サイト運営会社
テレビ業界の裏話

バラエティ番組の制作は過酷である

テレビ番組制作を、仕事として選んでくださる若い方々の中には、
バラエティ番組をやりたい!とワクワクしながらいらっしゃる人が多い。

でも、バラエティ番組からのスタートはおススメしない

 

バラエティ番組制作の必要性

 

バラエティ番組は大好きだ。
笑いを人々にもらたすのは、すばらしい仕事だ。
バラエティ番組が存在する理由も十分に理解している。
笑いというのは、人々の生活を豊かにする。

そして、笑うことによって、健康が維持され、寿命が延びる。と言われています。

69_65836048

笑いがある生活を一人ひとりが送っていたなら、
むやみに人を傷つけたり、自分の不幸を他人のせいにしたりしないでしょう。
笑いがある世界は平和。
だからバラエティ番組というのは世の中には必要なのだと思う。

笑いがあるから平和なのか、平和だから笑いがあるのか、
どちらでもいいことで、
嘘の笑いや、無理やりの笑顔であっても、プラスの効果があると言われています。

なので、笑いは平和と健康に効果的だ、というのは間違いない。

関連記事:テレビ業界にはどんな職種があるのか

 

バラエティの制作を仕事にする覚悟

 

しかし、バラエティ番組の制作を仕事にするのは、相当な覚悟が必要。

バラエティ番組が面白くて、楽しいから、という理由だけでは、続けていくことは難しい。
バラエティ番組で癒され、楽しんできたから、
仕事としてやっていきたい。というのは、

心意気は素晴らしいが、見て楽しくても、制作現場が楽しいわけではない。

テレビに映っているのは、スポットライトが当たっているほんの一部にすぎない。
スポットライトが当たらない部分の方が面積は広く、
そして、途方もない人たちが関わっている。

人を笑わせるというのは、芸人さんの力だけでは難しい。

テレビに映っている部分は、氷山の一角の部分で、それを支えているのは、果てしない時間と労力なんです。
綿密な計画や計算が潜み、
小さな仕掛けがたくさん仕組まれているんです。

バラエティ番組を見て、その世界観だけで制作の現場を訪れると、痛い目にあうし、
そういう目にあって消えていった若者をたくさん見て来ました。

せっかく、希望を持ってこの業界に入ってきてくれたのに、
自らを消耗させ、自信を失い、
プライベートな時間や、自分自身の楽しみや笑顔ややさしさを失って、
消え去ってしまう。

バラエティの制作現場は、
100人入ったら、残れるのは一人

それくらいの厳しい確率。

kazup1080821_tp_v1

1日で消えてしまう新人も多い。
3カ月もてば、いいほう。
1年もたてば立派なもの。

関連記事:テレビの仕事の種類と内容

 

なぜバラエティ番組制作は過酷なのか

 

ある日、突然来なくなった、
買い出しに出かけて、そのまま帰ってこなかった、という話は、よく聞くこと。

意気揚々と入った若者が、
すぐにやめてしまうのはなぜかというと、
仕事がキツイということだけではなく、

自分が番組制作の役に立っていないということを、猛烈に感じるからではないかと思う。

最初にやらされることは、おおかた、
小道具を買いに行くか、作らされるか、
はたまた、ロケさせてくれる人を探したり、場所を探したり。

小道具をきちんとそろえても、一生懸命作っていても、
様々な事情で変更になることがあります。

構成作家とタレントと制作ディレクターの間で、企画を練りこんでいる打ち合わせで、

「やっぱりこうしたほうがいいんじゃないか」
「こっちの方がおもしろいんじゃないか」と、どんどん変化していく。

朝、頼まれたことが、昼にはひっくり返されるなんてことはしょっちゅうで、それが、準備をしている下っ端のADの耳に入るのはずっと後。

せっかく用意したものが
結局使われずじまい、ということがよくあります。

自分が一所懸命つくっていた時間はなんなんだ…
探していたのはなんなんだ…
出演してもらえるように頭を下げていたのは、なんなんだ…と、

自分がやっていることが不毛に感じてしまうのです。

yko85_monitamiruzangyouol20131019_tp_v1

加えて、バラエティを担当しているディレクターは厳しい人が多い

なぜなら、自分自身が厳しい道のりを経験して、生き残っているから。

制作現場で厳しい人たちにもまれ、その中で育っている人なので、人当たりがキツい。
そして、そういう厳しさを乗り越えないと、
一人前にはなれないと思っている節がある。

関連記事:【就活】テレビ局を志望する時に考えておくべきこと

 

制作の仕事はバラエティ番組以外からでも

 

テレビ番組の制作、最初はバラエティ番組から始めなくても、というか、
わざわざ厳しいところから始めることはないと思います。

テレビというのは、どういう人たちが関わって作っているのか、
テレビが存在する意味ってなんなのか、
テレビは社会でどういう風に役立っているのか、
テレビ局の仕組みは、どういうものが企画になって、
どういうのが企画にならないのか、
どういう流れで番組は出来上がっていくのか、
テレビ制作ではどういうことに気をつけなければならないのか、
ネット動画とテレビの違いってなんなのか、
制作に大事なことはなんなのか──

そういう、制作の基本の基本を勉強できるのは、
必ずしもバラエティ番組だけではありません。

自分で見聞きして、体感して、
仕事をしながら制作の基礎から身に着けていく。それは、2年3年かかるけれども、

それから、方向転換するのは全然遅くないんです。
むしろ、基本的なことが分かっているスタッフということで、どこに行っても歓迎される。

p1080851_tp_v1

2年3年やっていくうちに、
自分が本当にやりたいことが見つかることだって、あるんです。

それがバラエティ番組とは限らない。
また、自分が得意なことというのもわかってくる。

見て好きなこと、やってみて好きだと思えたこと、やってみて楽しいと感じること、サクサク作業ができること。

これらは、同じようで、微妙に違う。

まずはやってみて、
違うと思えば、方向転換すればいい。

20代は、あなたが本当にやりたいこと
できることを見つける期間。そう思っていいんです。

関連記事:テレビのディレクターになりたい人へ

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般