サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビマンには本当に怖い人が多いのか

テレビマン

テレビ局で働いているテレビマンたちに対して皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?

 

  • ブラックな職場で大変そう
  • 怖い人が多そう
  • 辛い仕事

というようなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

弊社から出向という形で多くのテレビ局、番組制作の現場たくさんのスタッフさん達が働いています。

 

またアシスタントディレクターやディレクタープロデューサーだけでなく

学生アルバイトという形で多くの大学生の方もテレビ局の番組制作の現場で働いています。

 

では実際に働いている人達は現場のテレビマン対してどのようなイメージを持っているのでしょうか。

 

実際の現場でのテレビマンのイメージ

 

今回は弊社で学生アルバイトとして働いてくださっている方達に

実際のテレビ制作の現場でテレビマンに対してどのようなイメージを持っているかということを聞いてみました。

 

現場のテレビマンに対しては

  • テレビの人たちは全員が真剣に仕事に向き合っているのが分かるのでかっこいい
  • テレビの人たちは良い人たちばかり
  • テレビの人たちは意外とシャイな人が多い
  • テレビにはプロ意識が高い人が多い
  • テレビの人は思っていたよりフレンドリー

というような意見を聞くことができました。

 

想像していたよりも良いイメージを持っている方が多いように感じます。

 

私も実際にテレビの現場で働いているテレビマンはフレンドリーな人が多いなと感じます。

 

例えばプロデューサーなんかはテレビマンの中でもかなり怖い人というイメージがある人が多いと思いますが

実はプロデューサーは出演者をはじめ番組に関わる多くのスタッフたちに気持ちよく仕事をしてもらうために

現場をより和やかな雰囲気にするために努力をしている人が多いです。

 

これもテレビ業界に関わりがない人からするととても驚くことだと思います。

 

ただ意見の中には、

  • 我が強い人中には子供だなぁと思う大人もいた
  • テレビはいろんな人がいる。テキパキ仕事をする人がいれば、抜けた人もいる
  • 毎日同じ人の顔を見かけるので休みがないようで大変そう

というような意見もありました。

 

これはどこの職場に行っても言えることだと思いますがやはり仕事の現場というのは色々な人がいます。

 

テレビマンだからみんながみんなテキパキ仕事ができるというわけではないでしょうし中には尊敬することができない大人もいると思います。

 

とはいえ多くの皆さんが思うようなテレビマンは怖いというようなイメージは、実際の現場の皆さんにはないようです。

 

基本的にテレビ制作というのはものづくりですからそれが楽しいと思ってこの業界に入ってきた人が多いです。

なので根本的にはテレビマンはみんな自分の仕事を楽しんでやっている人が多いと思います。

関連記事:テレビ業界の仕事はどんな人が向いてる?意外とアナログな業界事情

 

テレビマンが怖くなる瞬間

 

テレビマンが怖いというイメージを現場の人たちはあまり持っていないようですが実際には現場でテレビマンが怖いと思うこともあると思います。

 

というのも、テレビというのはとても締め切りが厳しい仕事なんですね。

 

多くの人が時間に追われながら仕事をしています。

この時間に間に合わないとオンエアに間に合わないという絶対のラインがありますので、それに向けてみんな必死で制作を行っているのです。

 

そういった時に一人のミスがチーム全体のミスに繋がってしまうこともあります。

そのミスのせいで思ったような作品ができないこともあるでしょう。

 

そういったときはやはり現場の空気が悪くなることもあります。

 

テレビ番組は多くの人が見ているものですからそこでミスが起こることによって多くの人に迷惑をかけることになってしまうのです。

 

学生バイトの場合でも放送内容に関わるような責任のある仕事を任されることがあります。

 

番組に関わる一人ひとりが責任をもって仕事をしないとそれが最悪の場合放送事故というものに繋がってしまうこともあるのです。

 

そういったミスが起きてしまった時は怒号が飛ぶこともありますし、

厳しく怒られてしまうこともあるでしょう。

 

それだけテレビを制作するということは大きな責任が伴うものなのです。

 

テレビという媒体はとても大きな影響力がありますから、そこでミスが発生してしまうと取り返しのつかない事になってしまうこともあります。

 

だからこそ厳しく怒られることもあるのです。

関連記事:テレビ業界の仕事はブラックなのか

テレビ局で働きたいなら

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局の番組制作の現場で働きたいと言う

  • 学生アルバイト
  • アシスタントディレクター

の方を募集しています。

 

テレビ制作の現場で働くことによってテレビ番組がどのように作られているのか、

どういった人たちがどんな思いでテレビ番組を作っているのかということが分かると思います。

 

誰もができるような経験ではありませんので自分にとってもとても良い経験になるでしょう。

 

テレビ番組の制作の現場で働いてみたいという方は是非下記フォームよりお問い合わせください。

こちらから改めてご連絡を差し上げます。

関連記事:テレビ局アルバイト募集について

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般