テレビ業界の裏話

テレビ局で内定をもらえなくても実は局内で働くことができます!

将来テレビ関係の仕事に就きたいと思っている人が真っ先に思い浮かべる就職先はやはりテレビ局、ですよね。

 

しかし、テレビ局の就職というのはとても難しいものです。

有名大学出身でないとなかなかテレビ局の内定を勝ち取るのは難しく、テレビ関係の仕事を断念してしまう人も少なくありません。

 

しかし、テレビ局で働くには必ずしもテレビ局に勤めなくてはいけない、というわけではないんですね。

 

テレビ局への派遣という働き方

 

テレビ局に内定をもらわなくても、テレビ局の中で働くことができる働き方、

それはテレビ局に派遣として出向する、という働き方です。

 

所属としてはテレビ局ではなく派遣元の会社に所属することになるのですが

働く場所はテレビ局の中のスタッフルームとなります。

 

実は弊社ライズプランニングもこのスタイルをとっており、弊社に所属しているスタッフが各テレビ局の中で働いています。

 

もちろん未経験から働くことが可能で、

最初はアシスタントディレクターとして働き始めることになりますが、のちのちキャリアを積んでいけばディレクターやプロデューサーという役職にもつくことができます

弊社所属のスタッフもディレクターなどで活躍しているスタッフがたくさんいます。

 

実はテレビ局で制作している番組というのは全体的に見るととても少なくて、

ほとんどの番組が番組制作会社が制作をするような形になっています。

 

テレビ局の中にもテレビ局社員だけが働いているわけではなく、制作会社の人がいたり、派遣社員として働いている人もたくさんいるんですね。

関連記事:テレビ局の派遣ってどんな働き方?

 

テレビ局社員は必ずしも制作現場で働けるわけじゃない

 

実は広く知られていることではないのですが、

テレビ局の内定をもらったからといって、テレビ局で番組制作の仕事ができる、というわけではありません。

 

ほとんどのテレビ局がアナウンス部と分けて、その他の社員は一般職として採用をするからです。

 

しかしテレビ局も一つの会社であることに変わりはありませんから、

経理の仕事があったり、デスクの仕事があったり、と必ずしも仕事は番組制作の仕事に限りません。

 

「テレビ局社員として働く」ということを優先するならテレビ局の内定を貰わなくてはいけないですが

「テレビ局内で番組制作の仕事がしたい」と思ったらテレビ局に派遣社員として出向する、という方法があります。

 

むしろテレビ局の内定をもらうよりも、派遣で働く方が確実に番組制作に携わることができるんですね。

関連記事:テレビ局の一般職ってどんな仕事をするの?

 

派遣社員として働くメリット

 

テレビ局内で必ず番組制作の仕事をすることができる、ということ以外に

派遣社員としてテレビ局内で働くメリットは何かあるのでしょうか?

 

他の番組に移ることができる

 

派遣元の会社にもよりますが、派遣元の会社が色々な番組に派遣を行なっている場合は

別の番組に異動する、ということが可能です。

 

もちろん簡単なことではないので、色々な番組を転々とする、ということはできないのですが

自分のレベルに合わせて、ステップアップのために他の番組に移りたい、というような希望があった場合

なるべくその希望に沿えるような働き方ができないか、派遣会社側で提案をすることができます。

 

弊社でも出向する番組は種類がありますので、いざスタッフとして制作に入っていただく、という段階になった時に

ある程度希望を聞いて、それに沿った番組を提案することができます。

 

テレビ番組といっても色々な種類の番組がありますから、入る現場によっても仕事内容はかなり違ってくるんですね。

関連記事:番組スタッフの仕事をしている人は番組を移動することができるのか

 

コーディネーターがつく

 

弊社ではスタッフのみなさまにコーディネータがつくシステムになっています。

 

テレビ局との直接契約で仕事をするわけではないので

現場に入ることによって出てくる悩みやなどもコーディネーターがフォローすることができます。

 

どうしてもテレビの現場は忙しい現場が多いので、悩みなどが出て来た時に一人で抱え込んでしまう人が多く

なかなかそれを解決できないままに仕事をするのが嫌になってしまう、という人がいます。

 

そういった事態をなるべく起こさないために、フォローをすることができるスタッフがつきます。

関連記事:テレビの派遣コーディネーターの仕事

 

将来的にテレビ局に就職することも可能

 

もちろん派遣として働く中で、色々なツテができると思いますので

キャリアを積んでいき、タイミングを見てテレビ局の中途採用にチャレンジする、ということも可能です。

 

実際弊社の元スタッフにも、仕事をする中でテレビ局の中途採用にチャレンジし、そのままテレビ局に就職した人がいます。

 

実際の働き方がどうなのか、ということは入ってみないとわからないところもあると思いますが

テレビ局の内定がもらえないからといってテレビの仕事を諦めてしまうのはとてももったいないことなのです。

 

弊社でもアシスタントディレクターとして働いてくださるスタッフを募集しておりますので

ご興味がございましたら下記フォームよりご応募ください。

関連記事:アシスタントディレクターの中途採用情報!未経験でも大丈夫です。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般