テレビ業界の裏話

テレビ関係の求人はどんなポイントを見て応募すればいいのか

テレビ関係の仕事をやってみたい人は

  • 「テレビ 求人」
  • 「テレビの仕事 求人情報」

といった単語をネットで検索すると思います。

 

テレビの仕事の求人、というと珍しく感じるかもしれませんが

意外にもこういった単語で検索をかけてみると色々な求人が出てくるものですよね。

 

ですが今までテレビ関係の仕事をしたことがない未経験の人は特に

求人を見ても「どういう仕事をするのか?」ということがいまいち具体的にイメージできないことが多々あると思います。

 

今回はテレビ関係の仕事の求人をみる時んどんなポイントをチェックすればいいのか、ということについて書いていきたいと思います。

 

求人に出ている役職

 

まずは求人が出ている役職について見てみましょう。

調べてみると

  • AD・ディレクター
  • 放送制作、技術スタッフ
  • 制作デスク
  • カメラマン
  • グラフィックデザイナー

など色々な役職が出て来ます。

 

ADとディレクターが並列して書かれているところが結構見受けられますが

未経験でいきなりディレクターを任される、ということはありません。

 

制作の現場ではアシスタントディレクターを経験して、ある程度仕事ができるようになってからディレクターに昇格していくのが一般的なので

「未経験可!AD・ディレクター」と書いてあるからといって、いきなりディレクターの仕事ができるわけではないんですね。

 

また制作デスクなどだと、制作現場に直接関わる、というよりは進行管理などをメインとする仕事になる場合が多いです。

 

役職名の響きで決めるのではなく、それがどんな仕事なのかあらかじめ調べてから求人に応募した方がいいでしょう。

 

特にテレビ業界の仕事というのは具体的なイメージがつかないような仕事が多いですから、

入ってみたら全然イメージと違った!ということが往々にしてあります。

関連記事:テレビ局の種類と仕事内容について知っておこう!

 

番組ジャンル

 

次にどんな番組ジャンルに入る仕事なのか、ということもチェックしておきましょう。

制作の現場でスタッフとして働きたいのであれば、番組ジャンルは結構慎重に選んだ方が良いです。

 

多分テレビ関係の仕事に興味がある方はドラマやバラエティ番組を志望している人が多いでしょう。

 

ただドラマやバラエティ番組の現場は正直業界の中でも本当に大変な現場で、

未経験のうちからそういった現場に入ってしまうと、仕事の楽しさややりがいなどを感じる間もなく仕事をしなくてはならないような状況に置かれ

テレビの仕事が嫌いになってしまう人がとても多いです。

 

おすすめとしては報道や情報番組のスタッフに入ってみること。

生放送が多い番組なんかはスケジュールが固定で決まっている分、制作のスケジュールも固定で後ろにずれこまないことが多いんですよね。

 

そういったところでテレビの仕事にある程度慣れてみてから他ジャンルの番組に移る、というのでも遅くはないと思います。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

どこで働くのか

 

テレビ関係の仕事の求人の場合は、大きく分けて

  • テレビ局で働く
  • 制作会社で働く

という二つのパターンに分かれるかと思います。

 

テレビ局社員でない限りテレビ局には入れないだろう、と思っている人が多いですが

実はテレビ局内には色々な会社の人が出入りしているものなんですね。

 

制作会社所属でも、派遣という形テレビ局内で働いている人もたくさんいるんです。

ちなみに弊社ライズプランニングもそのパターンで、弊社所属のスタッフがテレビ局内のスタッフルームで働いています。

 

対して、番組制作会社の中で働く場合もあります。

 

番組制作会社に比べるとテレビ局の方が働き方改革にも積極的で

比較的働きやすい環境であることが多いのではないかな、と思います。

 

番組制作会社だとどうしてもその会社のルールに従って働かなくてはいけなくなるので、

労働条件がきつくなってしまう傾向はどうしてもあるんですね。

 

自身がどこで働きたいのか、というのが一番ではありますが

求人に書いてある情報だけでなく、その会社のホームページまで見に行って、どのような番組を制作しているのか

またどちらのパターンの会社なのか、というところまで見ておいた方が、

その仕事に就いた時に「思っていたのと違った!」となってしまうのを防げるかと思います。

関連記事:番組制作会社の仕事内容は?テレビ局とどう違うの?

 

制作じゃない仕事もいっぱいある

 

求人を見ていると、制作の現場とは関係ない仕事も結構出ているものです。

 

テレビ関係の仕事に就きたいと思っている人はほとんどが番組制作の現場で働きたいと思っていることが多く

でも実際に応募して仕事をしてみたら全然思っていた内容と違った、ということがあり得るんですね。

 

求人情報だけではどういう仕事なのかよくわからない、ということもあると思うので

面接などの際に具体的な仕事内容についても確認しておきましょう。

 

弊社ライズプランニングではテレビ局内で番組制作の仕事をしてくださる方を募集しています。

最初はアシスタントディレクターとして入っていただいて、ディレクターやプロデューサーも目指していただけるお仕事です。

 

番組ジャンルは主に報道、情報番組を扱っています。

ご興味がありましたら下記フォームよりお気軽に応募してください。

関連記事:アシスタントディレクターの中途採用情報!未経験でも大丈夫です。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般