出来るのではないか、と少しでもいいものを創りたいと思ってしまうのです。

そして出来上がったものは100%満足することはないものです。

だからまた次につながるとも言えるでしょう。

関連記事:できるADのリサーチ方法とは

 

テレビ制作業界で働いている人

「給料が安い」

これは、業界全体が抱える問題です。

テレビ番組制作に従事している人は、4万人とも5万人とも言われています。

そのうち、テレビ局の局員というのは、5000人くらいしかいません。
東京の場合ですが。

 

1割のテレビ局員は、年収が1000万円以上ありますが、

残りの9割は、平均500万円あるやなしや、というところでしょう。

実際に制作しているのは、9割の人たちなのに、収入の格差が大きい業界です。

関連記事:ディレクターになってから休みはあるの?現場に出る大切さ。

 

テレビ局の仕事はいい仕事

仕事としてどうなのか、というと…

私見ではありますけど、

「伝える」ことができる。「表現する」ことができる

数少ない、いい仕事だと思います。

これからAI(人工知能)により多くの職が無くなると言われていますが、残っていく仕事の一つだとも思います。

 

ハードな売り上げ目標があって、それぞれのスタッフにきついノルマがあるわけではない。

時間の使い方は、比較的、スタッフそれぞれに任されているから、ずっとデスクにいなくてはならないということもない。

一日の仕事の管理をされるわけでもない。

自分の個性をいかした服装もできるし、メイクや髪型も自由なところが多い。

 

ある程度、自由にさせてくれるところもあるから、

過酷でひどい業界かと聞かれたら、そうでもないよ、と言いたいです。

関連記事:テレビ制作業界に就職する時に必要なこと

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般