サイト運営会社
テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの仕事:北海道冬の中継事情

北海道の冬は本当に寒いです。
札幌市では、9月の下旬から最高気温は20℃を下回るようになり、11月の中旬からは10℃に届かなくなります。

1.・2月にはとうとう0℃を下回る日も出てきます。
雪も積もります。
おおよそ10月下旬から11月にかけて初雪が降り、
12月には根雪(雪溶けの季節まで雪が地面を覆ってしまうこと)
になってしまいます。

そのような季節の外での中継は、
寒さ・雪と闘いながらの「中継」になります。

冬になると、私が担当している
定点中継(毎日決まった場所で天気予報・ゲームコーナーの中継をする)
での最初の仕事は、「雪かき」になります。

現場には屋根もなければロードヒーティングもありません。
降った雪はそのまま積もってしまいます。

数センチの雪ならば気にせずそのまま中継ができますが
雪が深く積もってしまうと、機材を置くスペースもなければ
台車の車輪も動かなくなってしまいます。

雪の量にもよりますが、
平均して10分~20分ほど雪かきをしなければなりません。

数人で交代してやっていきますが、これがとてもハードな運動になり、
真冬でも上着を脱いで、かなり汗をかきながらの作業になります。

汗をかくと、今度はかえって寒くなっていきます。
雪かきをして身体が温まっても、終わればたった数分で、また体が震えだします。
今度は重ね着をして、現場にあるヒーターで温まり、仕事をします。

ただ、
これくらいならまだ良いほうです。

吹雪の日、これは本当に最悪です。
真冬の冷たい風と、雪がふってきます。

もうこうなると、ヒーターの前にいようが、何枚服を重ねて着ようが
どうにもなりません。

ただひたすら寒さに耐えながら、仕事をしなければいけなくなります。

重ね着も2枚や3枚の世界ではありません。
まずはヒートテックなどの肌着、長そでのTシャツを着た上から
半袖のTシャツ。
その後パーカーやニット、厚手のシャツ
などを着ます。

これでインナーが出来上がりです。

さらにその上から
薄手のダウンコート、フリースを着て、最後に防水の登山などに使うコートを着て、すべて出来上がりです。

すべて含めて7枚着ていることになります。
私が今いる現場ではもっと着込んでいる方もいます。

基本的には
「薄いものを何枚も着る」
という方がほとんどです。

中継で外に出る場合、先ほどの雪かきのように、激しく動く場面や
黙って待機する時間があったりします。

たくさん着ていれば、暑くなれば脱ぐことができるし、
寒ければまた着る、という温度管理が自分でできています。
これは体調管理の側面から見ても、非常に大切です。

5月上旬までは寒さが残ってしまう北海道。
これから冬がやってきます。

長い長い闘いの始まりです。

(札幌 情報アシスタントディレクター)

関連記事:ディレクターの仕事の、他の仕事とは違うところ

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般