サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビディレクターになるには

テレビ番組の制作の現場に初めて入る人は、
基本的にアシスタントディレクターという役職に就きます。
略してAD。聞いたことのある方も多いと思います。
(その昔「ADブギ」というドラマもありました。)

ディレクターになるにはADから

ADは、名前のとおり「ディレクターのアシスタント」の役割、
アシスタントの補助をする仕事です。
ほとんどの人はADからスタートします。

撮影の許可を取ったり、買い出しに行ったり、
リポーターや技術スタッフにスケジュールを伝えたり…など、
ロケの準備全般を行うほか、
過去の映像から、関連があるものを集めたり、
ほかの番組から取材テープを借りたりするなどの、
映像資料を集める仕事、
また、キャプション取りと言って、
ロケの映像の中の音声(言葉)をすべて文字起こしする作業など、
ADの仕事は多岐に渡っています。

こういった、番組制作の細かい作業を担当することで経験を積み、
番組がどうやって作られるか、
現場で何が求められるかということを学んでゆき、
数年後、ディレクターにあがるわけですが

何年か後には必ず、ADはディレクターになれるのかというと、
そう言い切れないところがあります。

ディレクターになれる人となれない人の違い

残念ながら、ディレクターになれない人も稀にいます

ドラマ、クイズ番組、音楽、スポーツなど、
ご存じのとおり、テレビ番組はいろいろな分野があって、
生放送もあればじっくり密着するものもあります。

バラエティ番組でも、
タレントがたくさん出るものもあれば、
素人さんをいじる番組もあります。
旅番組もあるし、ショッピング番組もある。

なので、どこかしらには自分に合う番組があり、
そこで認められれば、ディレクターになれる。

中継は苦手だけど、密着取材は得意とか、
スタジオは苦手だけれど、
グルメ番組で料理を最高に撮れるとか。
なにか一つでも得意な分野が見つかり、
そこで切磋すれば、普通はディレクターになれます。

ひとつの番組だけでは、
ディレクターになれるかなれないかは判断できません。

でも──
どこで頑張っても、ディレクターになれないという人は、残念ながらいます。

ディレクターになれない人の特徴

ohhokkaido_img71991_tp_v

 

どういう人がディレクターになれないのか、というと…
自分の世界から出られない人だと思います。

テレビというのは、視聴者に見ていただいて、ナンボの世界。

興味がなくても制作しなくてはならない

自分は全く興味関心がなくても、社会で求められていれば、
それを提供していかねばなりません。

米を研いだこともない、包丁をもったこともない、という人が、
料理番組を作ることもありますし、
野球を1度も見たことがなくても、
球団に密着しなくてはならない、なんてこともあります。

日本史のテストでは赤点ばかり取っていたのに、赤穂浪士の特番の担当になる、
ということもあるわけです。

興味関心がなくても、その番組担当になってしまえば、
ADやディレクターは、
視聴者は、この番組に何を求めているのか
どういうふうに取り上げれば、
興味関心のない視聴者をも、ひきつけることができるのか
ということを考えます。

専門書を読んだり、専門家に話を聞いたり、
身近な人でそれが得意な人に教わったりして、
自分の意識を企画へ向けていくことができます。

自分の世界から出られないディレクター

でも、自分の世界から出られない人は、ゴールまでの道筋を作ることができません。

ゴールっていうのは、
その企画で自分が何をどう表現したいのか、という完成形です。

ロケに出る前に、調査したり、ロケハンしたりという準備期間がありますが、
自分の小さい世界から出られない人は、その段階でも、とっちらかったまんまで、
構成を作ることができないのです。

取材を再構築できないディレクター

elly20160702125820_tp_v1

このネタはこういうものだ、というイメージをもっていても、
調査やロケハンをすることで、新しい情報を知ったり、
おもしろいエピソードに出会ったり、思い込みとは真逆だったり
ということに気づいたりします。

つまり、
たくさん集めてきたパーツを、一から組み立てていくのが構成なのですが、
自分の世界観に当てはめようとしてしまうと、
結局、自分しか楽しめない、
他人からすると、何が言いたいのかわからないものが出来上がってしまいます。

同じところを行き来しているような映像、
何を伝えたいのか一貫していない映像、
そういう映像は、見ているとイライラしてきてしまいます。

プレビューして、自分がダメだったところに気づくのであれば、
救いはあるのですが、
客観的に見ることができない人もいて、
そういう人は
ディレクターとして認められることが、なかなか難しいのです。

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般