CM・広告の仕組み

60秒のCMをやるメリットとデメリット、注意点を解説

テレビCMを放送する時に何か印象に残る方法はないか、ということで一般的なCMよりも長い尺で放送をする方法に挑戦してみる企業様がいらっしゃいます。

テレビCMの放送秒というのは15秒か30秒が一般的で、本数としては15秒の半分くらいの本数が30秒CMなので、時間としては15秒と30秒がちょうど半分くらい放送されていることになります。

 

今回は60秒のCMを放送するメリットとデメリット、さらにこの手法を取るときの注意点を解説していきたいと思います。

 

メリット

印象に残りやすい

 

15秒や30秒のCMが流れているのが一般的である中、60秒のCMが放送されるとやはり印象には残りやすくなります。

皆さんもテレビCMを見ていて「このCM長いな〜」と思ったことがあるのではないでしょうか。

 

印象に残るCMを作るというのは内容を奇抜なものにしたり、企画力が必要なので難しいですが、物理的にCMの長さを60秒にするということで簡単に印象に残りやすいCMにすることができます。

たくさんあるCMの中で、視聴者の印象に残るようなCMを放送したいと誰もが思うでしょう。

60秒のCMは少し特殊なやり方ではありますが挑戦してみる価値があると思います。

情報をたくさん入れられる

 

60秒ほど長いCMを制作することができればその中に情報を沢山入れ込むことができます。

 

長いCMをやるのにおすすめなのが新しい商品やサービスです。

 

外観からは使い方を想像することができない商品や、これまでにない画期的なサービスなどはどのように使うのかということを視聴者に具体的にイメージしてもらわないと消費行動に移ってもらうことができません。

しっかりと説明をしたい商品やサービスの場合は60秒CMだと情報をたくさん入れることができるのでおすすめです。

ストーリー性の高いCMにできる

 

60秒というのはCMとしてみるとかなり長い尺になります。

この尺を使ってストーリー性の高いCMを作ることができます。

ドキュメンタリー風にしてみたりテレビショッピング風にしてみることによってCMではなく番組のような演出をすることもできるのです。

それくらい60秒というのは尺が長いんですよね。

 

15秒や30秒のCMではできないような演出の仕方ができるのが60秒CMの良いところです。

内容に関しては具体的ではなくてもイメージがある場合が多いと思いますので広告代理店や制作会社と相談をしながら詰めていくと良いと思います。

関連記事:ドキュメンタリーCMをやるメリット

 

デメリット

高い

 

どうしても放送する尺の長さが長くなってしまうとそれだけ出稿するのにも費用が高くついてしまいます。

 

例えばスポットCMの場合は15秒のCMが料金を考えるときの基本ベースになります。

60秒になる場合は長さが4倍になりますが金額は単純に4倍をすればいいというわけではありません。

15秒CMから15秒伸びるごとに1.1倍のバイアスがかかることが多く、15秒から60秒にする場合はこの場合明日の関係で1.1の3乗ということになりますから、15秒のCMの値段に5.324をかけるような形になります。(テレビ局によって掛け率が変わる場合があります)

 

一本あたりのCMの値段がかなり高くなってしまうので、どうしても本数で見た時、かけた金額に対して本数が少なく見えてしまうのがデメリットだと言えるでしょう。

枠を取るのが難しい

 

基本的にCMの枠というのは15秒か30秒なので60秒の枠を獲得するというのは難しいんですよね。

これはテレビ局との交渉次第になりますが、放送を予定している時期から逆算してなるべく早めに出稿の依頼をするようにするしかありません。

 

15秒のスポットCMであれば、映像素材さえ持っていれば2週間前に依頼しても放送することができたりもしますが、

60秒のCMを放送する場合はできれば2〜3ヶ月以上前からテレビ局に相談をした方が良いと思います。

関連記事:CMを放送するまでのスケジュール[CM素材を持っている場合]

 

60秒CMの注意点

 

60秒のCMをする時の一番の注意点は視聴者にウザがられるCMをしないように心がけるということです。

CMは長ければ長いほど良いというわけではありません。

 

普段テレビを見ている側として考えればわかると思いますが、興味をそそられないCMが長く流れているとどうしても視聴者は退屈に感じてしまうものです。

 

60秒のCMをするのであれば印象の良いCMに仕上げることを心がけた方が良いでしょう。

また、60秒と長尺のCMの場合はいたずらに本数を打つよりも、本数は少なめで期間的に長くテレビCMを放送するという方が効果的だと思います。

あまりにも短期間で何度も60秒のCMに遭遇すると視聴者からあまり良い印象を持たれないことが多いです。

 

今回はスポットCMの想定でお話をしてきましたが、60秒のCMの場合は特定の番組のスポンサーとなるタイムCMにしてみても良いでしょう。

タイムCMの場合は特定の番組の中で毎週テレビCMが放送されるのでターゲット層が明確である場合はターゲティングがしやすいやり方になります。

関連記事:タイムCMはどんな時におすすめ?ケースごとに広告代理店が紹介します!

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談