サイト運営会社
CM・広告の仕組み

YouTube広告の費用対効果が高いと言われる5つの理由

YouTubeでの動画広告は非常に費用対効果が高い広告であると言われることがしばしばあります。

 

インターネット広告全般に言えることですが、今までの広告ツールに比べると広告出稿のためにかける料金のかけ方に違いがあるというのが大きいでしょう。

 

YouTube広告を出したい、広告を出稿したいと言う胃に日に増えてきていますが

実際YouTube広告がどういうものであり、出稿する際はどのような手順を踏めばいいのかということはなかなかまだ認知されていないようです。

 

今回はYouTube広告が費用対効果が高いと言われる理由とともにYouTube広告の仕組みについて解説していきたいと思います。

 

クリックではなく視聴が課金の指標

 

基本的にインターネット上の広告というのはユーザーが何かしらのアクションを起こした時に広告料金が発生するようになっています。

 

その中でもYouTube広告の場合は「視聴単価」が基本になっており、一般的なインターネット広告の中でも費用対効果が高い広告料金のかけ方なんですね。

 

インターネット広告はユーザーがクリックをすることによって広告料金が発生するクリック単価が指標となっている広告がほとんどです。

 

YouTubeの中でも動画をクリックすることによって料金が発生する広告もありますが

基本的には「動画を視聴したかどうか」という基準で料金が発生する視聴単価が主流となっています。

 

クリック一つするのと、動画を見たかどうかを比べれば情報量に歴然とした違いがありますよね。

関連記事:YouTubeの動画広告の種類について解説。

 

より関心のあるユーザーにお金をかけられる

 

また視聴単価というのも、いくつか種類がありますが、多くの方が普段YouTubeで目にしている「この広告は5秒後にスキップすることができます」と表示される広告の場合は

ユーザーが広告をスキップすれば料金は発生しない仕組みになっています。

 

つまり5秒間は広告を見てもらうことができるのに、スキップされても料金は発生しないということなのです。

5秒以上広告を見たいと思ってくれるユーザーにのみお金をかけることができますので非常に費用対効果の高い広告を出すことができると言えるでしょう。

 

料金が発生していないのに5秒は必ず広告動画を視聴してもらうことができるというのもメリットだと思います。

関連記事:youtubeのCM広告の料金とその仕組み

 

細かくにターゲティングできる

 

YouTubeの動画広告では詳細にターゲットの設定をすることができるようになっています。

 

今までの広告媒体だったら「そのコンテンツにどのようなユーザー層がついているか」ということを逆算して考え、

訴求したいターゲット層と合致するコンテンツに報告を挿入するような形でした。

 

普段のユーザーの視聴履歴を参照しながらそのユーザーがどのようなジャンルやコンテンツに興味があるのかということがグーグル側で把握されています。

 

そのためYouTubeで広告を出す時はジャンルを設定するだけでそのジャンルに興味関心があるユーザーに広告を訴求することができるんですね。

 

とにかくしっかり訴求したいターゲット層をイメージすることができれば、後は広告を出稿する時にマーケティングの設定をするだけで良いので

従来の広告よりもリスクが低く、費用対効果が高い広告を出すことができると言えるでしょう。

関連記事:YouTubeの広告はどこまでターゲティングできる?

 

リマーケティングできる

 

YouTubeの動画広告はリマーケティングをすることができるようになっています。

 

自社の出稿した広告から、商品を買ったユーザーや何かしらの成果があったユーザーに対してもう一度広告を出すということができるんですね。

 

そうすることによってリピーターも増やしていくことができます。

 

これも一般的な広告であれば、すでに成果があったユーザーにのみ広告を出すというのは非常に難しいことです。

 

それが簡単にできるのがYouTubeの広告なんですね。

ちなみにリマーケティングというのは、成果が上がっていないユーザーに対して広告を出すということもできるようになっています。

これにより新規顧客獲得の促進もすることができます。

 

目的に合わせて広告の出し方を調節していくことが大切です。

関連記事:【広告代理店が考える】新規顧客を固定客にするためにできる手法とは

 

ライバルが少ない

 

YouTubeの動画広告というのはまだまだ始まったばかりの広告です。

 

設定を広告主側がフレキシブルに調節することができる分

逆に知識がないと広告を始めることが難しく、参入障壁が高い広告媒体になってしまっています。

 

だからこそ現状ではライバルが少ないので今のうちにYouTube広告を出稿しておくことでより費用対効果の高い広告を出していくことができるでしょう。

関連記事:YouTubeで広告を出す6つのメリット

 

広告からの誘導も大事

 

広告を出すことだけでなくその報告を出すことによって何を得たいのかということをしっかりと考えて広告を出すことが大切です。

 

目的が曖昧になってしまうと広告を出稿するための設定をする部分がぼやけてしまい、なかなか効果が得られない広告になってしまいます。

 

せっかく色々の設定を自分でできるのがYouTubeの広告の良さですから、広告の目的をしっかりと明確にした上で広告を出稿するようにした方が良いでしょう。

 

弊社ライズアドバートではグループ会社でテレビ番組制作やCM制作も行っておりますので動画の制作も承っております。

制作も行っておりますので動画の制作も承っております。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:youtubeの再生回数を上げる方法

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談