サイト運営会社
テレビ業界の裏話

「映像」は「学校」で学べるのか?

こんにちは、arrowです。

映画、テレビ、CM、アニメ、、、
将来「映像」に関する仕事に就きたいと思った時、あなたならどうしますか?

一昔前だと、

「映画監督」を目指すなら、

東宝、松竹、日活など大手映画会社の入社試験を受けて、

その会社専属の助監督として修行を積むのが主流でした。

つまり映画人といえどもサラリーマンみたいなものだったわけです。

試験に受かるのは高学歴の人ばかりで、とても狭き門だったと聞いています。

これがいわゆる撮影所システムです。

でも、撮影所システムが崩壊してしまった現代、
こうすれば映画(映像)人になれる!という絶対的な道は存在しません。

サラリーマンではなくフリーの助監督として「現場」を渡り歩く人もいれば、

アルバイトをしながら自主映画を撮って監督デビューを目指す人もいます。

でも、どちらにせよまずはそういう学部学科が置いてある大学や、
専門学校に行くのが主流になってきているように思います。

商売ですから、
大学は映像系の学部学科を次々に新設し、
専門学校も乱立しています。

でも、果たして「映像」って「学校」で学べるものなのでしょうか?

今日はそう言ったことについて少し書きたいと思います。

 

「大学」と「専門学校」の違い

そもそも「映像」の大学と専門学校ってどう違うのでしょうか?

受験勉強のあるなし
(専門学校も入試、あるにはありますが、大学のそれより随分簡単です。面接や作文だけだったり。全くやらないところもあります。)

年齢層の幅広さ
(大学はやはり、高校卒業して間もない〝現役合格者〟が多いですが、専門だとそんなことはありません。大学を卒業してから映像を学びたくなって(もしくはやることがなくて)来る人、脱サラして来る人なんかも結構居ます。夜間コースがあるところでは、当然、働きながら通って来る人も)、

学費の高い安い
(大学も専門学校も、映像系は他と比べると高いです。機材費や実習費などが含まれるので)、

4年制かそうでないか(専門学校で学ぶ時間は半年、1年、2年と多岐に渡ります。新百合ケ丘にある『日本映画学校』はめずらしく3年制でしたが、それならいっそ、と数年前に4年制の『日本映画大学』へと生まれ変わりました)

細かい違いは挙げ始めればキリがないですが、
一番大きいのは「映像以外のことも学ぶか学ばないか」だと思います。

関連記事:テレビ業界への就職の仕方、転職しやすい時期

 

「大学」の場合

 

大学は、例え映像系の学部学科を選んだとしても、
『英語』や『第二外国語』など、
いわゆる〝一般教養科目〟があるところが多かったりします。

私の通っていた大学では、映像系の学科であるにも関わらず『英語』だけで授業が3つ(ライティング、プレゼン、ディスカッション)もあって、
制作課題や撮影実習との両立がとても大変でした。

また、〝必修〟でなくとも、自分が望めば「映像」と関係ない様々な授業を
〝選択〟できるのも大学の特徴だと思います。
『哲学』『数学』『語学』『身体学』、、、

だから大学では、例え映像系であったとしても、
みんながみんな映像に打ち込んでいたり、
映像業界を目指しているわけではありません。

ヒップホップダンスに夢中になっている人も居れば、部活に入って野球ばかりしている人もいます。なぜか太極拳に打ち込んでいる人もいました。

就職では、銀行に勤めたり、
私の所属していたゼミだとなぜか不動産関係に行く人が多かったです。

大学のこのような特徴を良しとするか否かは、人によって違うと思います。
私は、良いことだと思います。

大学とは自分のなかの可能性を模索する場所でもあるので、
映像系の学部学科に行ったからといって必ずそれを極めなければいけない理由はどこにもありません。

それに、先に「映像と関係ない授業」と述べてしまいましたが、
実は「映像」と「関係ない」ことはこの世にひとつもないんです。

『英語』は今やどんな職業でも必須ですし、
『第二外国語(私はフランス語でした。ゴダールの国、フランス!)』で学んだ国の映画を観るのは素敵だし、

あなたが映画監督を目指すのであれば、いつか、
「太極拳の物語を書いてくれ」
という脚本依頼が来るかもしれませんしね。

関連記事:テレビスタジオのセットはどのようにして出来上がるのか

 

「専門学校」の場合

良くも悪くも
「映像」とは「全く関係ないこと」も学べる映像系大学に対して、

専門学校は文字通り「映像」を「専門」に学ぶところなので、
当たり前ですが映像と関係ないことはほとんど、というか全くやりません。

来る日も来る日も「映像」漬けの日々で、
「太極拳の物語を書きたい」と思ったらその合間を縫って図書館に行き、
自分で太極拳について勉強するしかありません。

それはそれでものすごく幸せで、

それはそれでものすごく大変なことです。

私の知っている「映画」専門学校の話をしますと、
授業は主に〝撮影実習〟を中心に組まれます。

座学なども勿論ありますが、割合的には少なく、
要は〝撮ってナンボ〟という教育?方針なのです。

この考え方には一理あって、どんなに教科書で映画について学んだとしても、実際に撮影を体験してみないことには分からないことが山ほどあるからです。

例えば基礎中の基礎である『イマジナリライン』について。

以下の引用は流し読みで大丈夫ですよ。

『想定線(イマジナリライン)』:
映像は鑑賞する者を時間的に拘束する(かつては、見直しのきかなかった)媒体である。イマジナリーラインとは、そんな映像を一度見ただけで理解できるようにするために発明された、原則の1つである。
原則的には、イマジナリーラインをまたいだカメラの移動は行わない。図1で例えると、人物甲と人物乙を結ぶ線(延長部分を含む)がイマジナリーラインである。Aのカメラ位置で撮影したカットを入れると、次にBのカメラ位置で乙を撮影することはあっても、Cでは撮影しない。右図の(A→B)は自然な感じがするのに対し、(A→C)では2人が向き合っている感じがしない。進行方向のイマジナリーラインを越えると、機関車の走行方向が逆になって見えるなどといった現象が起きてしまう。
通常、イマジナリーラインを越えた撮影は避けるので、機材やスタッフは最初にカットを入れた際のカメラ側に置くと映り込みがなく好ましい。
イマジナリーラインを越えて撮影する場合、背景や機材等も移動させる必要があり、大掛かりな作業になる事が多い。ちなみにこれをどんでんが返る、どんでん返しするという。(ウィキペディアより)

%c2%89ae%c2%91%c2%9c%c2%87

わけがわからなくないですか? こんな文章読んだって。

要は映画の登場人物同士が会話している時、

ふたりの「目線」がおかしくならないよう気をつけろということなのですが、

この難しさを知るには一度現場で失敗して、

『イマジナリライン』の原則に従わないと

何が「おかしい」のか(或いは「おかしくないか」)を、身を以て体験するしかないのだと思います。

この様に、専門学校は大学と比べて、
「撮影至上主義」な部分が少なからずあります。

そのため大学と比べてコースが細分化されているところが多く、

  • 監督を目指す「監督(演出)コース」
  • 脚本家を目指す「脚本(シナリオ)コース」
    撮影・照明部を目指す「撮影コース」
  • 録音部を目指す「録音コース」
  • 編集部を目指す「編集コース」

また、ドキュメンタリーや報道関係を目指す人のためのコースなどが別に設けられているところもあります。

半年〜1年制の短いところは別ですが、

それ以上になると、

大体1年目は何志望かに関わらず色んな部署を持ち回りでやって、

2年目から専門コースに移行するという学校が多いみたいです。

これをらを良しとするか否かもまた、人によって違うのでしょう。

関連記事:テレビ制作の仕事に関する面白い専門用語

 

「宝石」を得るための場所

 

それで、結局「映像」は「学校」で学べるものなのでしょうか?

大学であろうと専門であろうと所詮は「学校」に過ぎず、

プロの「現場」とはどうしたって違うのだから、
どちらに行こうと大差ない、

どうせまたゼロから覚え直しだ、と言うプロは結構居ます。

その考えに基づくなら、

「学校」に「映像」を習いに行くのなんて時間の無駄で、
さっさと「現場」に飛び込んだ方が手っ取り早いのかもしれません。

これは何も「映像」に限っての話ではなく、
本気でそれをやりたいと思うのであれば、それが行なわれている最前線に、

とにもかくにも飛び込んでみることが一番だと思います。

最初は怒られたり、失敗ばかりするでしょうが、
そんなの当たり前です。

何も知らないんですから。

そうこうしている内に、知識や技術は後から付いてくるものです。

〝撮影所システム〟最盛期とは違い、
「現場」に学歴など必要ないので、さあ、

いますぐ学校紹介パンフレットを破り捨てて、もしくは退学届を出して、
「現場」へと飛び込みましょう!

なんて言う気は、全くありません。

上記のような考え方に基づいて、身一つで「現場」に飛び込み、
立派な映画(映像)人になっている人はたくさんいます。

そういう人たちからしたら、「学校」は確かに生ぬるい、
無駄な時間を過ごすための場所かもしれません。

でも、先にも述べたように、
実は「映像に無駄なことはひとつもない」のです。

「映像」の大きな特徴のひとつに、

「ひとりではなかなかつくれない」というものがあります。

撮影機材などが発達して人手があまりかからなくなったとはいえ、

それでも『演出』『撮影』『照明』『録音』『編集』をひとりでやるのは大変です。

何より寂しくて、面白くありません。

そういうことを一緒にやり続けてくれる仲間は、

案外「無駄な時間」のなかにしかいなかったりするものです。

そういう意味では、大学も、専門学校も、そんなに悪い場所じゃないですよ。

「無駄な時間」のなかで見つけた宝石のような出会いを握りしめて、
私はいまも「映像」を続けています。

いつかそれすららも「無駄」になってしまわないように、
石ころになってしまわないように、必死で。

あなたはどこで「映像」を学びますか?

%c2%89ae%c2%91%c2%9c%c2%87a

(arrow)

関連記事:テレビ番組ロケの現場はどんな雰囲気?同行の際、注意する事とは?

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般